レポート

立山黒部世界ブランド化プロジェクトを追う③ 様々な立場から〜「立山黒部」世界ブランド化のために立山町ができることは

2016年11月13日、2017年1月13日、3月27日と三度にわたる「立山黒部」の保全と利用を考える検討会を経て、富山県は「立山黒部世界ブランド化推進会議」を設置。 2017年年6月1日、東京にて第1回会議が開かれまし…

Written by PORTALFIELD浜崎
· 約5分46秒で読めます。 >

2016年11月13日、2017年1月13日、3月27日と三度にわたる「立山黒部」の保全と利用を考える検討会を経て、富山県は「立山黒部世界ブランド化推進会議」を設置。

2017年年6月1日、東京にて第1回会議が開かれました。

参考:立山黒部世界ブランド化プロジェクトを追う①「立山黒部世界ブランド化」とは?

この会議の後、阿曽原温泉小屋の主人、佐々木泉さんが構想を検討するブランド化推進会議の委員19人に対し「安全対策をまず考えるべき」と県内外の山岳関係者や現場の人たちから集めた声をまとめた意見書を提出するなど、様々な立場から様々な意見が出ます。

PORTALFIELDでは、出来るだけ様々な角度、様々な立場の方々の意見を少しでも多くの方に届けることによって、たくさんの方がこのプロジェクトの進捗に関心を持って頂きたいと考えています。今回は富山県が進める「立山黒部プロジェクト」に関して、立山町ホームページ「町長コラム」に投稿された立山町長の意見をご紹介致します。

「町長コラム」に投稿された内容の概要は以下の通り。

町長コラム「立山黒部」世界ブランド化のために立山町ができることは その1 2017年8月31日掲載

・第一回『立山黒部』世界ブランド化推進会議について

会議では、黒部ルート(黒部峡谷鉄道欅平駅から黒部ダムまで)の旅行商品化を迫る富山県知事に対し、安全対策面から難色を示す関西電力の役員との激しい議論となり、翌日の新聞にも大きく取り上げられました。

一方、委員である立山山荘組合理事長とオブザーバーである環境省長野自然環境事務所長の二人から、アルペンルートの早期開業について「安全面」から疑問を呈する発言が何度もあったことについて、この記事では一般には伝わらないだろうと、オブザーバーとしてその場にいた私は感じました。

・富山県民会館において、ブランド化推進会議の第1回ワーキンググループの様子とメディアの取り扱い

議事(発言)録を読めば、立山山荘協同組合理事長と長野自然環境事務所長が、アルペンルートの早期開業と営業時間の拡大について、安全面や自然環境について懸念する真剣な発言があったことがわかります。しかし、7月29日付けの某地元紙での取り扱いは小さいように思えます。

・阿曽原温泉小屋 佐々木泉さんによる意見書の紹介

立山黒部アルペンルートは、近年団体客を中心に国内客が減少し、それを雪の大谷のシーズンに集中するインバウンド(海外客)の増加によりなんとかカバーしているのが現状です。そのため、開業の前倒しを望む声が高まっていますが、かといって、事故があってはすべてが台無しになります。

事実、今年は昨年よりも1日前倒しをして、4月15日の全線開通となりましたが、当日は、室堂ターミナルから外に出られないほどの猛吹雪となり、観光客の多くは、残念な思いをされたことでしょう。

また、この数日前には、雪の大谷で雪崩があったのだと、道路除雪の担当者からも聞いています。

立山黒部アルペンルートは、雪の大谷のシーズン(6月下旬まで)だけでなく、他の季節でもいろんな楽しみ方があります。立山ケーブルカーの待ち時間を過ごさなければならない立山駅周辺の環境整備など、国内外の観光客にご満足いただけるような、「地に足を付けた観光地づくり」(某関係会社従業員)を求める声もあります。

財政規模の小さい立山町ではありますが、立山町にできること、やってみたいと考えていることを、次号で紹介させていただきます。

全文は、こちらに掲載されています。

町長コラム「立山黒部」世界ブランド化のために立山町ができることは その1 2017年8月31日掲載

「立山黒部」世界ブランド化のために立山町ができることは その2  2017年9月27日掲載

今年の8月は、雨の日が多く、同じく雨が多かった昨年よりも入込み客が落ち込んだようです。そのため、雪の大谷シーズンにおけるインバウンドの増加分が吹っ飛んだ感じです。

9月も肝心の3連休に台風の通過と重なり厳しい情勢です。

立山黒部アルペンルートの運営会社がその日、悪天候のため運行不能とならない限りキャンセルされないインバウンドが集中する雪の大谷のシーズンを1日でも長くしたいとするのはこのためです。

私は、10月が見頃となるラムサール条約登録湿地である立山弥陀ヶ原・大日平や称名滝の紅葉は本当に素晴らしいと思っています。しかし、「あした、天気が良さそうだから、紅葉を観に行こう」と、立山駅近くの駐車場が早朝から満杯のため、ときに900m以上離れた臨時駐車場から歩かれるお年寄りを見かけることがあります。

これは、「登山者や室堂周辺で働く人のうち、何人かが長期間(複数日)、駐車する方がおられるから」と地元の方から伺いました。そのため、数年前、駅から最も近い駐車場(230台分)を管理している富山県に対し、ハイシーズンだけでも有料化(1日500円程度)の実証実験をしたいと提案しましたが断られました。

なお、その他の常設駐車場は立山町が管理しています。

称名滝の駐車場はすべて県の所有ですが、立山町が管理を受託しています。

そこで昨年、遊歩道の起点となるレストハウス称名に最も近い駐車場をハイシーズンの2日間、有料化実験をしたいと提案しました。

ここに長期間車を駐車して、大日岳、あるいは八郎坂から弘法に向かう登山者がおられるからです。そのため、「いい天気だから、称名滝とコーヒーでも」と来られた方が、称名滝に近い駐車場が満車のため長い坂道を歩いてこられます。しかし、これも県からNOとされました。

致し方ないので、立山町が、観光客の皆さんに喜んでもらえるために他にできることはないかなと考えました。

その1つが、立山駅前ロータリーの無電柱化です。立山黒部の玄関口に相応しい景観にブラッシュアップするのです。実は、過去に、地下に発電用の地下導水路があったことなど難題が多く、当時の施工者であった県が工事を断念した経緯がありますが、現在の技術と関係者の協力が得られればなんとかなるとのことです。今年度は調査・設計を実施しており、30年度に関係者の調整、31年度から工事に着手したいと考えています。

但し、国土交通省から事業費の約1/2の交付金をあてにしているとは言え、残りは町負担となってしまいます。そのため、全国の立山フアンにふるさと納税(寄附)での応援をお願いしています。

こちらから全文を読むことができます。

「立山黒部」世界ブランド化のために立山町ができることは その2 2017年9月27日掲載