in

📢| 東芝:当社取締役会議長からの株主へのオープンレターについて

※この記事は日本語専用記事となります。

東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 本日、当社は、株主の皆様に対し、取締役会議長である永山治からのオープンレターを出しました。

レター全文は以下のとおりです。

株主の皆様へ

私は株式会社東芝(以下、「当社」)の取締役会議長として、最近の当社に関する一連の受け入れ難い出来事が皆様の信頼を損なってしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。

調査報告書の公表後、当社が既に断固たる迅速な行動を取り、来たる6月25日の定時株主総会に向けて、取締役、委員会委員及び執行役候補者を変更したことは既にご高承の通りかと存じます。

私は、取締役会と共に、当社のガバナンスを抜本的に改善し、当社の企業価値向上に向けて、全力で取り組みます。私たちは一丸となり、以下の具体的な施策を直ちに実行致します。

  • 再発防止へ向けて、なぜこの受け入れ難い出来事が生じたのかを外部の第三者の参画も得て調査し、新たな防止策を講じた上で、揺るぎないコンプライアンス文化を築いて参ります。
  • 当社のような複雑かつグローバルな事業を経営した、優れた経験を有する人材を独立社外取締役として新たに迎えるべく、株主の皆様の視点も取入れつつ、入念な調査を開始致します。このような候補者を選定次第、臨時株主総会にて株主の皆様にご承認をお願いする予定です。
  • 綱川氏の後任として、成すべき変革を今後牽引していくことができるCEOの選定を加速させます。
  • 既に公表している通り、これまで準備を進めて参りました戦略委員会を、定時株主総会の終了後、速やかに始動致します。
  • 取締役会は、独立したグローバル投資家調査機関であるMakinson Cowellを起用し、当社の重要な戦略的意思決定に際して、株主の皆様から、広範にかつ透明性高く、ご意見を取込むことができるよう、匿名での意見収集を行うことと致しました。

上記のプロセスに関する進捗は今後定期的にお知らせ致します。

私が当社の取締役会に加わって1年足らずですが、当社及び従業員に対して大いなる可能性を感じております。取締役会議長としての私の第一の役目は、皆様が享受すべきガバナンスとリーダーシップを当社に提供することです。私は、現状に安住することなく、前向きな変革者であり続ける事を皆様にお約束致します。

敬具

株式会社東芝

取締役会議長

永山 治

Contacts

For Media in Japan
Midori Hara / Takashi Ebina / Yoko Takagi

Media Relations Office

Corporate Communications Div.

Toshiba Corporation

media.relations@toshiba.co.jp

For Media outside of Japan
Ross Lovern / Lissa Perlman

Kekst CNC

ross.lovern@kekstcnc.com / lissa.perlman@kekstcnc.com

For Investors
Investor Relations Group

Planning & Investor Relations Office

Strategic Planning Div.

Toshiba Corporation

ir@toshiba.co.jp


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。