in

📢| monday.com、EMEAのプレゼンスが高まる中で新しいロンドン・オフィスに拡大

※この記事は日本語専用記事となります。

ロンドン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — あらゆる規模の組織が仕事のあらゆる側面を管理するために必要なツールやプロセスを作成できるワーク・オペレーティング・システム(Work OS)をリリースするmonday.com(NASDAQ:MNDY)は、英国および世界的に拡大を続ける中、ロンドンに新しいより大きなオフィスを開設しました。新オフィスはmonday.comの欧州本社として最大150人を収容でき、ロンドンの活気のあるテック・シーンの主要な中心地の1つであるフィッツロビアに位置しています。

新オフィスの開設は、2021年11月にオープンしたばかりのmonday.comの最初の英国オフィスの設立から時を経ずに行われています。当社は、過去5カ月で大幅な規模拡大を遂げており、当初予想していたよりもはるかに早く、より大きなスぺ―スに移転することになりました。monday.comは、昨年社員数を2倍に増やしただけでなく、2022年末までに英国に100人以上の従業員を配置することを計画しており、IT、コンサルティング、マーケティング、パートナーシップ、アライアンス全体で空いている仕事について、現在採用を行っています。monday.comはまた、トレーニング・アカデミーmonday Uの初の国際的拠点として、ロンドン・オフィスを選択しました。学術イニシアチブであるMonday Uは、テクノロジー業界に参入しようとしている才能ある個人を養成して、monday.comと英国のハイテク業界全体の仕事にアクセスできるようにします。

monday.comのEMEA地域ディレクターのナビード・マリクは、次のように述べています。「ロンドンの活気あるテクノロジー・コミュニティーに、EMEAの本社として機能する新たな拠点を立ち上げることを非常に誇りに思います。当社の価値観を反映するように設計されたこのオフィスは、monday.comの従業員、お客さま、パートナーが同僚や友人として協働するためのスペースです。当社はお客さまとパートナーのエコシステムも急速に拡大しており、ますます多くの企業がアジャイルなローコードおよびノーコード・ソリューションを活用して業務を管理し、当社と共に成長するところを目にして喜びを感じています。」

ニューヨーク市やテルアビブといった他の場所にあるオフィスと同様に、この新しいスペースは、協働、責任感、透明性などのmonday.comの中心的価値観を反映するだけでなく、従業員が日々の仕事でそれらを実践できるようにします。たとえば、透明性は、壁のデジタル・ダッシュボードに反映され、チームはプロジェクトを進める上で使用しているデータをそこに示すことができます。同様に、形式ばらないソファー・コーナーからすべてのチームのタイプに対応できるさまざまな大きさの会議室まで、考え抜かれたオフィス全体の座席配置を通じて、協働の感覚が促進されます。

monday.com職場設計チーム・リードのケレン・レズニックは、次のように述べています。「職場設計チームと現地の従業員の間の協働は、両者がプロセスを通して考えを共有し、その場でフィードバックを得るという素晴らしいものでした。ロンドン・オフィスの全員が、日々の業務を超えた具体的な形で当社の一員であると感じる機会を得ました。これは、継続的なプロセスとなります。私たちのスペースは、当社の文化と変化するテクノロジー業界を反映するように進化していきます。私たちはすでに、7月に開設する2階部分のためのコンセプトの選択肢の可能性を検討しています。」

monday.comの成長の詳細については、こちらから最新の決算報告書をご覧ください。英国で募集されている仕事の閲覧または応募に関しては、当社のキャリア・ページをご覧ください。

monday.comについて

monday.com Work OSは、ソフトウェアの力を民主化するオープンプラットフォームで、企業はあらゆるニーズに合わせて簡単に業務管理ツールやソフトウェア・アプリケーションを構築することができるようになります。このプラットフォームは、直観的に人々をプロセスとシステムに結び付け、チームが仕事のあらゆる面で優れた能力を発揮できるようにするとともに、業務における透明性の高い環境を実現します。monday.comは、テルアビブ、ニューヨーク、サンフランシスコ、マイアミ、シカゴ、ロンドン、キエフ、シドニー、サンパウロ、東京にチームを置いています。このプラットフォームは、あらゆる業種に対応できるよう完全にカスタマイズ可能で、現在200カ国、200以上の業種で、15万2000を超えるお客様に利用されています。

当社のLinkedInTwitterInstagramYouTubeTikTokFacebookをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Or Elmaliah

ore@monday.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。