in

📢| メアリー・ケイが欧州のパートナーと連携し、在来牡蠣再生プロジェクトを支援

※この記事は日本語専用記事となります。

ダラス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 牡蠣礁は、一連の生態系サービスを通じて人間や環境に恩恵をもたらしています。1つの牡蠣は1日に最大240リットルの水をろ過できるため、牡蠣は水質と透明度を向上させ、魚類や無脊椎動物からなる多様でユニークな海洋生物種を支えることができます。しかし、牡蠣礁は世界で最も危機に瀕した海洋生息地でもあり、世界全体で85%が失われていると推定されています。


世界絶滅危惧種の日と国際生物多様性の日を記念して、企業の持続可能性における世界的リーダーであるメアリー・ケイは、ザ・ネイチャー・コンサーバンシー(TNC)と欧州のパートナーとの協力により、英国と欧州大陸における在来牡蠣再生プロジェクトを支援することを発表しました。

TNCは、政府機関、科学者、NGO、牡蠣養殖業者、民間企業で構成される欧州のネットワーク、在来牡蠣再生同盟(NORA)の発足を支援しました。これらのチームは、欧州原産の平牡蠣の生息地を再生し、それにより、そこに依存する生物多様性を支えて水質の改善につなげられるよう共同で取り組んでいます。

TNCのグローバル・リーフ・プログラムで、牡蠣礁の保全を主導しているエリザベス・マクラウド博士は次のように述べています。「牡蠣礁への投資は、自然システムの保全のために私たちができる最良の投資の1つです。健康な牡蠣の個体群は、きれいな水を確保し、沿岸地域とそこに住む人々を気候変動の影響から保護します。メアリー・ケイのような資金提供者の支援により、TNCはこれらの重要なシステムを長期にわたって回復させ、保護することができます。」

メアリー・ケイとTNCおよびNORAネットワークとのパートナーシップは、欧州で生物多様性と海洋資源を保護するプロジェクトを支援します。例としては以下のようなものがあります。

  • 英国の牡蠣再生サイト

    • ブラックウォーター、クラウチ、ローチ、コルン河口の海洋保護区(MCZ):この284平方キロメートルの海洋保護区は、在来牡蠣と在来牡蠣床のために2013年に指定されました。面積では、欧州最大の再生プロジェクトです。
    • ソレント(ワイト島と英国本土を隔てる海峡):ローマ時代から牡蠣の収穫が行われてきました。1972年から2006年まで、欧州最大の牡蠣漁場だったものの、乱獲、病気、捕食によりそれが崩壊し、2013年に閉鎖されました。それ以来、漁師はごく限られた時間しかアクセスできなくなっています。
  • 欧州大陸での牡蠣の再生

    • ドイツ北海:この地域は、在来種の欧州牡蠣が歴史的に広く生息していた欧州の典型的な地域ですが、20世紀半ば以降、機能的に絶滅したと分類されています。生きた個体が見つかることはまれで、IUCNのレッドリストで絶滅危惧種に指定されています。このプロジェクトでは、この地域の牡蠣資源を長期的に再生させるための沖合での方法を開発・検証しています。

メアリー・ケイ最高執行責任者(COO)のデボラ・ギビンズは、次のように述べています。「メアリー・ケイは、重要な海洋生物多様性を回復させるため、欧州原産の牡蠣の再生を支援するザ・ネイチャー・コンサーバンシーの活動を支援できることを誇りに思います。ザ・ネイチャー・コンサーバンシーは、4大陸で牡蠣礁の再生に携わってきた豊富な経験を有しているため、欧州海域の希少で危機的な生息地を再生する取り組みに、私たちは信頼を寄せています。メアリー・ケイは、地球をより良い状態に保つことに努力しており、大小さまざまな生物を保護することも、その取り組みの一種です。」

メアリー・ケイが持続可能性の分野で約束した取り組みの詳細については、marykayglobal.com/sustainabilityにアクセスして、メアリー・ケイの世界的な持続可能性戦略「持続可能な明日に向けた今日の生活の充実化」をダウンロードしてください。

ザ・ネイチャー・コンサーバンシーについて

ザ・ネイチャー・コンサーバンシーは、あらゆる生命が依存する土地や水域の保全に取り組む世界的な自然保護団体です。科学に導かれ、私たちは自然と人々が共に繁栄できるよう、この世界で最も困難な課題について革新的で地に足の着いた解決策を生み出します。気候変動や土地・水・海洋の保全にかつてない規模で取り組み、食料と水を持続可能な形で提供し、より持続可能な都市の創造を支援しています。私たちは79カ国・地域で活動し、地域社会や政府、民間セクターその他のパートナーと連携したアプローチを採用しています。詳細はwww.nature.orgをご覧いただくか、ツイッターで@nature_pressをフォローしてください。

メアリー・ケイについて

ガラスの天井を打ち破った女性の先駆者の一人として知られるメアリー・ケイ・アッシュは、1963年に1つの目標を掲げて自らの夢である化粧品会社を起業しました。その目標とは、女性の人生を豊かにすることです。彼女の夢は、約40カ国に数百万人の独立したセールス担当者を擁する数十億ドル規模の会社へと発展しました。起業家精神を開発する企業としてメアリー・ケイが力を入れている活動は、教育、メンターシップ、唱道活動、ネットワーキング、イノベーションを通じた女性の道程の支援です。メアリー・ケイは、美容の背後にある科学への投資と、最先端のスキンケア、カラー化粧品、栄養補助食品、フレグランスの製造に注力しています。当社は、持続可能な未来のために今の生活を豊かにし、卓越した事業運営の促進に努力する世界の組織と提携し、がん研究を支援し、ジェンダー平等を推進し、家庭内虐待の被害者を保護し、地域社会を美化し、子供たちが夢を追求するよう奨励することに、信念を持って取り組んでいます。詳細については、marykayglobal.com,、フェイスブックインスタグラムリンクトインをご覧ください。ツイッターでのフォローもお願いします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Mary Kay Inc. Corporate Communications

marykay.com/newsroom

972.687.5332 or media@mkcorp.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。