in

ソウル半導体がバイオレッズ殺菌技術を高級セダン「ジェネシスG90」に適用

  • 世界一のUV LED企業であるソウルバイオシスが開発したバイオレッズ技術を適用
  • UVCで10分以内に有害な細菌(大腸菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌)を最大99.9%除去
  • ソウルバイオシスは自社のオートラボを運営し、最適化した殺菌ソリューションを提供

韓国安山市–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 光半導体の世界的企業である Seoul Semiconductor Co., Ltd. (KOSDAQ:046890、本社:韓国安山市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」)によって開発されたUV-C殺菌技術ソリューション「Violeds」(バイオレッズ)が、世界的な高級車ブランド「ジェネシス」のコンソールボックスに搭載され、殺菌技術を実現します。


高級セダン「ジェネシスG90」は、2022年前半に正式に市場投入されました。G90の後部座席にあるアームレストのコンソールボックスには、COVID-19の時代に備えて、同乗者の持ち物を殺菌するためのUV-C LEDランプが搭載されています。このUV-C LEDランプには、ソウル半導体のバイオレッズ技術が適用されています。機種によって6~12個のLEDランプが搭載されており、蓋を閉めてから10分以内に所持品の有害菌(大腸菌、黄色ブドウ球菌、肺炎桿菌)を最大99.9%除去することができます。

* これは現代自動車が提供し、世界的な試験認証機関であるインターテックによって検証された試験結果であり、実際の環境に応じて変化する可能性があります。

バイオレッズは、ソウル半導体の子会社であるソウルバイオシスが世界で初めて開発し、大規模に適用した特許取得済みのソリューションです。UV LEDで有害菌や細菌の繁殖を防ぎます。市場調査機関オムディアの2021年のデータによると、ソウルバイオシスはUV LED技術で世界1位の座にあります。

ソウルバイオシスは、空気殺菌ソリューションのほか、バイオレッズベースの表面殺菌システムの開発にも成功しています。2021年8月には記者会見を開き、室内空気中に浮遊するウイルスを99%除去できるデルタ変異株拡散防止ソリューションを発表しました。その試験結果を元に、2022年のCESで車載空調システムの殺菌プロセスを実演し、その技術力を世界的に認知させました。

ソウル半導体の関係者は、次のように述べています。「私たちは、世界的な高級ブランドであるジェネシスのG90 にバイオレッズベースのUVC LEDを供給できることを大変うれしく思います。当社は、自社の自動車向け空気・表面殺菌ラボを運営しながら、UV LED殺菌技術のさらなる開発に全力を注いできました。その結果、バイオレッズの技術は、世界の車載用インドアヘルスケア市場を拡大する上で、主導的な役割を果たすでしょう。」

「バイオレッズ技術は、車載用LEDの信頼性規格であるAEC-Q102の認証を取得したことにより、顧客が求める自動車ヘルスケアプロジェクトに最適なソリューションとなるでしょう。」

ソウル半導体は、30年以上にわたる光半導体の研究開発経験に基づき、車載ソリューションに適用可能な紫外線から可視光線、赤外線(VCSEL)まですべての波長帯域(200~1600nm)をカバーする製品ポートフォリオの構築に成功し、1万8000件の技術特許を保有しており、これにより国際市場での技術的優位性を維持しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Seoul Semiconductor Co., Ltd.

Jinseop Jung

Tel: +82-70-4391-8555

Email: jjs8732@seoulsemicon.com