in

📢| メガポートがメキシコへの拡大により、サービスとしてのネットワーク(NaaS)と有力クラウドサービスへのダイレクトアクセスをキオ・ネットワークスに提供と発表

※この記事は日本語専用記事となります。

メガポートのNaaSプラットフォームはメキシコを拠点とする企業や世界の多国籍企業のために高速かつ容易でセキュアなクラウド接続を実現

豪ブリスベーン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — サービスとしてのネットワーク(NaaS)ソリューションで世界的大手のメガポート(ASX: MP1)は本日、当社がメキシコ最大のデータセンター企業であるキオ・ネットワークスと提携し、同国にサービスを拡大する計画であると発表しました。マイクロソフト・アジュールやグーグル・クラウドへのクラウド接続サービスは2022年3月、当局の承認を得た後、メキシコ市とケレタロにあるキオ・ネットワークスのデータセンターからオンランプ経由で現地企業に提供開始される見込みです。

メキシコにおけるキオ・ネットワークスの顧客は、メガポートの有力なエコシステムを利用できるようになります。このエコシステムは、世界700カ所以上のクラウド対応データセンターや360社以上のサービスプロバイダーで構成され、その中にはAWS、グーグル・クラウド、マイクロソフト・アジュール、IBMクラウド、オラクル・クラウドなど、世界の大手クラウドによる230カ所以上のクラウド・オン・ランプも含まれています。メキシコの事業者は、世界的レベルでクラウドやITのサービスにシームレスかつ直接的に接続でき、複雑なネットワークインフラを管理する必要がありません。

IDCによれば、メキシコはクラウドの採用に関して中南米第2の規模の市場です。報告書「2021年IDC中南米IT投資動向」では、この地域の組織の39%がクラウドへの投資を計画しています。メキシコでは、マイクロソフト、AWS、オラクル・クラウドがすべて、新しいクラウドリージョンに関する計画を昨年に発表しています。また、451リサーチによる2021年8月の報告書によれば、メキシコは中南米第2の大きなデータセンター市場であり、マルチテナントのデータセンター市場が2025年まで年平均成長率22パーセントで伸びると見込まれています。

キオ・ネットワークスはメキシコ、グアテマラ、パナマ、ドミニカ共和国、スペインに40カ所の最先端データセンターを持つほか、メキシコに11カ所のエッジ施設を持っています。同社の稼働設備容量は20メガワットを超えています。

メガポートとキオ・ネットワークスとの提携は、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドのアーキテクチャーの採用を拡大しながら多様なサービスプロバイダーや直接クラウドへのアクセス拡大を求めるメキシコ現地の企業にとって、大きな価値があります。またIT分野で世界的な展開規模を持つ企業も、メキシコにおけるキオ・ネットワークスのデータセンターでのメガポートのプレゼンスを生かし、パブリッククラウドや他のサービスにオンデマンドで接続できるようになります。ITバックボーン容量のプロビジョニングをメガポートのプライベートなソフトウエアディファインドネットワークを介してサービスリージョン間、クラウドリージョン間、データセンター間でほぼリアルタイムで行える能力により、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドの能力拡大を世界規模で加速し、データ増加や基幹業務アプリケーションのローカライゼーションに対応できます。

キオ・ネットワークスのSantiago Suinagaマネジングディレクターは、次のように語っています。「キオ・ネットワークスは、メガポートの世界規模の有力なNaaSプラットフォームを当社の顧客に提供できることに感激しています。このプラットフォームは、当社の顧客がメキシコの当社データセンター内部にあるハイブリッドクラウド環境やマルチクラウド環境を利用するクラウドサービスに迅速かつ容易に各社の事業を接続するための手立てとなります。当社は、今回の提携により、当社顧客によるデジタル変革イニシアチブの成功に必要な俊敏性、柔軟性、拡張性を提供できるものと考えています。」

メガポートのビンセント・イングリッシュ最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「メキシコは中南米で有力なクラウド市場の1つであることが実証されており、過去数年間にわたり急速に伸びています。メガポートはキオ・ネットワークスとの提携で当社サービスをメキシコで開始できることに大変感激しています。メキシコでのサービスは、当社の既存顧客がメガポートと共に成長する機会となり、またメガポートがメキシコの事業者にサービスを提供するための新しい機会を生み出します。当社は、キオ・ネットワークスや当社のクラウドパートナー各社と協力することで、メキシコにおけるクラウドベースサービスの需要拡大に応えることができるものと期待しています。」

キオ・ネットワークスについて

キオ・ネットワークスは中南米で最も革新的な情報技術企業の1社であり、基幹業務向け情報技術インフラサービスを広範に提供しています。当社は当地域で最高のセキュリティー、可用性、密度を備えた最先端データセンター40カ所を運営しており、メキシコ、パナマ、グアテマラ、ドミニカ共和国、スペインで事業展開しています。詳細については、www.kionetworks.comをご覧ください。

メガポートについて

メガポートは、サービスとしてのネットワーク(NaaS)ソリューションの大手プロバイダーです。当社のグローバルなソフトウェア定義ネットワーク(SDN)は、使いやすいポータルや当社のオープンAPIを介して、企業が迅速にネットワークをサービスに接続するために役立ちます。メガポートは、従来のネットワーク・ソリューションと比較して、運用コストを削減し、市場投入までの時間を短縮するアジャイルなネットワーク能力を提供します。メガポートは、AWS、Microsoft Azure、Google Cloudを含む世界トップレベルのクラウドサービス・プロバイダーや、世界最大規模のデータセンター事業者、システム・インテグレーター、マネージドサービス・プロバイダーと提携しています。メガポートは、ISO/IEC 27001認証を受けた企業です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Eric Troyer, Chief Marketing Officer, Megaport

Phone: +61 7 3088 7400

media@megaport.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。