in

📢| ウェタ・デジタル、オートデスクとの提携で次世代クリエイティブ・クラウド制作パイプラインを提供へ

※この記事は日本語専用記事となります。

クラウド・サービスのWetaMが、業界をリードする3DソフトウエアであるAutodesk Mayaと完全統合されたWETA独自のアカデミー賞受賞ツールを一般公開

ロサンゼルス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界有数の視覚効果スタジオの1つであるウェタ・デジタルは、世界的なメディアおよび娯楽ソフトウエア・プロバイダーのオートデスク(NASDAQ:ADSK)と提携し、WetaMの提供を目指します。WetaMは、ウェタ・デジタルが設計と開発を行ってオートデスクのMayaに完全に組み込まれたツールを提供する画期的な製品です。ウェタ・デジタルは、アーティストが世界で最も成功した映画やテレビ・シリーズを制作するために役立ったツールで13個のアカデミー科学技術賞を受賞しています。これには、『ロード・オブ・ザ・リング』、『アバター』、『ゲーム・オブ・スローンズ』、『猿の惑星』などの例があります。WETAは、第4四半期にプライベートベータとしてWetaMを展開する予定です。


WetaMは、MayaのオープンAPIに基づいて構築されたWeta独自のアーティスト向け専有VFXツールセットを製品化したもので、ウェタ・デジタルによってサブスクリプション・クラウド・サービスとして商品化されます。これで初めて、世界中のアーティストは舞台から映画までの1つの完全なクラウド・ベースのパイプラインを利用できるようになります。WetaMの提供は、ウェタ・デジタル内に新たに設立されたサービスとしてのソフトウエア(SaaS)部門の下での初めての製品提供となります。この新事業部門は、世界のエンターテインメント業界全体のアーティストにプロ向けおよびプロシューマー向けツールを提供するというWETAの拡大戦略の極めて重要な要素です。

ウェタ・デジタルのPrem Akkaraju最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「WetaMは、VFXとアニメーション制作の民主化における最初の一歩です。ウェタ・デジタルには世界で最もクリエイティブな人々が集まっており、当社は何十年にもわたって視覚効果およびエンターテインメント業界の先駆的なイノベーターとなっています。WetaMは変革の手段であり、世界中のクリエイティブ制作の水準を引き上げ、その過程で業界を再定義します。その中心にあるこのオートデスクとのパートナーシップによってWETAの魔法が届く範囲が広がるため、映画やテレビで素晴らしいキャラクターや世界を創造することを追求するアーティストがその魔法を利用しやすくなります。」

オートデスクのエンターテインメント&メディア・ソリューション担当シニアバイスプレジデントのダイアナ・コレラ氏は、次のように述べています。「私たちはWETAの驚くべき視覚効果の成果の長年のファンです。同社は絶えず新境地を開拓し、没入型の架空世界と信じられないほどリアルで魅力的なデジタル・キャラクターを構築しています。長年にわたってWETAが大切にしてきたアニメーションとVFXのR&Dリソースをすべてのアーティストに開放するのですから、WetaMの登場によって業界は一変します。WETAと協力して、同社の魔法をMayaを使用するアーティストに届け、高性能の新しいエフェクトツールと時間を節約できる自動化機能を提供できることに心が躍ります。」

過去30年間にわたるVFXとアニメーションのリーダーとしてのウェタ・デジタルのDNAは、技術革新、比類のない芸術的才能、卓越した視覚スタイルに根付いています。オートデスクとのパートナーシップを通じて実現したWetaMはこのDNAを共有するものであり、ウェタ・デジタルによるアカデミー賞受賞の成功を後押しした独自のビジュアル設計ツールとパイプライン効率化ツールをあらゆる場所にいるアーティストが利用できるようにします。

ウェタ・デジタルについて:

ウェタ・デジタルは、視覚効果とアニメーションの創造性とイノベーションの先導者であり、芸術的ビジョンの追求における可能性を推し進めたい人材、パートナー、クライアントを引き付けています。ウェタ独自のパイプラインは進化を続けており、最高の作品を作成するために必要なツールをアーティストに提供しています。ニュージーランド・ウェリントンを拠点とするウェタ・デジタルは世界最大の単一VFXスタジオであり、40カ国以上からアーティストを集めています。その中には、エンターテインメント分野で最も創造的で野心的なアーティスト、エンジニア、役員がおり、その作品は、6個のアカデミー視覚効果賞、10個のアカデミー科学技術賞、6個の英国アカデミー(BAFTA)視覚効果賞、そして同業者から34個の視覚効果協会賞を受賞しています。ゴラムからシーザーまで斬新なパフォーマンス主導のアニメーション・キャラクターや、中つ国からパンドラまで数多くの世界は、スクリーンに現れる史上最高の視覚効果の1つと見なされています。

詳細情報:

ウェタ・デジタル:www.wetafx.co.nz

SNS:@weta_digital

オートデスクについて

オートデスクは、物作りをする人向けのソフトウエアを作成しています。高性能車を運転したり、そびえ立つ超高層ビルを仰ぎ見たり、スマートフォンを使用したり、素晴らしい映画を観賞したりしたことがあるなら、何百万人ものオートデスク利用者が当社のソフトウエアで行っていることを体験しているはずです。オートデスクは、何でも作れる力を与えてくれます。詳細情報については、www.autodesk.comをご覧になるか、@autodeskをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

PRESS:

Weta Digital | Mara Buxbaum, ID | TeamWetaDigital@id-pr.com
Weta Digital | Carol Marshall | carolm@wetafx.co.nz
Autodesk | Karen Raz, RazPR | karen@razpr.com

 


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。