in

📢| Nel ASA: Receives Purchase Order for 2 MW PEM Electrolyserネルが2MWのPEM電解槽を受注

※この記事は日本語専用記事となります。

米コネティカット州ウォリングフォード–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ネル(OSE:NEL)の一部門であるネル・ハイドロジェン・エレクトロライザーは、H2エナジーから2MWの完全コンテナ型MC400電解槽を受注しました。

ネル・ハイドロジェン・エレクトロライザーの販売・マーケティング(EMEA)担当バイスプレジデントを務めるレイモンド・シュミットは、次のように述べています。「これは、商用グリーン水素インフラの開発において達成した新たな重要成果であり、大型車用の水素が今日現実のものとなったことを明確に示しています。私たちは当社のコンパクトなコンテナ型PEMソリューションが、燃料ステーションネットワークに供給する施設の2つ目として採用されたことを誇りに思います。」

現在、グリーン水素インフラネットワークがスイスで既に運用されている最初のヒュンダイ製トラック46台に水素を供給しており、2025年までに1600台を達成することが目指されていますが、2MW PEM電解槽はこのネットワークの一部として納入される2つ目のシステムとなります。このシステムは、スイスにあるHydrospiderのネットワークに水素を運送するために、350 bargのトレーラーに現場で直接水素を充填します。

H2エナジーは、多様なパートナーと協力して、水素ステーションの全国ネットワークとそれに対応するスイス内外のサプライチェーンネットワークの構築に取り組んでいます。H2エナジーは、種々の分野における脱炭素化に貢献すべく、再生可能エネルギーに基づいた水素のみを生産することに傾注しています。

ネルについて(www.nelhydrogen.com

ネルは世界的な水素専業企業であり、再生可能エネルギーからの水素を製造・貯蔵・供給するための最適ソリューションを提供しています。当社は産業界やエネルギー・ガス企業に最先端の水素技術を提供しています。1927年に遡る起源を持つ当社はそれ以来、水素技術の開発と継続的改善を行ってきた歴史があり、それを誇りとしています。今日、当社のソリューションは、水素の製造技術から水素供給ステーションの製造まで、バリューチェーン全体を網羅しており、産業界がグリーン水素へ移行できるようにするとともに、燃料電池型電気自動車において化石燃料車と同じく迅速な燃料補充と長距離走行の性能を排出ガスなしで実現しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Jon André Løkke, CEO, +47 907 44 949

Kjell Christian Bjørnsen, CFO, +47 917 02 097

Or email info@nelhydrogen.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。