in

📢| ディリジェント、第4回年次モダン・ガバナンス・サミットで、シザ・シャヒド氏、モイセス・ナイム氏、マイケル・モンテロンゴ氏、ビーナ・ラマニ氏らがインパクトのあるセッションを行うと発表

※この記事は日本語専用記事となります。

組織が回復力を築き、リスクを抑制し、自信を持って統治するための洞察とベスト・プラクティスを第一線の専門家がディリジェント・モダン・ガバナンス・サミット2022で共有

米テキサス州オースティン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ガバナンス、リスク、コンプライアンス、監査、ESGの各分野でSaaSソリューションを提供するモダン・ガバナンスの世界的リーダーのディリジェントは本日、2022年9月12~14日に米テキサス州オースティンおよびオンラインで開催される年次モダン・ガバナンス・サミット(MGS)の基調講演者と議題のハイライトを発表しました。

世界的に著名なリーダーが登壇し、リスクと戦略、倫理とコンプライアンス、環境・社会・ガバナンス(ESG)、デジタル変革、その他多くの主要課題を探求します。参加者は同業者とネットワークを構築しながら、「世界は天秤に乗っている:ESGへの正しい対応」、「目的に沿って生きる:ビジネスで価値観や倫理観を第一に考える」、「進化するリスク環境 – 地政学リスクと金融リスクからの示唆」、「SOX法以降に何が変化したのか(そして何が変化しなかったのか)」、「リーダーとなる勇気:目的志向の企業を築くために必要なこと」といったインパクトのあるセッションで、業界の専門家から話を聞くことができます。議題の詳細については、こちらをご覧ください。

示唆を与えていただける今年のMGSの登壇者の一部をご紹介します。

  • シザ・シャヒド氏:起業家、投資家、テクノロジスト、インパクト・リーダーであり、ノーベル賞受賞者マララ・ユスフザイ氏と共にマララ基金を設立して創立最高経営責任者(CEO)として運営に当たる。現在は、食と家庭料理という切り口で文化的伝統をたたえてコミュニティーに再投資する製品の製造と物語の拡散に取り組むミッション主導型Eコマース新興企業Our Placeの共同設立者です。シャヒド氏は、ビジネスで価値観や倫理観を優先することについてセッションを行います。
  • モイセス・ナイム氏:国際的に活躍する独立コラムニスト、ベストセラー著述家。1990年代前半に、ベネズエラ貿易産業大臣、ベネズエラ中央銀行理事、世界銀行理事を務める。ナイム博士は、地政学的リスクと戦略に関する基調講演を行います。
  • シェロン・ワトキンス氏:元エンロン企業開発担当バイスプレジデントで、企業の不正を暴露したことがSOX企業改革法の制定につながった。ワトキンス氏は、サーベンス・オクスリー(SOX)法が制定された20年前から何が変わり、何が変わっていないのかについて議論するパネルディスカッションに参加します。
  • シンシア・クーパー氏:ワールドコムで内部監査担当副社長を務めた会計士で、氏のチームは米国史上最大の会計不正を暴露。クーパー氏も、SOX法以降何が変わったかについてのパネルディスカッションに参加します。
  • マイケル・モンテロンゴ閣下:GRCアドバイザリー・サービス社長兼CEO。ブッシュ元大統領の任命により米国空軍財務管理担当第19次官補および最高財務責任者(CFO)を務めた最初のラテンアメリカ系人。シンシア・クーパー氏およびシェロン・ワトキンス氏と共に、SOX法に関するパネルディスカッションに参加します。
  • ビーナ・ラマニ氏:FCLTグローバルのリサーチディレクター、コーポレートガバナンス、気候変動、ESGの専門家。ラマニ氏は、株主やステークホルダーによるESGアクティビスト活動への準備や正しいESG対応についてのパネルディスカッションに参加します。
  • エンリケ・アセベド氏:バラク・オバマ大統領、メリンダ・ゲイツ氏、コフィ・アナン氏など、世界の大物リーダーにインタビューしてきたCBS特派員。アセベド氏は、セッション「世界は天秤に乗っている:ESGへの正しい対応」で司会を務めます。

ディリジェントのブライアン・スタッフォードCEOは、次のように述べています。「今日の組織は、至る所に不確実性のある複雑で進化し続けるビジネス環境に身を置いています。こうした時代には、ガバナンス、リスク、コンプライアンス、監査、ESGの専門家の役割が一層重要になります。パフォーマンス、リスク、目的の交差点を探求するために、再びこのリーダーたちと直接関わることができ、また今年の世界的に著名な講演者を迎えることができ、光栄に思います。」

4年目を迎えるモダン・ガバナンス・サミットは、今年最大のガバナンス・リスク・コンプライアンス(GRC)イベントであり、取締役からコーポレート・セクレタリー、ゼネラルカウンセル、最高コンプライアンス責任者、その他のガバナンス担当者まで、数千人のリーダーが集まります。GRCの実践を高めて今日の組織が直面する重要な問題を探求するために設計されたこのイベントは、2日半にわたってソートリーダーシップ、ネットワーキング、製品トレーニングの機会を提供します。

このイベントは報道関係者に公開され、ほとんどのセッションが記録されます。詳細情報および登録については、press@diligent.comにご連絡ください。

ディリジェントについて

ディリジェントは、モダン・ガバナンスの世界的リーダーであり、ガバナンス、リスク、コンプライアンス、監査、ESGにわたるSaaSソリューションを提供しています。当社は世界の2万5000を超える顧客のユーザー100万人以上に利用され、変革を目指すリーダーにソフトウエア、洞察、確信をもたらすことで、より大きな影響力の発揮と目的を持ったリードを可能にしています。詳細については、diligent.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media Contact
Julia Hanbury

Senior Communications Manager, Diligent

+1-604-669-4225

Jhanbury@diligent.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。