in

📢| ベロダイン・ライダーが次世代ベラビット・センサーを発表

※この記事は日本語専用記事となります。

ベラビットにより、安全性が決定的に重要なアプリケーションで3Dライダーが利用可能に

米カリフォルニア州サンノゼ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ベロダイン・ライダー(Nasdaq:VLDR、VLDRW)は本日、自律ソリューションのコスト、安全性、設計上の課題に対応しつつ最新鋭の性能を提供する次世代のベラビット(Velabit™)センサーを発表しました。ベラビットは、ベロダインの画期的な独自技術であるマイクロライダー・アレー・アーキテクチャー(MLA)を備え、ベロダインの顧客が求めていた超広視野角(FoV)と高解像度を実現しています。


このソリッドステートのベラビット・センサーは、水平方向で最大90度のFoVと、垂直方向で最大70度のFoVを同時に達成でき、従来モデルと比べて1秒当たりのポイント数は約3倍に達します。次世代ベラビットは、ベロダインが培った専門技術を駆使して、設定可能な動的な視野角と高解像度のズーム機能を持つコンパクトで軽量なセンサーを実現しています。

ベロダイン・ライダーのアナンド・ゴパラン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ベロダインは、スリムかつスタイリッシュな統合を実現する小型センサーの次世代ベラビットで、高品質の性能を提供して、革新を続けています。当社の献身的なエンジニアリングチームは、お客さまのニーズを1年以内に実現するために努力し、市場ニーズに応える当社の姿勢を浮き彫りにしました。われわれの目標は、市場ニーズに対応するだけでなく、世界規模で人々の暮らしを変革することです。このセンサーは、さまざまな業界でライダーベースの安全性と自律性を普及させると確信しています。」

多様な性能

この軽量で汎用性に優れたベラビット・センサーは、小型のフォームファクターと低消費電力によって、バッテリー寿命と車両の距離性能を最大化しています。小型で低コストのため、以下のような複数の業界と重要な安全性アプリケーションで活用できる独自の能力を備えています。

  • 自動車および新しいモビリティー
  • 自律移動型ロボット
  • 産業用のフォークリフトおよび倉庫
  • インフラストラクチャーとスマートシティー
  • 歩道とラストワンマイルの配送
  • UAVのマッピングと操縦

ベラビットは、先進運転支援システム(ADAS)と自律車両にとって最適な車載グレードのライダーソリューションとなるように設計されており、検知できない箇所をなくし、自動車メーカーが車両の周囲全体を完全にカバーできるようにします。このセンサーは、死角監視、接近物検知、歩行者自動緊急ブレーキ(PAEB)を含むADAS機能のために、広い知覚エリアを実現します。さらに、垂直方向の視野角が広いため、近距離検知やロボットのアプリケーションにも最適な技術です。

ソフトウエアとハードウエアの統合

ベラビットをベロダインのライダーベースの知覚ソフトウエアのベラ(Vella™)と組み合わせることで、顧客のプロジェクトを効率化し、自動車向けの幅広い安全機能を強化できます。このソフトウエアは、ベラビットの高品質の点群データを、物体の分類と追跡、障害物の検出、シーンの分割、物体速度など、車両システムが容易に利用可能な有益な知覚データに変換します。ベラは、車両のオドメーター・データと組み合わせて、衝突までの時間と距離に関する測定値を提供し、車両がより安全に対応できるようにします。

このセンサーはまた、ベラレイH800(Velarray H800™)などのその他のベロダイン・ライダー技術と組み合わせて高速での運用ができるほか、低速度用途での単独ライダー・ソリューションとしても機能します。

大量生産向けに設計

ベロダインの完全に自動化された製造プロセスと世界的な製造パートナーシップを、MLAと組み合わせることで、コストの最適化と高品質な大量生産が早ければ2022年第4四半期に実現します。

ベラビットはその発表以来、ポピュラーサイエンス誌のベスト・オブ・ワッツ・ニュー賞を受賞するなど、業界で広く評価されています。またこのセンサーは、シリコンバレー・ロボティクスの2020年イノベーション賞も獲得しました。

ベロダインの主要な顧客と、自動車およびロボット技術の世界トップの技術革新企業は、ベロダインが近々行うベラビット・デモ・デーに参加して、実際に動作するベラビットを見学し、将来のために生産量の予約を行うことができます。

ベロダイン・ライダーについて

ベロダイン・ライダー(Nasdaq:VLDR、VLDRW)はリアルタイム・サラウンドビュー・ライダーセンサーを発明して、自律技術の新時代をもたらしました。ライダーの世界的大手ベロダインは、画期的なライダー技術の幅広いポートフォリオで定評があります。ベロダインの革命的なセンサーおよびソフトウエア・ソリューションは柔軟性、品質、性能を提供し、自律走行車、先進運転支援システム(ADAS)、ロボット工学、無人航空機(UAV)、スマートシティー、セキュリティーなどの幅広い産業のニーズに対応しています。ベロダインは絶えず革新を追求することで、あらゆる人々のために安全なモビリティーを推進し、生活と地域社会を変革することに力を注いでいます。詳細情報については、www.velodynelidar.comをご覧ください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、1995年米国民事証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の定義による「将来見通しに関する記述」が含まれます。これには過去の事実を除くすべての記述が含まれますが、それに限定されず、ベロダインの対象市場、新製品、開発努力、競争に関する記述が含まれますが、これらに限定されません。本プレスリリースで、「推定する」、「予測される」、「期待する」、「予想する」、「予測する」、「計画する」、「意図する」、「考える」、「求める」、「かもしれない」、「するだろう」、「できる」、「すべきである」、「将来」、「提案する」といった言葉やその変化形、類似の表現(もしくはそうした言葉や表現の否定形)は、将来見通しに関する記述であることを特定するために使用されています。これらの将来見通しに関する記述は、将来の業績、状況、結果を保証するものではなく、多くの既知および未知のリスク、不確実性、仮定、その他の重要な要因を含んでおり、その多くはベロダインの管理が及ばないものであり、実際の結果または成果が将来見通しに関する記述で示されたものと大きく異なる場合があります。実際の結果または成果に影響を与え得る重要な要因として、政府によるライダーの規制や導入に関する不確実性、COVID-19パンデミックがベロダインおよびその顧客の事業に与える不確実な影響、ベロダインが成長を管理する能力、ベロダインが事業計画を実行する能力、ベロダインの顧客が製品を商品化する能力およびそれら製品の最終的な市場での受容に関する不確実性、ベロダイン製品が市場で受容される速度および程度、存在するもしくは利用可能になるかもしれないその他のライダーおよびセンサー関連の競合製品や競合サービスの成功、ベロダインの現在の訴訟やベロダインが関与する可能性のある訴訟、もしくはベロダインの知的財産権の有効性と強制力に関する不確実性、ベロダインの製品およびサービスへの需要に影響を与える一般的な経済および市場の状況などがあります。ベロダインは新たな情報、将来の出来事、あるいはその他の理由にかかわらず、法律で義務付けられた場合を除き、将来見通しに関する記述を更新または改定する義務を一切負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Velodyne Investor Relations
InvestorRelations@velodyne.com

Media
Codeword

Liv Allen

velodyne@codeword.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。