in

📢| クアナジーの3Dライダーソリューションが韓国初のV2Xスマートシティーの開設で選定される

※この記事は日本語専用記事となります。

  • ライダーベースのIoTソリューションを、韓国に複数あるパイロットスマートシティーの1つである釜山に導入
  • クアナジーの3Dライダーソリューションが95%以上の精度を実現して、交通政策の改善を支援
  • 低い総所有コスト(TCO)が30%以上のコスト削減をもたらす

米カリフォルニア州サニーベール–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– OPAベースのソリッドステートライダーセンサーとスマート3Dソリューションを車載・IoT向けに提供する一流企業のクアナジー・システムズは本日、当社の3Dライダーソリューションが、韓国・釜山における情報通信技術(ICT)システムの開発を支援するために選定されたと発表しました。このICTシステムは、データ主導型のIoTスマートシティーを構築する韓国政府の戦略で重要な要素となります。釜山は、このイニシアチブにおけるパイロット都市の1つです。


長年にわたり提携しているシステムインテグレーターのiCentと連携して導入するクアナジーの3Dソリューションは、当社のMQ-8 ライダーセンサーと専有的認知ソフトウエアのQORTEX DTC™を組み合わせたものから成り、歩行者の歩く方向や交通量、高速走行している車両数を含む交通データを収集・分析し、iCentのデータ分析プラットフォームであるiSaverが、時間帯や曜日などに基づいて、そのパターンを判断できるようにします。

収集データにより、釜山のスマートシティー交通センターは、交通パターンの理解を深め、安全上の危険を予測し、最終的には歩行者の安全を改善するための交通政策を策定できます。この情報は、ICTインフラがよりスマートなデータ主導型の決定で利用する情報として、非常に重要です。さらに、本ソリューションは交通信号機と統合して交通量に動的に対応するものであり、ドライバーと歩行者はスマートフォンのアプリでリアルタイムの交通情報を把握できます。これはV2X(車車間・路車間)機器とビーコン機器に交通データを提供する類いのものとしては、韓国初のシステムとなります。

iCENTの最高経営責任者(CEO)のムン・ウォンサン氏は、次のように述べています。「クアナジーのライダーソリューションは、昼夜を問わず、あらゆる周囲条件下で、95%以上の精度と信頼性に優れたパフォーマンスを発揮しました。より正確なデータがあれば、釜山はその交通政策の効果を高めることができます。さらに、このライダーソリューションは総所有コストが低いため、30%以上のコスト削減が可能でした。またライダーソリューションの使用によってデータ収集を自動化できるので、エラーが起こりやすい手作業のデータ収集方法が不要になりました。」

クアナジーは2020年、韓国ソウルに当社のスマートライダーソリューションを導入して、校区内における横断歩道の安全性を向上させました。

釜山のスマートシティープロジェクトの詳しい情報については、当社のケーススタディーをご覧ください

クアナジー・システムズについて

クアナジー・システムズの使命は、自動車およびIoTアプリケーション向けに強力で廉価なスマートライダーソリューションを開発し、人々の体験と安全性を強化することです。クアナジーは、光学フェーズドアレイ(OPA)技術に基づいて、唯一の真の100%ソリッドステートCMOS ライダーセンサーを開発し、低コストで高信頼性の3D ライダーソリューションの大量生産を実現しました。クアナジーのスマートなライダーソリューションにより、企業はリアルタイムの高度な3D情報を活用して、産業自動化、物理的セキュリティー、スマートシティー、スマートスペースなど、さまざまな産業の業務を変革できます。クアナジーのソリューションは、世界中の350社を超える顧客が導入しています。詳しい情報については、www.quanergy.comをご覧ください。

iCENTについて

2000年2月に設立されたiCENT Co., Ltd.は、主として総合ネットワーク、セキュリティー、安全性プラットフォームソリューション向けに技術情報通信ソリューション(iSaver)を提供しています。iCENTはワンストップのサービス企業として、ネットワーク分析・管理製品を開発し、現在はネットワークのコンサルティング、設計、構築、運用サポートを提供しています。iCENTは、モバイル/ビデオ向け専用ソリューションを通じて、韓国の大手サービスプロバイダーやSO/MSOに軸足を置いた専門技術を提供しています。またiCENTは、ネットワークとコンピューティングに関連した多様な新規事業によって事業ポートフォリオを多様化しており、顧客価値を高めるためのネットワークベースのシステム統合によってビジネス機会を拡大しています。詳細については、www.icent.co.krをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Quanergy
Neal Stein

Media@quanergy.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。