in

📢| VertiGIS、施設管理ソフトウエア・パートナーのKMSを買収

※この記事は日本語専用記事となります。

ミュンヘン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 地理情報システム(GIS)ソリューションを提供する大手ソフトウエア開発企業のVertiGISは本日、長年の開発パートナーであるKMSコンピューターの買収が完了したと発表しました。KMSは、ドイツのドレスデンにある確立された信頼できるコンピューター支援施設管理(CAFM)ソフトウエア専門企業です。


VertiGISは、技術主体の世界的投資企業のバッテリー・ベンチャーズが支援しています。バッテリー・ベンチャーズは、2017年にそのブランドの下でGISと位置情報技術に焦点を当てた企業の買収を開始しました。

GEBmanソフトウエア・スイートで最も知られているKMSは、1990年以来、地方自治体や工業、サービス、公益事業の企業の施設・文書管理のニーズを支援してきました。最新のウェブ技術に基づき、社内やモバイルでの使用に適したその柔軟なエンドツーエンドのソリューションは、プラント、不動産、資本財の事実データ、文書、空間情報へのアクセスと分析を統合します。

過去15年間、KMSはVertiGISと協力して、ProOffice(インフラ・ワークフロー用のオプションのGIS接続を備え、GEBman技術を基盤とするプロセス指向のソフトウエア・ソリューション)をドイツ、オーストリア、スイスのお客さまに提供してきました。KMSをVertiGISに統合することで、ProOfficeとGEBmanの戦略計画と開発が引き続き緊密に調整されます。

KMS創業者でマネジングディレクターのコンラッド・シュルツは、次のように述べています。「30年が経ち、この会社を次世代に引き継ぐ時が来ました。KMSとVertiGISの間に長年存在してきた良好なパートナーシップと協力により、両組織の最大の強みを組み合わせることができると分かっています。両社のお客さまは、私たちが長年にわたり開発してきた幅広い専門知識と業界をリードするノウハウからメリットが得られるでしょう。」

「以前の販売パートナーが、同僚になりました。私たちは、1つのチームとして一緒に働くことを楽しみにしています。」

シュルツの息子のセバスチャンは、KMSの最高技術責任者(CTO)から移行し、VertiGISの経験豊富なセオドア・モイスブルガーと共にマネジングディレクターに就任します。KMSのソリューションは、すべてのお客さまとビジネス・セグメント向けのVertiGIS製品の不可欠な部分となり、VertiGISの世界的事業ユニットおよびチームによる販売とソフトウエア開発でさらにサポートされます。

VertiGIS EMEA最高経営責任者(CEO)のホルガー・シャーデは、次のように述べています。「KMSの友人やパートナーとさらに緊密な協力関係を築けることをうれしく思います。私たちが技術力を拡大して世界中でより幅広いグループになる中で、今回の取引によってさらなる技術革新が促進されます。」

「施設管理ソリューションはVertiGISの重要な強みであり、ProOfficeとGEBmanの共有開発計画は今後の当社の製品戦略に完全に適合します。」

VertiGISについて:

VertiGISは、地理情報システム(GIS)ソリューションを提供する大手ソフトウエア開発企業です。当社は、公益事業、土地管理、公共部門、エネルギー、電気通信、工業のお客さまがビジネス・プロセスと位置情報技術を接続するために役立つソフトウエア・ソリューションおよびサービスの開発に注力しています。VertiGISの製品ポートフォリオは、世界の数千社の顧客企業と数百万人の最終利用者が使用し、EsriのArcGIS®など、主要なマッピング・ソフトウエアの機能を強化するよう設計されています。主な製品ブランドには、UT for ArcGIS®、3A製品ライン、Geocortex®、GEONIS、ConnectMaster™、M4®ソリューションズ、GeoOffice、WebOffice、ProOfficeがあります。詳細情報は、www.vertigis.comでご覧いただけます。

バッテリー・ベンチャーズについて

バッテリー・ベンチャーズは、ソフトウエアとサービス、ウェブインフラ、コンシューマーインターネット、モバイル、産業技術など、市場において新たなカテゴリーを決定付ける最先端事業への投資に尽力しています。1983年設立の当社はシード段階からプライベートエクイティまでの種々の段階の企業を支えており、ボストン、サンフランシスコのベイエリア、ロンドン、イスラエル、ニューヨークの事業所から世界規模で投資しています。ツイッター(@BatteryVentures)で当社をフォローし、当社のウェブサイト(www.battery.com)をご覧になり、バッテリーのポートフォリオ企業の完全なリストをこちらでご確認ください。

KMSについて:

KMSは、ドイツのドレスデンを拠点とするコンピューター支援施設管理(CAFM)ソフトウエアの確立された実績ある提供企業です。KMSは、GEBmanソフトウエアで知られ、1990年以来、地方自治体や工業、サービス、公益事業の企業などの施設・文書管理要件をサポートしてきました。その柔軟なエンドツーエンドのソリューションは、最新のウェブ技術に基づいており、社内やモバイルでの使用に適しています。詳細については、www.gebman.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Sabine Parschau, Communications Manager – VertiGIS EMEA

Website: www.vertigis.com
Email: sabine.parschau@vertigis.com  

Phone: +49 89 839315 240

Holger Schade, CEO – VertiGIS EMEA

Website: www.vertigis.com
Email: holger.schade@vertigis.com
Phone: +49 89 45026 0

Sebastian Schulze, Co-Managing Director – KMS by VertiGIS

Website: www.gebman.com
Email: sschulze@kms-computer.de
Phone: +49 351 31 50 30

Theodor Meusburger, Co-Managing Director – KMS by VertiGIS/Managing Director – VertiGIS Austria

Website: www.vertigis.at
Email: theodor.meusburger@vertigis.com  

Phone: +43 5 9908 0


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。