in

📢| MPEG LAがATSC 3.0のワンストップライセンスを提供

※この記事は日本語専用記事となります。

ATSC 3.0 規格のライセンスには世界13組織の必須特許が含まれる

デンバー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — MPEG LAは本日、ATSC 3.0特許ポートフォリオライセンス(「ATSC 3.0ライセンス」または「ライセンス」)を提供することで、高度テレビジョンシステム委員会(ATSC)が開発した次世代放送規格に不可欠な特許にワンストップでアクセスできるようになったと発表しました。ATSC 3.0は、既に韓国と多くの米国テレビ市場で提供されており、オーディオ/ビデオ品質の向上、ビデオ圧縮効率の向上、固定デジタルテレビやコンバーターボックスさらにはモバイル機器で受信できる安定した伝送、アクセシビリティー・個別化・双方向性の強化、高度な緊急通報サービス機能によって、テレビの視聴体験を向上させます。

MPEG LAの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるラリー・ホーンは、次のように述べています。「MPEG LAは、ATSC1.0規格とATSC1.0で使用されているMPEG-2ビデオ圧縮規格のライセンスを皮切りに、放送業界の次世代地上波放送システムを支える役割を担い続けることを誇りに思います。MPEG LAは単一のライセンスで多くの異なる組織が所有する必要な知的財産権へアクセスできるよう、取引の効率性と予測可能性を求める市場ニーズに応えるという、豊かで信頼できる伝統を持っていますが、当社のATSC 3.0ライセンスはATSC 3.0実装者にとっての利便性とATSC 3.0が市場にもたらす可能性を備えており、当社のこうした伝統を継承するものです。私たちは、世界中の有力なATSC 3.0開発者がこの取り組みに参加することを特に誇りに思います。」

MPEG LAのATSC 3.0ライセンスの当初の特許権者は、ケーブルテレビジョン・ラボラトリーズ、Cerinet USA Inc、カナダ革新・科学・経済開発省の一部門である通信研究センター(CRC)、ドルビーラボラトリーズ・ライセンシング・コーポレーション、フラウンホーファー研究機構、コーニンクレッカKPN、コーニンクレッカ・フィリップス、NEC、日本放送協会、ONE Media, LLC、パナソニック株式会社、Shanghai National Engineering Research Center of Digital Television Co, Ltd.(NERC-DTV、上海数字電視国家工程研究中心)、Sun Patent Trustです。

ATSC 3.0特許ポートフォリオライセンスとライセンス条項の概要は、こちらで入手可能です。

MPEG LAの目標は、可能な限り多くのATSC 3.0の必須特許を世界規模で誰もが1つのライセンスによる同じ条件で利用できるようにすることです。従ってMPEG LAは、ATSC 3.0に必須の特許をを所有すると考えるすべての関係者が必須性の評価を受けるために特許を提出することを歓迎します。MPEG LAの特許専門家が必須かどうかについて評価し、必須と判断されればライセンスに含められます。ATSC 3.0特許の保有者で関心のある方は、こちらから特許提出についての条件と手順書のコピーをご請求いただけます。

MPEG LAについて

MPEG LAは、規格とその他の技術プラットフォームのライセンスをワンストップで提供する世界的大手です。1990年代より、現代の特許プールを先駆的に形成し、史上最高の普及度を誇る消費者向け電子機器の規格を生み出す上で貢献してきました。そして、その他の画期的技術へのアクセスを拡大しています。MPEG LAは、さまざまな技術を対象に2万5000件以上の特許から構成されたライセンシングプログラムを94カ国で運営してきました。特許保有者は270、ライセンシーは約7300あります。ユーザーが選択した技術の導入支援に当たるMPEG LAは、基本的な知的財産へのアクセスと運用の自由を提供し、訴訟のリスクを低減し、事業計画のプロセスに予測可能性をもたらしています。詳しい情報については、www.mpegla.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Tom O’Reilly

MPEG LA, LLC

Tel: 303.200.1710

toreilly@mpegla.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。