in

📢| ヨルダンの非営利団体7Hills for Social Developmentが第6回難民擁護・支援のための国際アワードを受賞

※この記事は日本語専用記事となります。

アラブ首長国連邦シャルジャ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ヨルダンの非営利団体7Hills for Social Developmentは、ビッグハート財団(TBHF)が毎年主催している2022年難民擁護・支援のためのシャルジャ国際アワード(SIARA)を受賞しました。アラブ首長国連邦(UAE)の世界的人道組織であるTBHFは、世界中の難民や困窮している人々の支援に注力しています。


この50万UAEディルハムの賞金が授与されるアワードは今年で6回目となるもので、創造的な若者のエンパワメント・プログラムを立ち上げて放棄地を設備の整った650平方メートルのスケートパークに変えた同非営利団体の革新的な戦略が、評価されました。ヨルダンのアンマンにあるこのスケートパークは現在、刺激的でインクルーシブな環境を生み出し、難民とそのホスト・コミュニティーのために統合された新しい未来を創造しています。

同団体はスケートボード専用のスペースを通じて、子供や若者が新しいスキルを学び、自信をつけるための創造的で刺激的な手段を提供しています。このスケートボード・プログラムはすべての年齢層を対象としており、2020~2021年に2000人以上の若者に恩恵をもたらしました。その45%は女性で、難民と避難民が占める割合は60%です。

また、スケートボーダーで写真家でもあるムハンマド・ザカリアが率いる若者のグループによって立ち上げられてアンマンの7Hillsとその社会事業部門であるAl Raseef 153により採用されたこのコミュニティーの取り組みは、リーダーシップと職業スキルのトレーニングと能力開発を通じて毎年250人以上の若者に力を与えており、その50パーセントは難民です。

7Hills for Social Developmentは、第6回SIARAに世界39カ国から応募した177の応募者から選ばれました。2022年SIARA授与式は6月27日月曜日にシャルジャにあるハウス・オブ・ウィズダムで開催されます。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)との協力によって開始されたこのアワードは、最高評議会メンバーでシャルジャ首長のシェイク・Dr.スルタン・ビン・ムハンマド・アルカシミ殿下と、その夫人でTBHF会長、UNHCR難民児童エミネントアドボケート(著名擁護者)であるシェイカ・ジャワヘル・ビント・ムハンマド・アルカシミの後援により実施されています。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

National Network Communications
Abeer Al Mouaqqet, +971555813388


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。