in

📢| 台湾医療科技展、ヘルスケアにおけるデジタル・トランスフォーメーションのエコシステムを構築

※この記事は日本語専用記事となります。

見本市は、Covid-19にもかかわらず出展者数が800に達し、全体としてヘルスケアエコシステムが先進医療とデジタル・ヘルス技術によって成長していることを実証

台湾・台北–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — APAC地域最大級の見本市の台湾医療科技展が、12月2日~5日に台北で開催されます。本見本市は、AI、クラウドベースのアプリケーション、フラットパネル、IoT、メタバースを構成する技術における台湾の強みを展示するもので、世界的なパンデミックを背景とするヘルスケアにおけるデジタル・トランスフォーメーションの趨勢を反映しています。


本見本市では、エイサー、Asus、AUO、台達電子、群創光電、クアンタ、ウィストロンといった花形企業が総出で、ヘルスケア分野のデジタル・トランスフォーメーションに合わせた技術やソリューションを披露します。また3M、イルミナ、インテル、マイクロソフト、ロシュ、シーメンス/バリアン、スーパーマイクロを含む多国籍企業が、付加価値が高く、ソリューション指向のサービスの開発で大きな可能性を持つ深い協業の促進を追求します。多数の出展者には台湾の著名な医療センターや病院も含まれ、その多くはASEAN諸国に幅広いネットワークを持ち、提携の機会を提供しています。前述の技術企業とヘルスケア・セクターは、ワークフローの自動化/最適化、医療機器やAI支援診断技術の開発に長く携わり、それぞれの成果が今回の見本市に展示されています。

本見本市は、ヘルスケアエコシステムにおけるデジタル・トランスフォーメーションの確立を推し進めるため、グローバルな戦略とパートナーシップの形成、ソフトウエアとハードウエアの統合加速、台湾がリードする先端のデジタル・ヘルス技術を使用したニッチ製品の開発に関して、台湾の最も優れた2つの分野である医療と半導体との連携に成功しました。半導体、ヘルスケア・ソリューション、先端医療技術の各業界団体を含む海外の専門機関も、台湾の産業界と話し合いを持つ確実な機会を求めて参加しています。

期間4日間の見本市は、リアルの展示会に加え、医薬品、ライフサイエンス、ヘルステックの各分野の企業と研究機関をつなぐオンラインのネットワーキング/マッチング・プラットフォームであるHealthcare+ B2Bを11月1日にスタートさせています。本プラットフォームには、世界各国から30の業界団体が参加し、スタート以来、何百件というB2B機会、会社概要、製品が掲載されています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media
Healthcare+ Expo Taiwan
Silvia Fan

INSTITUTE FOR BIOTECHNOLOGY AND MEDICINE INDUSTRY

silvia@rbmp.org.tw
+886 2 2655 7888 ext.649

 


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。