in

📢| ファラロン・キャピタル・マネージメント:グラス・ルイスレポートに関する当社見解について ~ファラロンの株主提案に賛成推奨~

※この記事は日本語専用記事となります。

  • グラス・ルイスは、東芝が信頼を取り戻すまで、株価の低迷は改善されないと言及
  • グラス・ルイスは、資本政策に関する東芝の方針転換及び主張の不誠実さを指摘
  • ファラロンは、株主の皆様に、臨時株主総会でのファラロンの株主提案への賛成を要請

サンフランシスコ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 2021年3月4日(現地時間)- ファラロン・キャピタル・マネージメント・エル・エル・シー(以下「ファラロン」といいます。)は、本日、議決権行使助言会社であるGlass, Lewis & Co., LLC(以下「グラス・ルイス」といいます。)から、東芝(6502:東証第1部、以下「東芝」又は「会社」といいます。)による2021年3月18日開催予定の臨時株主総会に関するレポートが発表されたことを受け、本日、以下のコメントを発表しました。

ファラロンは、「グラス・ルイスのレポートは、東芝が2020年11月に資本政策を変更したことを受け、東芝は株主に対して説明責任を果たすよう求めるべきとの当社の見解を、明確に支持しています」としています。

さらに、「 グラス・ルイスは、株主からの信頼を失ったままでは、東芝の株価は低迷を続けることになります。 Institutional Shareholder Services Inc.(以下「ISS」といいます。)と同様に、こうした株主からの信頼の欠如を指摘し、東芝の株価低迷を強調しています。」

「ファラロンは、東芝がその信頼を確保し、最終的に株主価値の向上を実現するためには、株主からの監視の強化が必要であると確信しています。 株主の皆様には、当社が同臨時株主総会に上程する第2号議案への支持をお願いいたします。」

グラス・ルイスは、レポートで、「ファラロンの今回の提案は、非常にバランスの取れた主張である」とし、「包括的で、分析の観点から説得力がある」と認めています。

グラス・ルイスのレポートにおける推奨内容

  • 「東芝Nextプランの内容の核心部分に関する東芝による説明の転換は、一貫性と誠実さの深刻な欠如の現れである。東芝のこれまでの度重なる失敗と、回復の不十分さに鑑みるに、一層の透明性の確保と投資家との対話が求められている。」
  • 「東芝の経営陣と取締役会が、2020年後半、説明や開示内容を変更したことが論争の火種となり、市場からの激しい批判を招いた結果、ファラロンから現在の提案がなされるに至った。」
  • 「ファラロンは、-過去の取締役会の失敗から完全に独立した形で選任された-東芝における新たな監督者がほとんど機能せず、その結果、株価と企業価値の低迷に陥っていること、また、それらは会社の戦略上・財務方針が曖昧なままでは改善が期待できないことについて、公正かつ論理的に指摘している。」
  • 「資本政策の柔軟性に対する制約について、取締役会による説明は誤解を招くもので、ファラロンによる提案の文言の合理的な解釈から逸脱している。」
  • 「ファラロンの提案は、現状を踏まえ、適切かつ柔軟なものであり、信任の低い取締役会及び経営陣にとっても不当な負担とはいえない。」
  • 「株主総会での決議に関して、東芝が独自に展開する議論は、ファラロンの要求に対して数値に基づく反論をほぼ完全に放棄したもので、ファラロンの要求の一部を切り取り-そしておそらくこれをあえて不正確に説明し-、東芝Nextプランの目的をより曖昧に要約している。」
  • [2020年の定時総会における選任において]「CEOを含め多くの取締役が反対票を受けたにもかかわらず、投資家からの信頼を十分に得ているとの見解は、極めてミスリーディングなものである。」

ISSのレポートにおける推奨内容は以下のとおりです。

  • 「[東芝の]株主からの信頼の低下に対応する緊急の必要性」がある。
  • 「近年、東芝が直面し長期にわたる株価の低迷やその他の環境に鑑みるに、ファラロンの疑念には合理的な根拠がある。」

関連する情報は、こちらのURLで入手可能です:https://farallonmaterials.com/.

ファラロンについて

ファラロン・キャピタル・マネージメント・エル・エル・シーは、1986年に設立された国際的な資産運用会社であり、1990年に投資顧問会社として米国証券取引委員会(SEC)に登録しています。ファラロンは、資産の保全を重視するボトムアップのファンダメンタル分析を通じて世界中の様々なアセットクラスに投資しています。ファラロンに関する情報は、www.faralloncapital.com で入手可能です。

ディスクレイマー

このプレスリリースは、一般的な情報提供のみを目的としており、情報の完全性を保証するものではありません。このプレスリリースは、いかなる状況下においても、サービス若しくは商品の申し込み、勧誘若しくはマーケティング、いかなる種類の広告、勧誘若しくは表明、又は投資助言、若しくは投資商品の売買若しくは何らかの有価証券への投資の推奨を意図したものではなく、またこれらの行為と解釈してはなりません。このプレスリリースは、法律、税務、投資、金融又はその他のアドバイスと解釈してはなりません。加えて、このプレスリリースはファラロン・キャピタル・マネージメント・エル・エル・シー又はその関連者(以下併せて「ファラロン」といいます。)が管理するファンド又は口座に対する投資の購入の勧誘と解釈してはなりません。

このプレスリリースは、東芝の株主に対して、ファラロン又は第三者に対し、当該株主に代わって、臨時株主総会の招集通知に記載された議案に関して議決権を行使する権限を授与することの勧誘と解釈してはなりません。このプレスリリース及び引用されているプレゼンテーションは、東芝の株主がファラロン又は他の東芝の株主に対して、自らの代理人としてその議決権を行使する権限を与えることを勧誘又は推奨することを意図するものではなく、またそのような行為と解釈されてはなりません。ファラロンは、東芝の他の株主に対して株主としての権利(議決権を含みますがこれに限りません。)をファラロンと共同して行使することを勧誘し又は要請するものではありません。ファラロンは、他の東芝の株主と金融商品取引法上の「共同保有者」又は外為法上の「関係者」として扱われ、又はみなされることを意図していないことを表明いたします。

このプレスリリースは、ファラロンによって独占的に提供され、東芝、その関係会社、子会社又はその他の者によるものではなく、これらの者に代わって提供されるものでもありません。ファラロンは、東芝の関係者ではなく、ファラロン又はその代理人・代表者は東芝のために、若しくは東芝に代わって何らかの情報を拡散する権限を与えられているものではなく、ファラロンにはそのような意図はありません。

Contacts

メディア向け連絡先
株式会社シグナル

森永 純子/ 松香 瑞葉 / 指宿 伸一郎

farallon-pr@vectorinc.co.jp
03-6803-8444


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。