in

📢| メアリー・ケイとメアリー・ケイ・アッシュ財団が2021年末のハイライトをたたえる

※この記事は日本語専用記事となります。

ダラス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界的な起業家精神開発企業で企業社会的責任と持続可能性の主唱者であるメアリー・ケイは本日、年末のハイライトを発表しました。2021年もメアリー・ケイは、世界の女性の生活を豊かにするための数十年にわたる努力を継続し、健全で持続可能性の高いコミュニティーの構築に努めました。


メアリー・ケイの2021年の成果の詳細については、こちらの報告書をご覧ください。

2021年末のハイライト

事業の卓越性

  • メアリー・ケイは2021年に、58個の賞と評価の名誉を受けました。これには、COVID対応(22個の賞)、社会的インパクト/年次報告書でのパートナーからの評価(4件)、メアリー・ケイ経営陣のリーダーシップに対する評価(7件)、事業の卓越性(10件)、賞を受賞したドキュメンタリー(4個の賞、5回の上映選出)が含まれます。さらに、メアリー・ケイやその象徴的な創立者であるメアリー・ケイ・アッシュは、2つのハーバード・ビジネス・ケース・スタディ、3つの教科書、1つの研究論文で取り上げられました。
  • ウェンディ・ワンをアジア太平洋地域社長に任命したことを発表しました。メアリー・ケイの世界の経営陣の54%が女性です。
  • メアリー・ケイの市場が記念となる年を祝いました。メアリー・ケイ・リトアニアが10周年、メアリー・ケイ・ドイツが35周年を迎えました。
  • フォーブスにより、2021年の米国で最高の中規模雇用主の1つに選ばれました。

メアリー・ケイ・グローバル・デザイン・スタジオとデジタル・イノベーションが顧客体験を向上

  • メアリー・ケイ・グローバル・デザイン・スタジオとグラムハイブが、スタイルに基づく初の世界的なティックトック・リアリティー・ショー「ステップ&リピート」を発表しました。このコンテストでは、世界中のティックトック・ユーザーのワードローブ、メイクアップ、ヘアの才能が紹介されました。30カ国以上から参加者が才能を披露し、この画期的なキャンペーンは、UKデイリー・メール、デイリー・フロント・ロー、ヴォーグ・ビジネスで取り上げられ、比較的新しいソーシャルメディア・プラットフォームを使用する革新的なアプローチが強調されました。
  • 仮想現実を使用して当社初の仮想ポップアップ・ショールームをデジタル化する美容体験であるSuite13が開始されました。拡張現実メイクのためのMary Kay MirrorMe™と、カスタマイズされたスキンケア習慣のために顔をスキャンするMary Kay® Skin Analyzerアプリが公開されました。
  • グローバル・ビューティー・アンバサダーのルイス・カスコとの提携25周年を祝いました。

美の後ろにある科学

  • メアリー・ケイClinical Solutions™レチノール0.5とメアリー・ケイClinical Solutions™ カーム + リストア・フェイシャル・ミルクで構成され、皮膚科医評議会の認証を受けたClinical Solutions™スキンケアが発売されました。
  • メアリー・ケイの製品処方担当取締役のミシェル・ハインズ博士(Ph.D.)が、化粧品化学者協会(SCC)の次期会長として発表されました。
  • 研究皮膚科学会(SID)との協働の下、皮膚健康・皮膚病助成金を発表しました。この助成金は、新しい視点と介入戦略を見出すために、皮膚の健康と皮膚病に関する画期的かつ革新的な研究を行っている研究者に授与されます。
  • 複数の科学教育助成金の受給者を発表しました。その1つとして、化学、物理学、医学、薬学、生物学、または関連する科学技術の学部または大学院の学位を取得しようとする十分に代表されていない少数派の学生を支援する化粧品化学者協会およびメアリー・ケイ – マダムC・J・ウォーカー奨学金が挙げられます。また、現在革新的な研究に取り組んでいる若い女性5人に、Girls in STEAM助成金を提供しました。2021年の受給者は、マイラナ・ブロドブスカ(ウクライナ)、セリン・アララ・オルネック(トルコ)、ジョーダン・リーブス(米国)、イバナ・エルナンデス(コロンビア)、アリー・ウェバー(米国)でした。 
  • 複数のバーチャル科学会議で、研究を公開しました。具体的には、高濃度のピュアレチノールに対する忍容性を大幅に向上させながらレチノールが持つ肌への主な利点を届ける漸進的レチノール反応プロセスに関する研究を発表しました。アジア人の色素沈着過剰を改善するピュアレチノールの局所使用に関する研究結果を発表しました。また、皮膚バリア機能に関連する調節機構は、敏感肌に関係する2つの一般的な懸念を効果的に軽減します。

社会的インパクト/CSR

  • 2021年に、メアリー・ケイの世界的なPink Changing LivesSMコーズ・エンパワメント・プログラムは、世界の15組織を超えるNGOをサポートしました。2008年以来、このプログラムは1600万ドル以上を寄付し、3000以上の組織と協力しながら、600万人以上の女性とその家族に影響を与えてきました。
  • メアリー・ケイ中国:中国の河南省は、大規模な洪水に見舞われました。この洪水により、33人以上が死亡し、8人が行方不明になり、20万人が避難し、300万人が影響を受けました。直接的な経済損失は、約12億2000万元に上りました。メアリー・ケイ中国は、100万元相当の製品を河南省慈善連盟に寄付しました。
  • メアリー・ケイ・ドイツ:欧州の洪水がドイツ、オーストリア、ベルギー、オランダに影響を及ぼし、北ヨーロッパで最も破壊的な自然災害に位置付けられました。メアリー・ケイ・ドイツは、被災者を支援するために最大10万ユーロを約束しました。
  • メアリー・ケイ・スペイン:2020-2021年にFundación Vicente Ferrerと提携し、インドの子どもたちとその家族に医療へのアクセスを提供しました。COVID-19パンデミック以前(2018年)には、メアリー・ケイ・スペインは、インドのカディリ(アナンタプール)地方にあるパガダラバリパリ村の子どもたちのための学校建設に資金を提供しました。

女性のエンパワメント

  • 欧州委員会の「ジェンダー平等戦略2020-2025」を歓迎するポジション・ペーパーを発表し、パリの平等を目指す全ての世代フォーラムと、2026年までにジェンダー平等を加速するための5つのグローバル・アクション・コアリションに参加することにより、ジェンダー格差解消を推進する取組みを発表しました。
  • UNウィメン、ILO、WEエンパワーと協働して、女性の地位委員会(CSW65)で、「COVID-19の対応および回復における女性起業家への支援強化」を再発表しました。
  • メアリー・ケイとメアリー・ケイ・アッシュ財団は、女性の地位委員会(CSW65)と人権理事会に向けた国連女性に対する暴力撤廃信託基金の活動に関する「ジェンダー平等と女性のエンパワメントのための国連機関報告書」で、評価されました。

多様性・公平性・包摂性(DEI)

  • 米国の取締役以上の従業員の100%が、無意識の偏見に関する必須訓練を完了したことを発表しました。
  • 職場のジェンダー多様性データを発表しました。メアリー・ケイの世界の経営陣の54%が女性、メアリー・ケイの世界の従業員の61%が女性、グローバル・バイスプレジデント以上の54%が女性、取締役以上の59%が女性です。
  • グローバル・パートナーであるEqual Rights Trustと協働し、メアリー・ケイが提示した、アルゴリズム・システムの平等とジェンダーへの影響に対処することを目的としたアルゴリズムおよび人工知能におけるジェンダー不平等に関する革新的な研究の開始を発表しました

持続可能性

  • メアリー・ケイは、1991年からザ・ネイチャー・コンサーバンシーと提携しています。2021年には、メアリー・ケイはソロモン諸島、オーストラリア北部、ニュージーランド、中国農村部、メキシコ、米国、カナダで7つのプロジェクトをサポートしました。

メアリー・ケイについて

ガラスの天井を打ち破った女性の先駆者の一人として知られるメアリー・ケイ・アッシュは、60年近く前に次の3つの目標を掲げて自ら化粧品会社を起業しました。その目標とは、女性にやりがいのある機会を作ること、魅力的な製品を提供すること、世界をより良い場所にすることです。彼女の夢は、約40カ国に数百万人の独立したセールス担当者を擁する数十億ドル規模の会社へと発展しました。メアリー・ケイは、美容の背後にある科学への投資と、最先端のスキンケア、カラー化粧品、フレグランスの製造に注力しています。当社は世界中の機関との提携により女性とその家族のエンパワメントを実現し、がん研究を重点的に支援し、家庭内虐待の被害者を保護し、私たちの社会を美化し、子供たちが夢を追求するよう奨励する取り組みを行っています。メアリー・ケイ・アッシュが抱いていたビジョンは、口紅を1本売るごとに、さらに輝きを増しています。詳細については、MaryKay.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Mary Kay Inc.

Global Communications

newsroom.marykay.com
+1 972.687.5332

media@mkcorp.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。