in

📢| SMOOREがGTNF 2021で自社ミッション「霧化でより良い生活を」について説明

※この記事は日本語専用記事となります。

中国・深セン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 電子たばこ技術ソリューションの世界的大手SMOOREは本日、世界たばこ・ニコチン・フォーラム(GTNF)2021に参加しました。基調講演では、SMOOREのシニアバイスプレジデントでFEELM(霧化技術の同社主力ブランド)事業プレジデントのフランク・ハンが、「霧化でより良い生活を」というSMOOREの使命について説明しました。


世界たばこ・ニコチン・フォーラム(GTNF)は、たばことニコチン業界の未来を議論する世界有数の年次フォーラムです。この毎年の産業会議には、世界的なたばこ企業や電子たばこブランド、科学者、公衆衛生専門家、NGO、政策立案者など、世界から主要な利害関係者が集まります。

フランク・ハンは講演の中で、「霧化でより良い生活を」というミッションに加わり、霧化エコシステムの進化を促進するよう業界のすべての関係者に呼び掛けました。そのためには政策立案者やNGOが先頭に立って制度的な革新を行い、健全な業界の発展とバランスのとれた規制を推進し、公衆衛生を向上させる戦略として電子たばこ吸引を採用しつつ若者を電子たばこ吸引から守るべきだと主張しています。また、世界のメディアは、電子たばこに対する偏りのない公開対話に、より多くの人々を巻き込むことができます。

さらに、業界の指導者たちは、より包括的な業界基準を構築するために協力する必要があります。SMOOREは業界の主要な基準設定者の1組織として、300件以上の物理試験や化学試験を含む蒸気と材料の安全基準を策定してきました。この基準はまた、PMTAのすべてのテストと50種類以上の霧化材料の安全性評価も網羅しており、業界最高水準の製品品質を保証しています。

フランク・ハンは製品のイノベーションについて、電子たばこ霧化の基礎技術は、医療といった他の分野でも有望だと述べています。SMOOREは霧化の医療分野への応用に研究開発の重点を置いており、過去3年間で霧化薬剤の研究を大きく進展させました。

「近い将来、医薬品やワクチンを霧化装置で吸入する人が増えてくるでしょう。世界がパンデミックを乗り切るための助けになるかもしれません」とフランク・ハンは語りました。

フランク・ハンによると、SMOOREのイノベーションは、世界の消費者の要求に対する洞察と、SMOOREの製品開発の第一原則である利用者体験の向上への取り組みに基づいています。この原則に基づき、SMOOREは2020年に世界初の味覚評価モデルを発表し、4つの次元と51個の指標をカバーして電子たばこの味覚を評価する科学的なシステムを確立しました。

フランク・ハンはさらに、科学的な革新が業界の進化の原動力だと指摘しています。業界の先駆者たちは、学際的な基礎研究である「霧化科学」に常に取り組み、霧化の仕組みを探求しています。

SMOOREは世界を主導する霧化技術プラットフォームとして、さまざまな経歴を持つ研究開発者を採用し、世界7カ所にグローバル研究センターを設けています。社内の研究開発資源のほか、SMOOREは、最新の科学的発見を活用して最先端の応用技術に変換するためにトップクラスの大学と提携しています。

また、業界は、知的生産システムを採用し、資源効率を高めています。例えば、SMOOREは、完全自動化されたポッド生産ラインを世界で初めて導入しました。現在では、SMOOREの1ラインで1時間当たり7200台の標準的な噴霧器を製造できます。

SMOOREは顧客との協力の下、製品開発、特に製造のすべての段階で持続可能な手法を採用し、カーボン・フットプリント削減への誓約を果たしています。

フランク・ハンは次のように語りました。「革新と持続可能性は電子たばこが登場して以来、業界全体が守り続けてきた考えです。この2つの考えは、SMOOREの企業ミッションを反映した『霧化でより良い生活を』という目標を共有しています。」

SMOOREは「霧化でより良い生活を」というミッションの下、より多様な霧化方法やより高度な技術行程を発見し、さまざまな分野のパートナーと共に包摂的な対話の仕組みを共同で推進していきます。

SMOOREについて

SMOOREは、電子たばこ機器や電子たばこ部品の製造を含む電子たばこ技術ソリューションの世界的大手であり、高度な研究開発技術、強力な製造能力、幅広い製品ポートフォリオ、多様な顧客基盤を有しています。当社は収益で世界最大の電子たばこ機器メーカーであり、世界市場全体で18.9%のシェアを占めています。

FEELMについて

FEELMは、SMOOREの高性能霧化技術ブランドです。FEELMは最先端の霧化技術の研究に重点を置き、FEELMのセラミック・コイルで駆動する高品質の霧化装置の開発および製造への専門的取り組みも行っています。「FEELM inside」のシンボルは、世界中の多くの世界的大手たばこ企業や電子たばこ企業のクローズド・システム・ポッドに表示されています。FEELMの累積販売数は、年間30億個を超えています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。 

Contacts

Frankie Chen

frankie.chen@smoorecig.com
(+86)13530848319


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。