in

📢| イートン、商用トラックメーカーが中国の次期排出ガス規制に対応する上で役立つ可変バルブアクチュエーション技術を投入

※この記事は日本語専用記事となります。

米ミシガン州ゲールズバーグ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — パワー・マネジメント企業のイートンは本日、当社の車両グループが商用車メーカーによる中国での次期排出ガス規制への対応を支援するため、可変バルブアクチュエーション(VVA)技術の完全なポートフォリオを投入したと発表しました。この規制は、現在の基準よりも大幅に厳しくなる見込みです。


イートン車両グループの商用車バルブトレイン担当プロダクトディレクターであるファビアーノ・コンタリンは、次のように述べています。「中国市場向けに車両を製造する自動車メーカーは、今後の排出ガス規制を達成するための方法を研究しています。イートンは、欧州と米国の自動車ーカーやトラックメーカーが排出ガス低減技術を開発できるよう支援してきた豊富な経験を持っているため、この活動を支援するにふさわしいパートナーです。」

イートンのVVAソリューションは、2つの構成要素、すなわち1) 切り替え可能なカプセルを備えたロッカー、2) 完全休止のためのスプリットロッカーに基づいています。この2つの構成要素を組み合わせることで、ほぼすべてのエンジンアーキテクチャー(シングルオーバーヘッドカム、デュアルオーバーヘッドカム、さらにはカムインブロックエンジン)と、2.0リットルから15.0リットルまでのエンジン排気量の範囲で、幾つかのVVA戦略を利用することができます。

CO2とNOxを同時に削減する車両グループのCDA技術

気筒休止(CDA)は、エンジンの低負荷運転時に一部の気筒で吸排気バルブの開口と燃料噴射を停止させるVVA技術の1つです。これにより、排気ガスの温度が上昇し、窒素酸化物(NOx)の後処理において低負荷時の効率を維持し、二酸化炭素(CO2)の排出量を減少させることができます。

CDAは、清掃車や配送車など、頻繁に停車する商用車に最適なソリューションです。CDAは、NOxとCO2の両方を同時に削減するため、CO2の増加という犠牲によってNOxを削減する他の技術よりも効率的です。CDAは、NOxを40%以上、CO2を5〜8%削減することができます。

吸気バルブ遅閉じ技術で排出量を低減

イートンは、吸気バルブ遅閉じ(LIVC)技術も提供しています。LIVCは、吸気バルブの閉弁を遅らせることで、実効圧縮比を膨張比よりも低くします。LIVCはエンジンの熱効率を高めることで、燃費を向上させ、CO2排出量を削減します。吸気行程を短くしてエンジンを通過する空気流量を減らすことで、排気温度が40℃上昇し、後処理の熱管理に貢献します。全体として、LIVCはCO2を1%〜2%削減することができ、高速道路輸送トラックなどの用途で最も効果を発揮します。

イートンのミッションは、パワー・マネジメント技術とサービスを使用して生活の質と環境を改善することです。当社は、顧客による電気・油圧・機械式動力の効果的な管理を支援できる安全で効率的で信頼性のある持続可能なソリューションを提供しています。イートンの2020年の売上高は179億ドルで、175カ国を超えるお客さまに製品を販売しています。従業員数は約8万5000人です。詳細情報については、www.eaton.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Thomas Nellenbach

thomasjnellenbach@eaton.com
(216) 333-2876 (cell)

 


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。