in

📢| GMOが幹部採用を発表、エイミー・シャンが入社してグレーターチャイナ事業を率いる

※この記事は日本語専用記事となります。

ボストン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — グローバル資産運用会社のグランサム・マヨ・バン・オッタールー(GMO)は、エイミー・シャンがGMOのアジア太平洋クライアント・リレーションズ・チームに加わり、グレーターチャイナにおける事業展開を統括することを発表します。

アジア太平洋クライアント・リレーションズ責任者のゼーン・バーンスタインは、次のように述べています。「GMOのアジア事業の構築とアジア市場でのGMOのソリューションと戦略の提供の強化を進める中で、シャンを迎えることができ、大変うれしく思います。中国内外の事業体やグレーターチャイナの公的機関での勤務経験があり、また保険会社やファミリーオフィスをクライアントとして仕事をしていたシャンは、当社の将来的な成長に向けて、当社チームの強みを補完し、さらに強化することになります。業界での豊富な経験と優れた才能を有するシャンの採用は、当社の当地域への継続的な取り組みを明確に表しています。」

シャンは、次のように述べています。「このタイミングで世界クラスの資産運用会社であるGMOに加わり、アジア、特にグレーターチャイナにおける基盤の拡大に努めることを大変うれしく思います。GMOのテーマに基づく株式および債務戦略、さらに優れたマルチアセット・ソリューションにおいて、既存および将来のパートナーと連携していくことを楽しみにしています。」

GMOに加わる前には、シャンはアジアでディメンショナル・ファンド・アドバイザーズの幹部を歴任しており、直近ではグレーターチャイナのリージョナル・ディレクターを務めていました。シャンは北京大学およびシンガポール国立大学の卒業生であり、GMOのシンガポール・オフィスに勤務します。

過去数年間、GMOは当社の主力商品であるグローバルなクオリティおよび気候変動戦略をアジア市場で提供することを目的に、アジアの主要な金融機関と重要な提携関係を締結してきました。

GMOについて

GMOは、米国ボストンに本社を持ち、バリュエーション手法を用いた長期投資を投資哲学とした、独立系のグローバル運用会社です。40年以上に渡り、年金基金、財団、ファミリーオフィス、ウェルスマネジメント、コンサルタント等を力強くサポートしてきました。詳細につきましては、ホームページwww.gmo.comをご確認下さい。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media

Tucker Hewes

Hewes Communications, Inc.

212-207-9451

tucker@hewescomm.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。