in

📢| FlexCat™ by UnifraxがPDHモデル研究でコーキングの低減と収率の向上を実現

※この記事は日本語専用記事となります。

この新しいファイバーソリューションは、ドイツを拠点とするハイスループット試験企業hte GmbHがサポートした研究により、石油化学業界に有望な結果を示す

米ニューヨーク州バッファロー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 高性能特殊材料の大手メーカーであるユニフラックスは本日、触媒研究におけるハイスループット技術を提供する一流企業であるhte GmbHが実施した試験キャンペーンについて、第1段階の初期結果を発表しました。これらの結果は、最近発表したFlexCat™ by Unifraxの能力、すなわち生産スループットを大幅に向上させ、プロセスの運転時間を増やし、企業のカーボンフットプリントを削減する能力を裏付けるものです。


カスタマイズ可能な繊維ベースの新しい触媒担体材料であるFlexCatは、産業用触媒での使用向けに設計しており、水素や特殊ガスの生産、化学処理、空気浄化、その他の化学製造アプリケーションの生産量を増大させます。

hteによる試験において、ユニフラックスは一般的な工業プロセスであるプロパン脱水素(PDH)のモデル反応を取り上げ、FlexCatを文献由来のペレット触媒と比較しました。ユニフラックスの産業用触媒分野への進出における第1歩は、下記が証明されている触媒担体材料です。

収率と選択性を向上

  • FlexCatは、最初のサイクルで生産量を20%増大させ、その後に試験したサイクルでも少なくとも90%の転換活性を維持した。
  • この特許取得済み技術により、屈曲性が向上し、触媒の相互作用が最大化され、ベンゼンが4分の1になるなど1サイクル当たりの副生成物が50%減少した。

生産の稼働停止時間を短縮

  • FlexCatは、2つのサイクルを通して転換活性を維持し、触媒再生時間を最大50%短縮し、運転時間を最大12%延長した。
  • FlexCatの革新的な製品形態により、従来使用されていた担体と比べて最大10倍の軽量化が可能であり、触媒の充填と除去の時間が短縮される。

プラントの最適化により、下流工程の削減とクリーンな生産物を実現

  • 最初のラボスケールのデータでは、FlexCatがコーキングを大幅に低減し、転換率を向上させ、選択性を高める潜在力を示した。これにより、排出ガスの懸念に対処し、従業員や周辺地域に以前にも増して安全な環境を提供できる。

ユニフラックスの研究開発担当シニアバイスプレジデントを務めるチャド・キャナンは、次のように述べています。「今回の最新の試験で当社が目を付けたのは、当社の業界提携先が改善を実現し、収率の向上から排出物の削減、カーボンフットプリントの低減までの価値を引き出そうと、懸命に努力している特定の分野でした。この次世代触媒技術は、既存の資産を利用して生産量を大幅に増加させ、コストのかかる設備投資や不必要な稼働停止を回避します。このデータは、企業が現在の生産システムを利用してより大きな価値を実現し、環境フットプリントを改善できることを示しています。」

ユニフラックスの社長兼最高経営責任者(CEO)であるジョン・ダンドルフは、次のように述べています。「hteと提携して収集した今回のデータは、産業用触媒を正しい方向に前進させる上での成果です。FlexCatでは、工場のパフォーマンスと地域社会への影響を最適化することに取り組んでおり、市場を一変させる独自のソリューションに力点を置いています。私たちは、業界提携先のために排出物と全体的なコストを削減しながら生産量を増やすことができることを確認したため、この新技術の導入を実行し、より良くさらに効率的で当業界でかつて見られなかった触媒作用を生み出せるものと大いに期待しています。」

世界中の先進産業向けに工学的無機材料を開発し、大規模に供給してきた75年以上の実績を持つユニフラックスは、繊維ベース技術とその製造をめぐる奥深い歴史を有しています。FlexCatはユニフラックスの産業用触媒分野への進出における第1歩であり、現在使用されているアルミナベースの触媒技術以上のものを提供する画期的な繊維ベースの触媒媒体を提供します。

hteのウォルフラム・シュテヒャート最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちはFlexCatをめぐりユニフラックスとの協業を継続していけるものと期待しています。既に私たちの試験から有望な結果が得られており、このまったく新しく素晴らしい技術の今後を確認するのが待ちきれない思いです。」

個々の提携先、プロセス、特定反応に合わせてカスタマイズできるFlexCatは現在、量産が可能です。FlexCatの詳細については、www.unifrax.com/flexcatをご覧ください。

ユニフラックスについて

ユニフラックスは、先進的用途で使用される高性能特殊材料の開発と製造を行っています。高温産業用遮蔽、電気車両、エネルギー貯蔵、濾過、火災防止など、多数の用途が存在します。ユニフラックスの製品は、人間、建物、設備におけるエネルギーの節約、汚染の削減、安全の改善を最終目標として設計されており、応用的課題のためのグリーンでクリーンで安全なソリューションを顧客に届ける努力を続けています。ユニフラックスは、12カ国の37カ所に製造施設を持ち、世界で2700人を超える従業員を雇用しています。詳細情報は、www.unifrax.comでご覧いただけます。最新情報については、ツイッターリンクトインフェイスブックでのフォローをお願いいたします。

hte GmbHについて

ハイスループット試験企業のhteでは、触媒分野の研究開発のスピードと生産性を高めています。当社は、コスト効率の高い革新を実現し、新製品の市場投入期間を短縮することで、エネルギー・精製、化学・石油化学、環境の産業分野におけるお客さまが競争で先んじることができるようにします。当社の技術とサービスは下記で構成されています。

  • 研究開発ソリューション:ドイツのハイデルベルクにあるhteの最先端ラボで効率の高い受託研究プログラムを実施。
  • テクノロジーソリューション:ハードウエアとソフトウエアを統合したソリューションにより、顧客がそれぞれのラボでハイスループットのワークフローを確立できるようにする。

当社のお客さまは、幅広い技術的・科学的専門知識、並外れた顧客志向、完全なエンドツーエンドのソリューション、傑出したデータ品質から恩恵を受けています。BASFとの密接な関係により、長期的な方向性と安定性が保証されています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。 

Contacts

For Unifrax:

Deborah L. Myers

Global Marketing Communication Director

dmyers@unifrax.com
716.812.4802

For hte GmbH:

Jacqueline Stalica

Marketing Communications Manager

jacqueline.stalica@hte-company.de
+49 (0) 6221 – 74 97 – 290


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。