in

📢| リバティ・ラテン・アメリカが同地域の顧客体験を変革すべくメイトリックス・ソフトウエアを選定

※この記事は日本語専用記事となります。

メイトリックス・デジタル・コマース・プラットフォームが、よりシンプルで個別化されたデジタル体験をリバティ・ラテン・アメリカの顧客に提供

米カリフォルニア州フォスターシティ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 5G収益化の世界的リーダーのメイトリックス・ソフトウエアは本日、リバティ・ラテン・アメリカがカリブ海地域およびラテンアメリカにおける5Gへのデジタルエボリューションの一環としてメイトリックス・デジタル・コマース(MATRIXX Digital Commerce)を選定したと発表しました。これにより、より多くの選択肢、透明性、応答性が居住者顧客および企業顧客にもたらされます。

MATRIXXは、モバイルアプリやカスタマーポータルを経由して直接、お客さまがいつでもアカウント、サービス、支出を完全に可視化できるようにするリアルタイムのデジタルプラットフォームです。メイトリックス製品を使用すると、お客さまはトリプルプレイやクアッドプレイを含め、ブロードバンド、ビデオ、電話、モバイルサービスなどのサービスを購入し使用する際に、よりシンプルで透明性の高い体験ができます。店舗に行ったり、コールセンターに電話したりすることなく、デジタルチャネルを通じて簡単にサービスの購入や変更、キャンセルができます。お客さまはオンデマンドでサービスの追加・変更・交換を行ったり、具体的なニーズにサービスを合わせたりすることができます。

リバティ・ラテン・アメリカの最高情報責任者(CIO)兼暫定最高技術責任者(CTO)であるクリスティン・ウェバーは、次のように述べています。「当社の拡大を支えるために、プエルトリコで5Gサービスを進化させながら、ITインフラを変革して顧客体験とデジタルエンゲージメントを向上させています。一元管理のデジタルコマースプラットフォームとしてメイトリックスを選定したのは、当社がお客さまとリアルタイムでかかわるための応答性と、居住者市場および商業市場で価値ある新製品を開発して拡張するための俊敏性を手にできるからです。」

リバティ・ラテン・アメリカがお客さまを喜ばせるために5Gサービスを充実させ続けている中で、まずはプエルトリコにおける同社のモバイルサービスに集中してメイトリックス製品を導入していきます。リバティ・ラテン・アメリカがメイトリックスを選定した理由は、スピーディーな導入、商業的俊敏性、5Gとオムニチャネルのサポートに重点を置いている点です。リバティ・ラテン・アメリカは、メイトリックスを活用しながら、提供製品の拡大とより回復力のあるインフラによって顧客に付加価値を提供し、より先進的な5Gサービスを提供するための基盤を構築することで、リバティ・プエルトリコのブランドを通じて有力な総合的プロバイダーを生み出そうとしています。

メイトリックス・ソフトウエアのグロー・ゴードン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「リバティ・ラテン・アメリカがお客さまに提供する製品やサービスを強化し、5Gへの進化を進めている中で、同社と提携できることを大変うれしく思います。私たちは、リバティ・ラテン・アメリカが顧客体験を変革し、同社のお客さまの期待を上回ることができるようにするデジタルプラットフォームを提供していきたいと思います。」

リバティ・ラテン・アメリカについて

リバティ・ラテン・アメリカは、VTR、フロー、リバティ、マスモビル、BTC、UTS、ケーブルティカの消費者ブランドの下、ラテンアメリカとカリブ海地域の20カ国以上で展開している大手通信企業です。この地域の居住者顧客とビジネス顧客に提供している通信サービスおよびエンターテインメントサービスには、デジタルビデオ、ブロードバンドインターネット、電話、モバイルのサービスがあります。当社のビジネス向けの製品・サービスには、エンタープライズグレードの接続機能、データセンター、ホスティング/マネージドソリューションのほか、情報技術ソリューションがあり、中小企業から国際的企業や政府機関までを顧客に抱えています。さらにリバティ・ラテン・アメリカは、この地域の市場40カ国以上をつなぐ海底および地上の光ファイバーケーブルネットワークを運営しています。

リバティ・ラテン・アメリカには3つのクラスの普通株があり、NASDAQグローバルセレクトマーケットでは「LILA」(クラスA)と「LILAK」(クラスC)のシンボルで、OTCリンクでは「LILAB」(クラスB)のシンボルで取引されています。

詳細については、www.lla.comをご覧ください。

メイトリックス・ソフトウエアについて

メイトリックス・ソフトウエアは、通信業界向けの5G収益化で世界をリードしています。世界最大級の通信事業者グループ、地域キャリア、新興デジタル・サービス・プロバイダーの多くと取引があるメイトリックスは、クラウドネイティブなデジタル・コマース・ソリューションを提供して、商業・運営上の比類なき機動性を実現しています。メイトリックスはITとネットワークを統合し、ネットワーク・グレードの統合型課金システム(CCS)を提供することで、インフラの効率的なハイパースケール化を可能にし、消費者サービス、卸売、企業のマーケットプレイスに対応しています。卓越した製品と顧客の成功のために、たゆまぬ努力を続け、メイトリックスは企業がネットワーク資産とビジネスの機動性を活用して、ウェブ・スケールで成功できるように支援しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Jennifer Kyriakakis
mediainquiry@matrixx.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。