in

📢| 香港桂冠論壇委員会が第1回香港桂冠論壇の開催を2022年11月に延期すると発表

※この記事は日本語専用記事となります。

香港–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — COVID-19パンデミックの大きな影響、世界と香港でのワクチン接種の進捗、ならびに安全な旅行に関する世界の状況を鑑み、香港桂冠論壇(HKLF)委員会理事会は慎重な検討の末、2021年11月15~20日に予定されていた第1回香港桂冠論壇(フォーラム)を1年延期し、2022年11月の開催とすることを決定しました。

対面形式の重要性

HKLF委員会理事会は、ショウ賞受賞者と若手科学者が直接交流できるプラットフォームの提供により、若手科学者を啓発することがフォーラムの主要な目的である点を考慮すると、フォーラムは対面形式で実施することが理想的であるという見解に至りました。しかし、パンデミックの現状を考えると、対面でのフォーラムの時期までに、安全で制限のない海外渡航が再開されているかは不確実です。

HKLF主席の唐偉章教授(BBS、JP)は来年、第1回フォーラムの開催を成功させられると確信しています。「科学を追求する現代と次世代のリーダーをつなぐこの世界クラスの学術交流イベントを今年11月に開催できることを願う一方、パンデミックの状況からすると、開催に適切な時期ではありません。当フォーラムの目的は、世界の若い科学者の皆さまに刺激を与え、若手科学者とショウ賞受賞者との間に十分な交流機会を設けることにあります。初回のフォーラムが『科学界の叡智を結集する』という目標をかなえられるよう万全を期したいと思います。2022年に開催される第1回フォーラムは必ずや素晴らしい成功を収めるでしょう。」

次のステップ

HKLF事務局は延期について、参加予定のショウ賞受賞者およびフォーラム応募者全員と個別に連絡を取り、運営パートナーにも連絡します。来年の第1回フォーラムの日程が決まり次第、すべての関係者に通知が送られます。

それまでの間、事務局はさまざまな分野の聴衆を対象とする一連のフォーラム事前イベントを計画しています。イベントは今年第3四半期末に始まり、一定期間にわたって開催されます。著名な科学者による講演シリーズや科学研究に関する展覧会などが含まれる予定です。HKLFウェブサイトをチェックして、詳細の発表をお待ちください。

背景情報

香港桂冠論壇は、HKLFが主催する年次科学交流イベントです。当フォーラムは、科学を追求する現在および次世代のリーダーをつなぐ世界クラスの学術交流イベントを目指しています。また当フォーラムは、科学と技術のさまざまな分野における香港および世界中の若年世代の理解と関心を促進する取り組みも行っています。HKLFは2019年5月に設立され、李兆基基金が全面的に後援しています。HKLFの重要パートナーは、年次国際賞のショウ賞を主催するショウ賞財団です。

ウェブサイト:https://www.hklaureateforum.org

フェイスブック:https://www.facebook.com/HKLaureateForum

ツイッター:https://www.twitter.com/HKLaureateForum

微博:https://www.weibo.com/hklaureateforum

リンクトイン:https://www.linkedin.com/company/hklaureateforum/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Forum Programme and Participant Enquiry
Ms Koji Ho

programme@hklaureateforum.org
Tel: (852) 2905 6505

Media Enquiry
Mr Kelvin Chau

media@hklaureateforum.org
Tel: (852) 2905 6506


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。