in

📢| JSSI、トレバー・メルセイをAPAC事業開発担当副社長に任命

※この記事は日本語専用記事となります。

シカゴ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ビジネス航空業界に保守サポートと金融サービスを提供する大手独立系企業のジェット・サポート・サービシズ(JSSI)は、トレバー・メルセイをアジア太平洋(APAC)の事業開発担当副社長に任命しました。


メルセイは、ビジネスジェット機の海外販売、マーケティング、企業経営に関する14年以上の経験で貢献します。タイを拠点とするメルセイの役割は、Conklin & de Decker、JSSIアドバイザリー・サービス、JSSIパーツ&リース、SierraTrax保守追跡ソフトウエアなど、当地域での当社の主要製品の認知度向上が中心となります。

JSSIのEMEA・APAC事業開発担当上席副社長のマーク・ウィンザーは、次のように述べています。「JSSIが航空機オーナーおよび運航企業へのサービス・スイートを継続して拡大する中で、メルセイをAPACのチームに迎えられて大変うれしく思います。その指導力と深い市場知識は、Covid後の時代に大きな価値を発揮し、この分野への新規参入者だけでなく、地域内の既存顧客のサポートにも貢献するでしょう。」

メルセイは、次のように述べています。「JSSIがこの地域のお客さまをサポートすべく、革新的な製品・サービスで航空機の所有経験を継続して豊かにする中で、JSSIに入社できることを誇りに思います。航空機のライフサイクルの全段階でのオーナーや運航企業のサポートには、多くの心躍る機会が待ち受けていると考えます。」

優秀なスノーボード選手から連続ドラマの俳優までのユニークな職歴を持つメルセイは、直近ではバンコクのジェット機チャーター企業のオリエントスカイズの最高経営責任者(CEO)を務め、同社では世界初の中古ガルフストリームG650や、タイ初の個人所有のボーイング・ビジネス・ジェットなど、注目すべき購入を監督しました。

以上

ジェット・サポート・サービシズについて

30年以上にわたり、ジェット・サポート・サービシズ(JSSI)は、主要独立系企業としてビジネス航空業界に保守サポートと金融サービスを提供してきました。JSSIは、世界で2000機以上のビジネスジェット機、リージョナルジェット機、ヘリコプターの保守を担当し、認定技術アドバイザーのインフラを通じてお客さまにサービスを提供しています。JSSIは、この技術知識、経験、購買力、データを活用して、取得から解体・分解までの航空機のライフサイクルの全段階でサポートを提供しています。

詳細情報については、jetsupport.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Chiara Lawrance / Ali Gibson / Jane Lindsay

8020 Communications

+44 (0) 1483 447380

JSSI@8020comms.com

Tom Morton

JSSI

+1 312.644.8779

tmorton@jetsupport.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。