in

📢| ベロダイン・ライダーが歩行者の安全性向上に向けた行動を呼び掛け

※この記事は日本語専用記事となります。

SAEインターナショナルが公開したベロダインの新しいホワイトペーパーが、夜間における歩行者の危険を減らすために、先進運転支援システム(ADAS)を改善する方法を提案

米カリフォルニア州サンノゼ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– ベロダイン・ライダー(Nasdaq:VLDR、VLDRW)は本日、ベロダインの専門家が執筆し、SAEインターナショナルが公開したホワイトペーパーを発表しました。このホワイトペーパーでは、歩行者の死亡事故の75パーセント以上が低照度から無照明の状況で発生していることから、運転支援システムの独立性能試験を暗い夜間のシナリオにまで拡大するように呼び掛けています。現在の試験方式は、主に昼間の条件を評価し、暗い夜間の条件下で性能が劣る運転支援システムが歩行者に及ぼすリスクを大きく見過ごしているため、この変更によって現在の試験方式で欠落している部分を補うことができます。


「ユースケースアプローチによる車両の安全機能の設計と評価」と題するホワイトペーパーは、SAEインターナショナルのウェブサイトで入手できます。また、ベロダインのウェブサイトからもダウンロードできます。

米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は最近、2021年第1四半期に自動車交通事故よる死亡者が2020年同期比で10.5パーセント増加し、その大部分が暗い条件下で起こっていると報告しました。NHTSAはさらに、同期間中に自動車の走行距離が149億マイル減少したにもかかわらず、死亡者が3カ月で推定8730人と、驚くほど増加していると報告しています。こうした悲劇に対処するために、ほとんどの新しい車両は先進運転支援システム(ADAS)を提供しており、対歩行者自動緊急ブレーキ(PAEB)が標準のオプション機能として装備されています。

PAEBの性能の限界に対処

PAEBシステムは、AVとADASの両アプリケーションにおける基礎的な要素です。PAEBシステムは、車の進行方向に歩行者がいるときやドライバーの行動が目前の衝突回避に不十分なときに、自動で車にブレーキをかけます。しかし、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)や米国自動車協会(AAA)による独立試験によれば、カメラやレーダーの技術を利用する現在のシステムでは多くの場合、暗い条件下では歩行者を保護できません。

実際的な条件を反映させるために、このホワイトペーパーは今後のPAEB試験方式を拡大し、暗い夜間の条件下での試験を含むよう提案しています。この新しい試験を行うとすれば、周囲照度1ルクス未満、ヘッドライトはロービーム、街路灯なしという条件で行うことになります。こうした変更により、道路で発生する低照度条件での歩行者検知システムの性能に関する有益な情報が広く提供されるでしょう。

拡大試験の様子を具体的に説明するために、このホワイトペーパーではベロダインが行った夜間のPAEB試験の結果を詳述しています。この試験では、現在のカメラやレーダーの技術を使用する高評価のPAEBシステムと、ベロダインのライダーセンサーVella™ソフトウエアを使用するベロダインのPAEBシステムを評価しました。こうした夜間の条件下では、カメラとレーダーによるPAEBシステムは5つのシナリオすべてにおいて衝突回避に失敗しましたが、ライダーによるシステムは試験対象のすべての状況で衝突を回避しました。

ベロダイン・ライダーの自動車プログラム担当シニアバイスプレジデントのミルチア・グラドゥーは、次のように述べています。「PAEBシステムはシステム障害がなくても、夜間の運転やスピードに関連する安全上の危険を潜在的に抱えています。センサーやソフトウエアの限界により、こうした実際の条件下では性能が不十分な場合があります。ADASとAVによる正確な状況認識は、安全のために不可欠です。」

州知事幹線道路安全協会は2021年3月に、2019年から2020年にかけて、歩行者の走行距離当たり死亡率が驚くべきことに21パーセント増加した報告しました。さらに、自動車衝突事故で平均して毎日100人の命が失われています。低照度・無照明の条件下で機能する先進運転支援システムは、何年も前から利用可能で、衝突を防止できると証明されているにもかかわらず、未だに自動車メーカーからは広く採用されることがありません。4年近く前、単なる前面衝突防止技術を搭載している車両でも、未搭載車と比べて、負傷者が出た衝突事故が64パーセント減少していました。

ベロダイン・ライダーの技術調査担当ディレクターのデビッド・ヘーレンは、次のように語っています。「暗い夜間の条件は歩行者にとって非常に危険であることから、自動車評価機関がPAEBの試験を拡大し、1ルクス未満の周囲照度条件下でも評価することが必須です。NHTSAとAAAが行った試験は、現在のPAEBシステムには夜間の性能に関して大いに改善の余地があることを示しています。ベロダインの試験は当社のライダーベースソリューションの有効性を示しており、このソリューションは車の機能的安全性能を強化し、毎年何千件も発生する歩行者死亡事故の原因となるシナリオに対応できます。」

ベロダイン・ライダーについて

ベロダイン・ライダー(Nasdaq:VLDR、VLDRW)はリアルタイム・サラウンドビュー・ライダーセンサーを発明して、自律技術の新時代をもたらしました。ライダーの世界的大手ベロダインは、画期的なライダー技術の幅広いポートフォリオで定評があります。ベロダインの革命的なセンサーおよびソフトウエア・ソリューションは柔軟性、品質、性能を提供し、自律走行車、先進運転支援システム(ADAS)、ロボット工学、無人航空機(UAV)、スマートシティー、セキュリティーなどの幅広い産業のニーズに対応しています。ベロダインは絶えず革新を追求することで、あらゆる人々のために安全なモビリティーを推進し、生活と地域社会を変革することに力を注いでいます。詳細情報については、www.velodynelidar.comをご覧ください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、1995年米国民事証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の定義による「将来見通しに関する記述」が含まれます。これには過去の事実を除くすべての記述が含まれますが、それに限定されず、ベロダインの対象市場、新製品、開発努力、競争に関する記述が含まれますが、これらに限定されません。本プレスリリースで、「推定する」、「予測される」、「期待する」、「予想する」、「予測する」、「計画する」、「意図する」、「考える」、「求める」、「かもしれない」、「するだろう」、「できる」、「すべきである」、「将来」、「提案する」といった言葉やその変化形、類似の表現(もしくはそうした言葉や表現の否定形)は、将来見通しに関する記述であることを特定するために使用されています。これらの将来見通しに関する記述は、将来の業績、状況、結果を保証するものではなく、多くの既知および未知のリスク、不確実性、仮定、その他の重要な要因を含んでおり、その多くはベロダインの管理が及ばないものであり、実際の結果または成果が将来見通しに関する記述で示されたものと大きく異なる場合があります。実際の結果または成果に影響を与え得る重要な要因として、政府によるライダーの規制や導入に関する不確実性、COVID-19パンデミックがベロダインおよびその顧客の事業に与える不確実な影響、ベロダインが成長を管理する能力、ベロダインが事業計画を実行する能力、ベロダインの顧客が製品を商品化する能力およびそれら製品の最終的な市場での受容に関する不確実性、ベロダイン製品が市場で受容される速度および程度、存在するもしくは利用可能になるかもしれないその他のライダーおよびセンサー関連の競合製品や競合サービスの成功、ベロダインの現在の訴訟やベロダインが関与する可能性のある訴訟、もしくはベロダインの知的財産権の有効性と強制力に関する不確実性、ベロダインの製品およびサービスへの需要に影響を与える一般的な経済および市場の状況などがあります。ベロダインの事業に関連するリスクと不確実性の詳細情報については、ベロダインのSECへの提出書類の「経営陣による財政状態と経営成績についての考察と分析」および「リスク要因」のセクションを参照してください。これにはフォーム10-Kの年次報告書およびフォーム10-Qの四半期報告書が含まれますが、これらに限定されません。このプレスリリースのすべての将来見通しに関する記述は、このプレスリリースの日付の時点でベロダインが入手できる情報に基づいており、ベロダインは新たな情報、将来の出来事、あるいはその他の理由にかかわらず、法律で義務付けられた場合を除き、将来見通しに関する記述を更新または改定する義務を一切負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Velodyne Investor Relations

InvestorRelations@velodyne.com

Velodyne Media

Codeword

Liv Allen

velodyne@codewordagency.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。