in

📢| CKEレストランツが1000軒目の海外レストラン店舗をオープン

※この記事は日本語専用記事となります。

新店舗のオープンにより、CKEの40年に及ぶ海外展開の歴史が重要な節目を迎える

米テネシー州フランクリン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — カールス・ジュニアハーディーズの親会社であるCKEレストランツ・ホールディングスは、ボリュームたっぷりの美味しいハンバーガーと料理を世界各地に提供し続ける中、1000軒目の海外レストラン店舗をスペインのマドリードにオープンすると発表しました。この新店舗のオープンは、欧州、米州、アジア、中東、オーストラリアをはじめ海外拠点の拡大を続ける当ブランドにとって、重要な節目を飾ります。


新しくオープンするマドリードのカールス・ジュニアのレストランは、スペインで23軒目の店舗となります。CKEは、新しく独創的な顧客体験と、やみつきになる味わいに満ちたメニューを提供しながら、欧州市場で拡大を継続しています。

CKEレストランツ最高経営責任者(CEO)のネッド・ライアリーは、次のように述べています。「1000軒目の海外店舗のオープンは、CKEを世界的レストラン・チェーンのトップクラスに位置付ける誇るべき節目です。今後5年間で海外拠点を倍増させる計画を立てている当社は、勢いに乗っています。外食産業で最も美味しい画期的な料理をお届けするという当社のビジョンを共有する卓越したフランチャイズ運営企業とのパートナーシップに重点を置き、成長のスピードを速めていきます。」

CKEは6大陸で拠点の拡大を続けており、堅調な店舗売上を世界的に10年近く維持しています。それに加えて当社は今年の初め、メキシコで300軒目のレストランのオープン、中東での事業運営40周年、旗艦レストランのシドニー店舗オープンによるオーストラリアでの拠点拡大など、海外展開の転機となるいくつかの節目を迎えました。また今夏後半には、持ち帰りステーションやセルフ注文キオスクなど、早くて便利なサービスを中心とするレストランをシャルル・ドゴール空港にオープンする予定です。

CKEインターナショナル社長のMike Woidaは、次のように述べています。「海外レストラン店舗1000軒目は当社にとって大きな節目であり、引き続き世界各地のお客さまに本場カリフォルニアの味をお届けできることをうれしく思います。スペインの新しいカールス・ジュニア店舗は、食欲をそそる味を保ちながら、消費者の地域特性に合わせて新たな体験を提供するCKEの取り組みを示しています。」

革新的な料理を最優先するCKEレストランツはこれからも、直火焼きのアンガスビーフ・バーガーや衣がサクサクの手仕込みチキン・テンダーをはじめ、広く愛されているブランドを代表するさまざまな商品の中核を成す魅力的な味を広めていきます。さらにCKEは、メキシコのモリタ・バーガーやカナダのプティンなど、地域に合わせた展開も行います。

新商品のニュースやプロモーション情報については、ソーシャルメディアでカールス・ジュニアとハーディーズをフォローしてください。

ツイッター:@CarlsJrおよび@Hardees
インスタグラム:@CarlsJrおよび@Hardees
フェイスブック:www.facebook.com/carlsjrおよびwww.facebook.com/hardees

CKEレストランツ・ホールディングスについて

米国テネシー州フランクリンに本社を置く非公開企業のCKEレストランツ・ホールディングス(CKE)は、カールス・ジュニアとハーディーズの運営企業です。米国で高い人気を誇るこの2つのレストラン・ブランドは、アンガスビーフを100パーセント使用したブラック・アンガス・シックバーガー、自家製ビスケット、手仕込みのチキン・テンダーといった、ほかでは味わえない上質で革新的なメニューアイテムで知られます。米国と海外に拠点を持つカールス・ジュニア・レストランツとハーディーズ・レストランツが所有する44州と40の国および米国領のフランチャイズまたは当社直営のレストランは、合計で3900店を超えました。CKEの詳細情報については、www.ckr.com、または各ブランド・サイトのwww.carlsjr.comおよびwww.hardees.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media Contact
LaFORCE

Julia Engelbrecht

jengelbrecht@laforce.nyc
347-882-1570


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。