in

📢| 暁星アメリカ、近く立ち上げられる自社アプリストアにプレミア・キャッシュ・ツー・暗号通貨プロバイダーのDigitalMintを追加

※この記事は日本語専用記事となります。

ダラス–(BUSINESS WIRE)—- (ビジネスワイヤ) — 暁星アメリカは本日、プレミア・キャッシュ・ツー・暗号通貨プロバイダーのDigitalMintが、近く立ち上げられるAPIベースのアプリストアにDigitalMintサービスを加えるパートナーシップ契約を暁星アメリカとの間で締結したと発表しました。

国内の中心的なビットコインPOSプロバイダーとして、DigitalMintは、米国各地のATMと窓口で顧客が瞬時に暗号通貨を購入することを可能にします。ソフトウエアAPI統合も開発され、小売企業が自社の現有のPOSシステムを通じてビットコインを売ることも可能になっています。2014年に設立されたDigitalMintは、国内各地の金融サービス・センター、コンビニ、食料品店チェーン、ガソリンスタンド、小売店で利用できます。

「当社は、近く立ち上げられる暁星アプリストアで初のプロダクトとなることに期待を感じています。当社は、暁星アメリカと協力して米国などに配置された17万5000台のATMで暗号通貨のサービスを容易に安全に利用できるようにすることを楽しみにしています」と、DigitalMint最高執行責任者のDon Wyper氏は述べています。

「当社の全国的な展開規模と最高のATM付加価値再販企業や独立系事業者との関係により、DigitalMintには、その増加する顧客のためにこれまでにない規模が提供されます」と暁星アメリカ最高経営責任者(CEO)のHee-Eun Ahnは述べています。

「当社は、DigitalMintを当社の立ち上げが近いアプリストアに含めることに期待を感じています。アプリストアにより、当社のリテール・ソフトウエア・プラットフォームを使用するどのATM事業者も、DigitalMintのようなアプリに登録してダウンロードすることでATMの機能を高めることができ、パートナーの事業者や小売店のために新たな収益源を推進することができます。これは、当社の新たなシリーズXメタキオスクではアプリのダウンロードと同じように簡単であり、新たに立ち上げられるX10キャッシュ・イン・サイドカーと合わせて、暁星キャッシュ・ディスペンサーは瞬時にフル機能のデバイスへと変化し、全く新たなトランザクションの世界を活用できるようになります。例えば、請求書の支払い、小切手の換金、現金の預金、POSでの購入、そしてもちろん暗号通貨の購入です」と、暁星アメリカのCMOのBrad Nolanは語っています。

当社は、DigitalMintと新製品の立ち上げを7月12日(火)午後2時(米中部時間)にライブ・ウェビナーで行う計画です。ウェビナーの登録は、こちらで可能です(ライブ・ストリーミングの後もサイトで利用できます):https://marketscale.com/live/hyosung-summer-2022-retail-product-launch/

暁星アメリカについて

世界をリードする現金管理・支払プラットフォーム・サービス・プロバイダーの暁星アメリカは、韓国企業暁星の北米子会社です。1998年に北米市場に参入して以来、暁星は、米国最大のATM供給企業から、現金管理・支払分野の全体にわたるクラス最高の革新的・変革的技術ソリューションの提供企業へと成長してきました。暁星アメリカはテキサス州アービングに本社を置き、オハイオ州デートンのグローバル・ソフトウエア・センターで研究開発支援を提供しています。

DigitalMintについて

DigitalMintは、プレミア・キャッシュ・ツー・暗号通貨プロバイダーであり、ATMと窓口の全国ネットワークを通じて消費者が安全確実に暗号通貨を購入できるようにします。当社のミッションは、デジタル通貨を金融アクセスの手段として活用することで消費者が自らの金融の未来をコントロールできるように力を与えることです。2014年に設立されたDigitalMintは、暗号通貨コンプライアンス基準の業界リーダーであり、暗号通貨に対する安全確実なアクセスを提供しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Kelly Hunter, khunter@sunwestpr.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。