in

📢| MFAがマルチファイア1.0認証プログラムを開始し、プライベート無線ネットワーク向けに相互運用可能デバイスのエコシステムを支援

※この記事は日本語専用記事となります。

プログラムはノキアのスモールセルと顧客宅内機器(CPE)を最初のマルチファイア1.0準拠製品として認証

米カリフォルニア州フリーモント–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — マルチファイア・アライアンス(MFA)は本日、マルチファイア1.0認証プログラムの開始を発表しました。また、最初の顧客宅内機器(CPE)デバイスの準拠が認証されました。

マルチファイア技術を活用することで、組織はコスト効率よく独自のプライベートLTEネットワークを導入し、インダストリー4.0の使用事例で求められる、より優れた容量、カバレッジ、モバイル性、内蔵セキュリティーを実現できます。

マルチファイア1.0仕様は、グローバルな5GHz帯を含む免許不要周波数帯や共有周波数帯におけるLTE動作を定義します。認証プログラムは、eNodeBとUEがマルチファイア1.0仕様に準拠しているかテストし、免許不要周波数帯または共有周波数帯で使用できる相互運用性のある世界的なデバイスエコシステムを保証します。要免許周波数帯の必要性をなくすことで、マルチファイアは参入コストを低減し、高速かつ安全なプライベート無線ネットワークの導入を加速させることができます。

マルチファイア技術は、資産集約型の業界における既存の導入シナリオに加えて、全く新しいプライベート無線の使用事例を可能にします。新たな機会として、野戦病院や緊急対応のための迅速な導入状況や、ポップアップ・イベント、ツアー、文化・スポーツ・プログラム向けの一時的システムなどがあります。またマルチファイアは、要免許周波数帯の既存のプライベート無線ネットワークを補完するためにも使用できます。例えば、免許不要の5GHz周波数帯で利用可能な大容量の帯域幅を活用して、容量を追加できます。

MFAのプレジデントのMazen Chmaytelliは、次のように述べています。「マルチファイア1.0認証プログラムは、当アライアンスにとって重要な節目であり、このプログラムを業界に提供するために、認証ワーキング・グループが勤勉に取り組んできたことを表しています。また、最初のマルチファイア準拠製品として、ノキアの無線・デバイス・ソリューションを認証済みであると、お知らせできることをうれしく思います。」

MFAの理事長でノキアのデジタル自動化クラウド担当ゼネラルマネジャーのStephan Litjensは、次のように述べています。「プライベート無線接続を免許不要周波数帯や共用周波数帯で可能にすることで、より多くの企業が独自のプライベートLTEネットワークや5Gネットワークを展開できるようになります。MFAの創設メンバーとして、私たちはこのイニシアチブの最前線に確固として立っています。まず、独自のマルチファイアCPE認証を提供したほか、企業のデジタル変革に役立つ、デバイスのエコシステム構築を加速させています。」

MFAは、3GPPにも加入しているメンバーを通じて、免許不要周波数帯における5G NRの単独動作の取り組みも支援しています。ABIリサーチの最近のホワイトペーパーは、LTEおよび5Gにおけるプライベート・ネットワーク機器(工業製造、港湾、物流、鉱業、エネルギー向け)の全体的な潜在市場が2030年までに323億7000万ドルに達すると算定しています。ABIはさらに、2030年には垂直業界でLTEもしくは5Gを使用するプライベート・ネットワークの半分以上が、免許不要、共用、専用の周波数帯で展開されると述べています。

DEKRAがマルチファイア1.0の認定試験研究所に指定される

MFAのメンバーで製品認証リーダーのDEKRAはマルチファイアの認証試験を実施し、DEKRAマラガはマルチファイア1.0認証プログラムの認定試験機関に指定されました。DEKRAはすでに、2019年末に日本で開始されたマルチファイア・アライアンス1.9GHz帯sXGP認証プログラムの初の認定試験機関に指定されています。

DEKRA試験・認証スペインのマネジングディレクターのAndrés Moreno氏は、次のように述べています。「DEKRAは、マルチファイア1.0の試験を当社サービスに追加して、MFAとの提携関係を継続し、マルチファイアエコシステムの成功に貢献できることをうれしく思います。」

MFA認証プログラムは、すべてのMFAメンバーが利用できます。デバイスの認証を取得した企業は、「MulteFire Certified」ロゴを受け取り、製品の販促や販売目的で利用できます。MFAは、プライベート無線ネットワークに関心を持つあらゆる企業の参加を歓迎します。MFAへの入会および会員レベルの詳細については、www.multefire.org/joinをご覧ください。

MFA認証プログラムの詳しい情報については、www.multefire.org/certification-program/をご覧ください。

資料:

MFAについて

MFAは、ロングタームエボルーション(LTE)とアンライセンス周波数帯ないし共有周波数帯を使用する構成の、5G New Radioといった次世代モバイルセルラー技術の応用に関して、会員・開発者・ユーザーの共通利益を支えるグローバルエコシステムの構築に専心している国際的な業界団体です。マルチファイア技術、そのメリット、MFAへの加盟方法に関する詳細情報については、www.MulteFire.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

MulteFire Alliance

Lori Mesecke, +1-503-459-9150

press@multefire.org

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。

 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。