in

📢| CSCグローバル・フィナンシャル・マーケッツがUCITSの新しい免許と共にオランダでの預託サービスの幅を広げ、オルタナティブ・ファンド免許を拡大

※この記事は日本語専用記事となります。

米デラウェア州ウィルミントン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ビジネス、法務、税務、デジタル・ブランドのサービスの提供で世界をリードするCSCは、オランダ金融市場庁(AFM)から追加の預託事業免許を取得しました。不動産およびインフラ・ファンドの預託事業免許を取得した最初のノンバンク預託機関の1つとなった後に、CSCは現在、譲渡可能証券の集団投資事業(UCITS)ファンドを含むように免許を拡大しました。さらに、CSCのオルタナティブ・ファンド免許は、金融商品、プライベート・エクイティ、プライベート・デット、海運の資産クラスを含むように拡大されました。

オランダのCSCグローバル・フィナンシャル・マーケッツの預託サービス責任者のマシャ・ハーツキールは、次のように述べています。「当社の預託サービスが、オランダで広範な投資戦略リストをカバーするようになったことをうれしく思います。UCITSファンド免許の追加は、オランダでのCSCの歴史における主要な節目です。市場の反応は非常に肯定的であり、私たちはすでに、最初のUCITSファンド・マネジャーのオンボーディングを行っています。これらの新しい免許により、当社はさらに幅広いファンド・マネジャーにサービスを提供し、既存のお客さまに提供するものと同じ高水準のサービスと専門知識をご案内することができます。」

これらの拡大により、オランダでの当社の能力が強化され、世界の主要な金融センターで複数法域のオルタナティブ投資、資本市場、コーポレート・ソリューションを包括的に提供するCSCの長期戦略が前進します。

預託サービスの欧州責任者のポール・ウィーランは、次のように述べています。「この拡大されたサービスは、当社の欧州全体での既存の預託サービスを基盤とし、グローバルなお客さまにさらに幅広く、大規模なサービスをもたらします。120年の歴史を持つ米国の非公開企業として、当社は業界で匹敵するものがほとんどない水準のサービスと経験をお客さまに提供します。」

CSCについて

CSCは、さまざまなファンド戦略を扱うオルタナティブアセットマネジャー、公開市場および個人取引の両方における資本市場参加者、信託やガバナンスのサポートを必要とする企業を対象に専門的管理サービスを提供する一流企業です。フォーチュン500企業の90%、1万近くの法律事務所、3000以上の金融機関からパートナーとして揺るぎない信頼を得ています。CSCのグローバル・フィナンシャル・マーケッツの専門職従業員は、米国、欧州、アジア太平洋地域の主要金融センターで勤務しています。顧客の場所を問わず取引を行うことができる世界的企業であり、それを実現するためにサービス対象のあらゆるビジネス分野における専門家を配置しています。CSCのサービスの詳細情報については、cscgfm.comをご覧ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20211202005023/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Jeff Lyons

Public Relations Manager, CSC

(302) 636-5401 x65519

jeff.lyons@cscglobal.com
CSC News Room

 


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。