in

📢| 360コミュニケーションズが米国地方部のデジタル格差を解消すべくオープンRANのCBRSとパケットコアにマベニア製品を採用

※この記事は日本語専用記事となります。

マベニアのソリューションにより、地方のコミュニティーにサービスを提供するWISPは、オープンRANのCBRS、RAN、クラウドネイティブアーキテクチャーを活用して、自社ネットワークの完全コントロールが可能に

テキサス州リチャードソン & オクラホマ州デュラントあ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — らゆるクラウドで動作して世界の接続方法を変革する​クラウドネイティブソフトウエアでネットワークの未来を築くネットワーク ソフトウエアプロバイダーのマベニアは本日、Chocatown Nationを含むオクラホマ州の地方部にサービスを提供する固定無線アクセスプロバイダーである360コミュニケーションズが、デジタル格差を解消するための取り組みを支えるため、CBRS/EBS周波数を使用したエンドツーエンドのオープンRANを活用できるよう、提携先としてマベニアを選択したと発表しました。この関係は、マベニアが米国地方部のISPにとって頼りになる提携先であることを示す最新の例です。

360コミュニケーションズは、マベニアの完全コンテナ化コンバージドパケットコアソリューションも選定しました。このクラウドネイティブなコンバージドパケットコアは、コンボノードを使用して4Gネットワークを最大限に再利用できるよう、柔軟でコスト効率に優れた5Gへのアップグレードパスを提供します。

360コミュニケーションズは、マベニアのOpenRAN VranソリューションをOnGo CBRS周波数帯で、また可能性としてEBS周波数帯で使用しますが、EBS周波数帯ではマベニアが既存のベンダーに取って代わることになります。

360コミュニケーションズのオペレーション&ネットワーク担当シニアバイスプレジデントであるクリス・マッケルロイ氏は、次のように述べています。「オープンRANは、米国地方部におけるデジタル格差を解消する上で極めて重要であると、私たちは考えています。それだけでも、特にCBRSの拡大において、マベニアは当然の選択でした。同時に、マベニアのコンバージドパケットコアを導入することで、ネットワークを完全にコントロールできるようになり、消費者や企業のお客さまが無理なく利用できて信頼性の高いブロードバンドで引き続き360コミュニケーションズを頼りにしてくれることが保証されます。」

マベニアの販売担当バイスプレジデント(米国地方部ISP)を務めるロリス・ザイアは、次のように述べています。「マベニアは、地方部のISPがデジタル格差を解消するために奮闘している中で、さまざまな独自の課題に直面していることを認識していました。そのため、私たちはそのような課題を理解し、地方部のISPがそれらを克服できるよう支援することに専心するチームを創設しました。360コミュニケーションズのような起業家が、地方部の市場に対するマベニアの献身ぶりを認めてくれたということは、私たちが真のニーズを満たしていることを示しています。」

360コミュニケーションズについて:

360コミュニケーションズは、サービスが十分でないか提供されていない市場にブロードバンドをもたらすことに傾注しており、オクラホマ州とアーカンソー州の地方の家庭や企業に最先端の固定無線技術を導入しています。また、全米のネイティブアメリカン部族向けにプライベートLTEネットワークを構築することで、先住民居住地におけるデジタル格差の解消にも傾注しています。360コミュニケーションズは、コアから顧客宅内までキャリアグレードのネットワークを有しており、他のプロバイダーと一線を画しています。

マベニアについて:

マベニアは、あらゆるクラウドで動作するソフトウエアベースの自動化された単一ネットワークというビジョンに力点を置きながら、ネットワークの未来を築き、先進的技術を先駆的に切り開いています。エンドツーエンドのクラウドネイティブなネットワークソフトウエアを提供する業界唯一の企業として、マベニアは世界の接続方法を変革することに傾注しており、120カ国以上で世界の加入者の50%以上にサービスを提供する250社超の通信サービスプロバイダーのために、ソフトウエアネットワークの変革を推進しています。www.mavenir.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

CONTACT:
Maryvonne Tubb

Mavenir

PR@mavenir.com

Casey Bush

GlobalResultsPR (US)

mavenir@globalresultspr.com

Kevin Taylor

GlobalResultsPR (EMEA)

mavenir@globalresultspr.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。