in

📢| Lattice Sentryソリューション・スタック2.0がサイバーレジリエンシー強化のために新たな機能拡張

※この記事は日本語専用記事となります。

  • 次世代サーバー・プラットフォームのための最先端の暗号
  • より高速な起動時間で安全なシステム運用を支援
  • メインボード・コンポーネントのリアルタイム監視で、不正なファームウエア・アクセスに対処

米オレゴン州ヒルズボロ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 低消費電力プログラマブルデバイスのリーダー企業のラティスセミコンダクターコーポレーション(NASDAQ:LSCC)は本日、セキュアでサイバーレジリエントなシステム制御ソリューションの実現という継続的な使命の次なるステップとして、当社のセキュアなシステム制御向けソリューション・スタックの最新版Lattice Sentry™ 2.0を発表しました。このソリューション・スタックにより、NISTプラットフォーム・ファームウエア・レジリエンシー(PFR)ガイドライン(NIST SP-800-193)に準拠して84ビット暗号化に対応した次世代ハードウエア・ルートオブトラスト(HRoT)ソリューションを実現できます。このLattice Sentryの新版は、現在および新興のサーバー・プラットフォームで急速に進化するセキュリティー要件に対応するために、強化されたシステムと暗号アプリケーションを迅速に実装できる効率的で安全な方法を開発者に提供します。このスタックは、通信、コンピューティング、産業、自動車、スマート消費者市場のファームウエアのセキュリティーをサポートしています。


クラウド・セキュリティー業界サミット(CSIS)は、最高レベルのセキュリティー・ソリューションのために業界の連携を目指して活動するクラウド・サービス・プロバイダーから成るグループです。CSISは、オープン・コンピュート・プロジェクト(OCP)と共同執筆したホワイトペーパーで、「ファームウエアはコンピューター・システム、アプライアンス、関連インフラにとって重要な脅威ベクトルです。デバイスの電源投入時に最初に実行されるコードが侵害されると、システム全体の安全性を信頼できなくなるばかりか、信頼すべきでもありません。ファームウエアは悪意のある攻撃のほか、意図せずに侵害される可能性があります」1と述べています。

ラティスセミコンダクターのセキュリティー事業担当バイスプレジデントのエリック・シルバーストンは、次のように語っています。「多くの組織は、進化するサイバーセキュリティーの脅威を常に把握するために苦労しています。ラティスはそうした組織が状況を把握できるよう、当社のSentryスタックのセキュリティー、性能、使いやすさの継続的な改善に努力しています。ラティスは長い間、サーバー制御ソリューションのリーダーであるほか、当社の制御PLDは現在使用されている多くのサーバーで、最初にオン、最後にオフとなるコンポーネントです。Sentryスタックなら、HRoTの確立に最適なプラットフォームを構築して、システム内のすべてのファームウエア・インスタンスの正当性を検証できるため、開発者はラティスの安全な制御PLDを基盤とするシステム制御アプリケーションで、強力なファームウエア・セキュリティーを容易に追加できます。」

Sentry 2.0の主要機能は、以下の通りです。

  • セキュリティー強化:Sentryソリューション・スタックは、ラティスのセキュア制御FPGAのMach™-NXとセキュアエンクレーブIPブロックに対応し、384ビット暗号(ECC-256/384およびHMAC-SHA-384)を可能にすることで、Sentryで保護したファームウエアを不正アクセスから一層強固に保護できます。384ビット暗号への対応は、多くの次世代サーバー・プラットフォームの要件です。
  • 4倍高速な起動前認証:Sentry 2.0はより高速なECDSA(40ms)、SHA(最大70Mbps)、QSPI性能(64MHz)に対応しています。これらの機能により、Sentry 2.0はより高速な起動時間を実現し、システムのダウンタイムを最小限に抑え、起動プロセス中にファームウエアが攻撃の試みに遭う可能性を減らすことができます。
  • 最大5つのファームウエア・イメージをリアルタイムで監視:Lattice Sentryが可能にするPFR準拠のHRoTをさらに拡張するために、このスタックは起動時と運用中に、最大5つのメインボード・コンポーネントをリアルタイムで監視できます。例えば、競合するMCUベースのソリューションは、それだけ多くのコンポーネントを適切にリアルタイムで監視できる処理性能が不足しています。

上記のラティス製品の詳細については、下記サイトをご覧ください。

ラティスセミコンダクターについて

ラティスセミコンダクター(NASDAQ:LSCC)は低消費電力のプログラマブルデバイスのリーダー企業です。当社は、拡大する通信、コンピューティング、産業、自動車、消費者市場において、エッジからクラウドを含むネットワーク全体で、お客さまの問題を解決しています。当社の技術、長期にわたる協力関係、世界レベルのサポートに対する取り組みにより、お客さまは素早く容易に自社の革新の力を解き放ち、スマートかつセキュアで接続された世界を生み出すことができます。

ラティスの詳細については、www.latticesemi.comをご覧ください。当社をリンクトインツイッターフェイスブックユーチューブWeChat(微信)Weibo(微博)Youku(優酷網)でフォローしてください。

Lattice Semiconductor Corporation、Lattice Semiconductor (及びデザイン)、各製品名は、米国及びその他の国におけるLattice Semiconductor Corporationまたはその関連会社の登録商標または商標です。「パートナー」という言葉の使用は、ラティスと他法人との法的な提携関係を暗示するものではありません。

一般的注意事項:本リリース内で使用されているその他の製品名は提示のみを目的としており、各社の商標となっているものがあります。

1 https://www.opencompute.org/documents/csis-firmware-security-best-practices-position-paper-version-1-0-pdf

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

MEDIA CONTACT:
Bob Nelson

Lattice Semiconductor

408-826-6339

Bob.Nelson@latticesemi.com

INVESTOR CONTACT:
Rick Muscha

Lattice Semiconductor

408-826-6000

Rick.Muscha@latticesemi.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。