in

📢| ビザ、グローバルな経済的公平性と包摂性の推進および発展に取り組む研究センターを立ち上げる

※この記事は日本語専用記事となります。

ビザ経済エンパワメント研究所(VEEI)は、グローバルな決済エコシステムを強化するために独自の研究を実施および開発し、強力な知見を生み出す

サンフランシスコ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ビザ(NYSE:V)は本日、ビザ経済エンパワメント研究所(VEEI)の立ち上げを発表しました。本研究所は、決済に関する政策の官民対話および研究のセンター・オブ・エクセレンスであり、世界各地の個人、企業、社会の公平な経済的エンパワメントを推進し、発展させることを約束します。

VEEIは、グローバルな決済エコシステム内の長期的な政策に向けて情報を提供することを意図した新しい研究と知見を開発します。そして、包摂と経済的成長を発展させるためにデジタル決済とグローバル・ネットワークの価値を推進します。また、政策立案者、規制当局、非政府組織、国際機関が、世界経済の再建と成長に向けた政策に関して集まって協力するフォーラムとして機能します。

ビザ会長兼最高経営責任者(CEO)のアル・ケリーは、次のように述べています。「ビザの比類ないグローバル・ネットワークと経済動向の展望により、VEEIは、決済エコシステムに関する新しい知見を発展させ、コミュニティーを改善して強化するための実用的なソリューションを提供することができます。VEEIの設立は、障害を取り除き、あらゆる人があらゆる場所で、よりアクセスしやすい経済的機会を創出するための当社における次のステップです。」

ジョージタウン大学教授であり、元世界銀行スペシャリストのDr. Barbara KotschwarがVEEIのエグゼクティブ・ディレクターを務めます。Dr. Kotschwarは、決済、中央銀行、開発金融、国際貿易、サイバーセキュリティーなどの重要課題の専門家から成るチーム「Fellows」をリードします。Fellowsは、ビザの膨大な情報のリソースと技術力を活用して問題を分析し、政策提言を作成することで、世界各地のコミュニティーに真のソリューションを提供します。ビザ最高経営責任者(CEO)のシニア・アドバイザーのビル・シーディが本研究所の所長を務めます。

Dr. Kotschwarは次のように述べています。「世界がより複雑化して相互につながっていく中で、ジェンダー、グローバル開発、民族やその他の包摂に関するギャップを埋めることは最も重要です。それによって全ての人がデジタルにコネクトし、グローバル市場へのアクセスを達成することができます。本研究所は、経済的エンパワメント、貿易、グローバルなつながりを向上させる目的で、公的および民間の関係者が一体となり協力していくためのプラットフォームを提供します。」

ビザ経済エンパワメント研究所(VEEI)は、その使命を促進するための以下に挙げる3つの戦略的支柱に特化します。

  • 「デジタル・エクイティーと包摂の育成」では、社会問題、包摂的な経済成長、金融包摂、中小零細企業(MSME)の回復とレジリエンスに取り組みます。
  • 「貿易による成長の解放」では、より規模の大きな国境を越えたデジタル貿易を促進する要因に取り組みます。
  • 「決済の開かれた未来の想像」では、人々の支払う方法と支払われる方法を形成しているイノベーション、社会問題、国境を越えた問題および資金の未来、そして中小零細企業の回復に取り組みます。

本研究所の立ち上げに伴い、VEEIは一連の基本となるポジションペーパーを発表しました。研究の支柱として特化するいくつかの重要な背景的課題に焦点を当てています。以下はその一部です。

  • デジタル・エクイティーと包摂の育成:パンデミックは、数年かかるデジタル変革を数カ月に加速させました。デジタルにコネクトすることの重要性を強化し、アクセスや使用の障壁などのシステム上の不公正さに焦点を当てました。例えば、世界人口の93%がモバイル・ブロードバンドまたはインターネット接続に物理的に届く場所に住んでいますが、約半分(36億人)はそれを利用していませんi
  • 貿易による成長の解放:貿易協定は、デジタル経済の技術的進歩と経済成長に遅れをとっています。デジタル貿易への確固たるコミットメントはほとんど無く、保護貿易主義が拡大している傾向があります。これは、中小零細企業の広範なデジタル経済へのつながりと成長を脅かしています。
  • 決済の開かれた未来の想像:決済のイノベーションは進んでおり、新しい決済プラットフォームでのサイバーセキュリティー保護と金融サービスへの新しいアプローチが必要とされています。

VEEIは、公的部門と民間部門の対話をリードする独自のポジションにあり、今後の出版物にはこれらの対話が反映されます。VEEIの詳細および基本となるポジションペーパーについては、https://usa.visa.com/sites/visa-economic-empowerment-institute.htmlをご覧ください。

ビザについて

ビザ(NYSE:V)は、デジタル決済で世界をリードしています。その使命は、安全で信頼のおける革新的な決済ネットワークで世界を結び、消費者、企業、経済全体に利便性をもたらすことです。当社の高度な世界的処理ネットワークのVisaNetは、安全で信頼性の高い決済手段を世界で提供し、毎秒6万5000件を超える取引を処理する能力を備えています。当社の技術革新に対する献身は、端末を問わず誰でもどこででも利用できるデジタル・コマースの急速な成長を推進しています。世界規模でアナログからデジタルへの移行が進む今、ビザは当社のブランド、商品、人材、ネットワーク、スケールを活用して、商取引の新たな未来を切り開きます。詳細情報については、About Visa、visa.com/blog、@VisaNewsをご覧ください。


i 国際連合事務総長報告書。デジタル協力のためのロードマップ。2020年6月。 https://www.un.org/en/content/digital-cooperation-roadmap/assets/pdf/Roadmap_for_Digital_Cooperation_EN.pdf

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Lindy Mockovak

Lindy.Mockovak@visa.com

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。

 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。