in

📢| ジンガとカスタムカー製作企業リバティーウォークが、CSR Racing 2の新しいエリートチューナー機能をめぐり独自のデザインコンテストを開催

※この記事は日本語専用記事となります。

CSR2のエリートチューナー機能をめぐる‘Design A Wrap’コンテストの優勝デザインがゲームに登場し、リバティーウォークがデザインする実際の車両に採用される

サンフランシスコ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 本日、インタラクティブエンターテインメントの世界的リーダー企業のジンガ(Nasdaq:ZNGA)は、CSR Racing 2(CSR2)の新しい「エリートチューナー」(一流改造屋)機能のリリースと‘Design A Wrap’コンテストの開催で、日本の一流カスタムカー製作企業リバティーウォークと提携したと発表しました。


12月9日から、プレーヤーはCSR2に登場するカスタムカーラップをデザインすることで、他にはないモバイルレースコンテストに参加できます。コンテストの優勝者は、リバティーウォークによる実際のトヨタ製スープラのカスタマイズに自分のデザインが採用されます。参加するには、プレーヤーは@CSRRacingのタグと#CSR2Wrapのハッシュタグを付けて、自分がデザインしたラップをソーシャルメディアにアップします。プレーヤーの皆さんは是非、自分の好きなデザインをお気に入りに指定したり、共有したりしてください。

選定した上位10件のデザインがリバティーウォークチームに提出され、同チームが選定したカーデザインの特別公開を通じて、2021年2月20日に最終的な優勝者を選定します。今回の提携を発表するに当たり、リバティーウォークの創設者である渉さんは、彼のチームと共に、CSR2の新しいエリートチューナー機能をからかうビデオをリリースしました。

エリートチューナーは、CSR2の歴史の中で最大規模となるカスタマイズ機能の拡張例であり、ボディーキットやスポイラーなどのより深いカスタマイズでプレーヤーが自分のアイデンティティーを表現できる未曾有の自由度を提供します。またプレーヤーは、自分のパフォーマンスを向上させ、既存のコレクションにレアカーを追加することもできます。

CSR2担当バイスプレジデントのジュリアン・ウィドウズは、次のように述べています。「私たちは、伝説のリバティーウォークチームと提携して、CSR2のエリートチューナー機能を世界中の当社のプレーヤーにとってクラス最高のカスタマイズ体験として提供できることに感激しています。リバティーウォークにカスタムカーラップデザインを実現してもらうことは、どのプレーヤーにとっても夢の実現です。プレーヤーが寄せる創造力とデザインを待ちきれません。」

リバティーウォークの創設者である渉さんは、次のように述べています。「私たちはCSR Racing 2とかなりの年数にわたり協業してきました。同社は当社のボディーキットを最高の形で再現し、当社のデザインとスタイルを尊重してくれました。私たちは同社を信頼しており、ゲームで私自身のイベント中に登場できることを非常にうれしく思います。私たちは、当社とCSR2のファンを喜ばせるために最善を尽くしてきました。」

CSR2はアップストアやグーグルプレイから無料でダウンロードできます。CSR2の詳細情報については、フェイスブックインスタグラムツイッターユーチューブのゲームコミュニティーチャンネルをご覧ください。

CSR2の補足資料をご覧になるには、下記をクリックしてください。

https://www.dropbox.com/sh/iw2xzdy94t2sgw6/AAAgs6JF_NJBY_cVhYTum_z7a?dl=0

ジンガについて

ジンガは、インタラクティブ・エンターテインメントのグローバル・リーダーであり、ゲームによって世界をつなげることをミッションとしています。今日まで10億人を超える人々が、CSR Racing™、Empires & Puzzles™、Merge Dragons!™、Merge Magic!™、Toon Blast™、Toy Blast™、Words With Friends™、Zynga Poker™といったジンガのフランチャイズを楽しんできました。ジンガのゲームは150カ国以上で提供され、各種のソーシャル・プラットフォームやモバイル・デバイスで世界各地でプレー可能です。2007年に設立された当社は本社をサンフランシスコに置き、米国、カナダ、英国、アイルランド、インド、トルコ、フィンランドに拠点を持っています。詳細情報については、www.zynga.comをご覧いただくか、ツイッターインスタグラムフェイスブック、あるいはジンガのブログでのジンガのフォローをお願いいたします。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、今後のCSR Racing 2ゲームの機能およびイベントの発表などに関連する将来見通しに関する記述が含まれています。将来見通しに関する記述には、多くの場合、「見通し」、「予測される」、「計画される」、「意図」、「だろう」、「期待する」、「考える」、「目指す」、「予想する」などの文言が含まれ、未来時制の記述は一般に将来見通しに関するものです。そうした将来見通しに関する記述で扱われている事項の達成または成功には、重大なリスク、不確実性、および仮定が伴います。そのような将来見通しに関する記述に過度の信頼を置くべきではなく、将来見通しに関する記述は本プレスリリースの日付に当社が入手可能な情報に基づいています。当社は、そうした記述を更新する義務を一切負いません。これらのリスク、不確実性、および仮定に関する詳細情報は、当社が証券取引委員会(SEC)に提出してあるか今後提出する公的書類により詳細に記載されています。書類の写しは、当社の投資家対応ウェブサイト(http://investor.zynga.com)またはSECのウェブサイト(www.sec.gov)で入手できる場合があります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

ZYNGA MEDIA CONTACT
Kenny Johnston

KJohnston@Zynga.com | (602) 999-1890

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。

 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。