in

📢| ムーディーズ・アナリティックスが「バンキング/フィンテック部門の最優秀AI活用賞」賞を受賞

※この記事は日本語専用記事となります。

サンフランシスコ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ムーディーズ・アナリティックスは、2021 Global Achievement Awards for AIでバンキング/フィンテック部門の最優秀AI活用賞(Best Use of AI in Banking or FinTech)賞を受賞しました。この受賞は、AIを搭載した信用の評価・モニタリング強化ツールであるCredit Sentiment Score™ソリューションが評価されたものです。

このソリューションは、人工知能技術を使用して、ニュース記事からネガティブな信用シグナルを自動で特定します。多くの異なる企業の信用力を評価する必要がある融資会社や投資家は、与信判断時や継続的なポートフォリオのリスク・モニタリングの一環として、この情報を活用しています。

信用悪化のシグナルは、通常、重大なクレジット・イベントの6カ月前またはそれ以上前にニュース記事に現れます。このツールは、こうしたシグナルに対する認識を促し、クレジット・ライフサイクル全体を通して、これらを意思決定に織り込むことができるようにします。

ムーディーズ・アナリティックスのマネジングディレクターのNihil Patelは、次のように述べています。「信用関連のニュース記事の追跡は、特に報告サイクル外における企業のモニタリングにおいて極めて重要になっています。当社のソリューションを使用すると、それが従来よりもはるかに迅速かつ広範に、費用対効果の高い方法で行うことが可能になります。今回の受賞は、お客さまがより適切な与信判断を行えるようにするため、新興技術をムーディーズ独自のデータや信用に関する専門知識と組み合わせた当社の取り組みが評価されたものであり、大変光栄に思います。」

今回受賞したツールは、ムーディーズ・アナリティックスの信用スコアリングおよびモニタリング・ソリューション群の一つです。

この賞の詳細については、こちらをご覧ください。今回の受賞により、ムーディーズ・アナリティックスが受賞してきた業界表彰がまた一つ増えました。

Global Achievement Awards for AIについては、こちらをご覧ください。

Contacts

JUSTIN BURSZTEIN

Moody’s Analytics Communications
+1.212.553.1163

Moody’s Analytics Media Relations

moodysanalytics.com
twitter.com/moodysanalytics
linkedin.com/company/moodysanalytics


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。