in

📢| L&Tテクノロジー・サービシズがデバイスへのアレクサ統合をサポートするためにアマゾンのコンサルティング&プロフェッショナルサービスプロバイダーとして選定される

※この記事は日本語専用記事となります。

LTTSは、ネットワーク接続型の製品とサービスにおけるアマゾン・アレクサ採用製品の考案から発売まで、エンドツーエンドのエンジニアリング専門力を提供して形にする

印バンガロール–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界有数の専業エンジニアリングサービス会社であるL&Tテクノロジー・サービシズ・リミテッド(BSE:540115、NSE:LTTS)は本日、複数の領域および業界を対象とする多様なネットワーク接続型デバイスにおけるアマゾン・アレクサ・ボイス・サービス(AVS)の統合を支えるコンサルティング&プロフェッショナルサービス(CPS)プロバイダーとして選定されたと発表しました。

アマゾンのクラウドベースの音声サービスであるアレクサは、アマゾンとサードパーティーの両方のメーカーのデバイスで利用でき、ネットワーク接続型デバイスに力を与えるものです。AVSは、アレクサ内蔵デバイスにおけるアレクサ体験に必要なサービスとインフラの管理も行い、一連のデバイスAPI、SDK、ハードウエアキット、文書を世界中の企業に提供します。

技術が人間の生活のあらゆる側面に革命をもたらしている中で、製品もハードウエア、センサー、データストレージ、マイクロプロセッサー、ソフトウエア、接続機能の組み合わせにより、複雑性とスマート性が高まっています。新しい音声起動型製品を考案し、消費者用と産業用の広範なデジタルアプライアンスを対象に音声認識サービスの可用性を拡大するために、AVSコンサルティング&プロフェッショナルサービスプロバイダーとしてのLTTSは、能力、スキルおよび資格、新市場へのアクセス、世界的企業、最終消費者、技術主任にとっての技術および専門分野の専門化を大規模に実現します。

LTTSは、組み込みHW、機械設計サービス、試作品製造の支援、プラットフォームソフトウエア、マルチメディア(オーディオと音声)、製品試験サービスの専門力を数十年にわたり蓄積しており、ある組織の製品ポートフォリオと製品分野を広く対象にコンサルティング&プロフェッショナルサービスを提供するための優れた資質を備えています。

アマゾン・アレクサ・ヨーロッパのゼネラルマネジャーを務めるエリック・キング氏は、次のように述べています。「私たちは、LTTSが消費者市場および産業市場、製品開発、デバイスの試験と認定、革新における同社の専門力を使用して、同社のクライアントの顧客体験を変革することを大変うれしく思います。当社はLTTSをアレクサ・ボイス・サービスの最新コンサルティング&プロフェッショナルサービスプロバイダーとして歓迎し、同社がその能力を適用して、企業、世界的なデバイスメーカーとブランドのために革新的な音声ソリューションを開発してくれるものと期待しています。」

L&Tテクノロジー・サービシズの産業・消費者向け製品担当グローバルヘッドであるSeema Ghanekarは、次のように述べています。「デジタル音声認識対応のデバイスに対する需要の拡大に伴い、組み込みデバイス分野のエンジニアリングサービスがもたらす根底的な技術変革が高まり続けています。実際、提案されている手法は、ガジェットではなくエンドユーザー向けの体験を設計するというものです。LTTSは、産業市場、製品開発、デバイス試験、認定の専門性を備えており、アマゾン・アレクサ製品のソフトウエア統合で選ぶべきプロバイダーになるための資質が十分にあります。AVSをめぐるアマゾンとの協力は、この方向での前進であり、両社は共に新時代の顧客体験エンジニアリングの基準を打ち立てるという目標を目指しています。」

L&Tテクノロジー・サービシズについて

L&Tテクノロジー・サービシズ・リミテッド(LTTS)は、ラーセン・アンド・トゥブロ・リミテッドの上場子会社であり、エンジニアリングおよびR&D(ER&D)サービスを事業の中心としています。当社は、製品およびプロセスの開発ライフサイクルの全体に関して、コンサルティング、設計、開発、試験のサービスを提供しています。当社の顧客にはフォーチュン500企業が69社、世界のトップER&D企業が53社含まれ、産業用製品、医療機器、輸送、通信・ハイテク、プロセスの業界にわたっています。当社はインドに本社を置き、2020年9月30日現在、1万5900人以上の従業員が17カ所のグローバル・デザイン・センター、28カ所のグローバル・セールス・オフィス、52カ所のイノベーション・ラボで働いています。詳細情報についてはhttps://www.ltts.com/をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Aniruddha Basu

L&T Technology Services Limited

E: Aniruddha.Basu@LTTS.com
T: +91-80-67675173

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。

 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。