in

📢| プーマ:マドリードでサッカーとモータースポーツが出会う – ヤン・オブラク選手とカルロス・サインツ選手が互いのスポーツへの情熱を語る

※この記事は日本語専用記事となります。

独ヘルツォーゲンアウラハ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — プーマのアンバサダーを務めるアトレティコ・マドリードのゴールキーパーのヤン・オブラク選手と、スクーデリア・フェラーリのドライバーのカルロス・サインツ選手が互いの世界を覗き込み、意欲を刺激し合います。スポーツメーカーであるプーマのインタビューで、2人のアスリートはサッカーとカーレースへの情熱を語り合い、マドリードでゴーカートレースに挑みました。


プーマがスポンサーを務めるスクーデリア・フェラーリのドライバーのカルロス・サインツ選手と、プーマのアンバサダーのヤン・オブラク選手が、サッカーとモータースポーツへの情熱について語り合いました。「私はサッカーが大好きです。ほぼ毎週プレーしていますし、マラネロでチームと一緒に試合をしようと考えています」と、サインツ選手は話しています。スロベニア代表チームのゴールキーパーのヤン・オブラク選手は、元々モータースポーツとF1の大ファンだったと言います。「フェラーリが大好きです。私が多くのドライバーのファンなのは、その努力が素晴らしいものであり、簡単な仕事ではないためです。あんなに速く走るのは簡単なことではなく、ちょっとクレイジーじゃないとできません。」

母国のファンの前でレースをするということは、サインツ選手にとって常に特別なことであり、また大きな楽しみでもあります。「母国でのレースはいつでも支えになります。確かにプレッシャーはありますし、忙しくもありますが、私はそれを楽しんでいます。気持ちよくいられますし、現場には大きな活気があります。」また、オブラク選手は、ファンやチームのサポートについて、どんなスポーツであれ、良いチームが背後にいることがいかに重要かを強調しています。「いいチームでなければ成功することはできませんし、それはサッカーでも同様です。一人の選手にできることは少ないので、皆と一丸となって取り組まなければなりません。そして、チーム全員が完璧な仕事をしなければ、勝つことは不可能なのです。」

ヤン・オブラク選手とカルロス・サインツ選手のインタビュー全体をご覧になるには、こちらをクリックしてください。

プーマ

プーマは、靴、アパレル、アクセサリーのデザイン、開発、販売、マーケティングを行う世界有数のスポーツ・ブランドです。プーマは70年以上にわたり、世界最速のアスリートに向けた速い製品を作り出すことにより、スポーツと文化を絶え間なく前進させてきました。プーマは、サッカー、ランニングとトレーニング、バスケットボール、ゴルフ、モータースポーツといったカテゴリーで、パフォーマンスとスポーツにインスピレーションを得たライフスタイル製品を提供しています。有名なデザイナーやブランドと協働して、スポーツの影響をストリート・カルチャーやファッションにもたらしています。プーマ・グループは、プーマ、コブラ・ゴルフ、stichdのブランドを所有しています。当社は120カ国以上で製品を販売し、世界で約1万6000人の従業員を雇用しています。本社所在地はドイツのヘルツォーゲンアウラハです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Gudrun Cämmerer

Teamhead Global PR

gudrun.caemmerer@puma.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。