in

📢| EIGがミッドオーシャン・エナジーのCEOとしてデ・ラ・レイ・ベンターを雇用

※この記事は日本語専用記事となります。

業界のベテランがEIG傘下のLNG企業を指揮

ワシントン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界のエネルギー・インフラ分野を対象とする大手機関投資家のEIGは本日、ミッドオーシャン・エナジー(MidOcean Energy:ミッドオーシャン)最高経営責任者(CEO)兼EIG取締役として、デ・ラ・レイ・ベンターが入社したと発表しました。ミッドオーシャンはEIG傘下のLNG企業であり、現状でキャッシュフローが安定していて良好に運営されているLNGプロジェクトから成る多様かつ総合的な「専業的」ポートフォリオの創出を追求しています。ベンターは業界経験25年のベテランであり、採鉱、アップストリーム、LNGの分野で世界規模の経営、取り引き決定、ビジネスリーダーシップの経験を持っています。その他の役職として、ベンターはインテグレーテッド・ガス・ベンチャーズのエグゼクティブバイスプレジデントとしてシェルのLNG・天然ガス資産の大部分を担当しており、以前はシェルのLNG担当グローバルヘッドも務めていました。ベンターはEIGのロンドン事業所を拠点とします。

EIGのR・ブレア・トーマス会長兼CEOは、次のように語っています。「LNGはエネルギー転換を実現させるための鍵であり、地政学的に戦略的なエネルギー資源としての性格が増しています。EIGはこれまでLNG分野にとって重要な出資者でありましたが、既に世界で液化・再ガス化の両方を含む9件のLNGプロジェクトに投資してきました。ミッドオーシャンを指揮するためにベンターのような能力を持つ人材が加わることは、LNGやエネルギー転換に向けて当社が約束した取り組みをまたもや示すものです。当社はベンターの入社を歓迎し、ミッドオーシャンのために切り開いてくれる将来に大いに期待しています。」

ベンターは、次のように語っています。「ミッドオーシャンに対するEIGのビジョンは、今後長期にわたりLNGを必要とする世界への提案として魅力的です。私たちは、将来の排出量実質ゼロへと世界が移行できるよう支援するため、炭素の排出がゼロか少ないガスの種類の一部として、LNGの役割が重要という強い信念を共有しています。このチームと協力して、世界のLNG分野におけるEIGの広範な実績を基に、世界のエネルギー業界において非常に重要なこのLNG分野に真の影響を与えられるよう、内容を伴う事業を構築していきたいと思っています。」

ベンターが最初にシェルに入社したのは2002年です。インテグレーテッド・ガス・ベンチャーズのEVP、LNG担当グローバルヘッドとしての役職に加え、ベンターは世界で多様な職務を歴任しており、アップストリーム・ジョイント・ベンチャーズEVP、ガス&パワー・アフリカEVP、カタールでの営業担当バイスプレジデントなどを務めてきました。またシェルのCCUSおよびブルー水素製造というテーマも担当してきました。ベンターはスイスのIMDでMBA(優等)を取得し、南アフリカのノースウェスト大学で商学士(優等)、ヨハネスブルク大学で財務・投資管理の優等学位(優等)を取得しています。

EIGについて

EIGは、世界のエネルギーおよびインフラストラクチャー・セクターを対象とする有数の機関投資家であり、2022年3月31日現在で250億ドルを運用しています。EIGは、エネルギーおよびエネルギー関連インフラに対する世界的規模のプライベート投資を専門としています。40年の歴史の中で、EIGは401億ドルの資金をエネルギー・セクターに投資してきました。投資対象は6大陸38カ国380件のプロジェクトや企業にわたっています。EIGのクライアントには、米国、アジア、欧州の多数の主要年金基金、保険会社、信託基金、財団、政府系ファンドが含まれます。EIGはワシントンDCに本社を置き、ヒューストン、ロンドン、シドニー、リオデジャネイロ、香港、ソウルにオフィスを有しています。詳細情報については、EIGのウェブサイト(www.eigpartners.com)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media

FGS Global

Kelly Kimberly / Brandon Messina

+1 212-687-8080

EIG-SVC@sardverb.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。