著者一覧

今田恵

1985年、岐阜県高山市生まれ、31歳。穂高岳山荘三代目。2008年、早稲田大学を卒業後、(有)穂高岳山荘へ入社。現在、代表取締役。 厳しい環境下の山小屋を、正統派でありながら現代的で過ごしやすい場所に、というポリシーを父から受け継ぎ、今の時代の登山にあるべき山小屋の理想の姿を目指している。 2013年に第一子、今夏に第二子を出産し、姉妹の母となる。現在は山荘現地をスタッフと夫に任せ、飛騨神岡にある山荘事務所を拠点に、事務・広報渉外業務と育児に奮闘中。思い出に残っている登山は、北岳、6月の富士山、表銀座縦走、キナバル。

加藤文太郎

加藤 文太郎(かとう ぶんたろう、1905年(明治38年)3月11日 - 1936年(昭和11年)1月5日)は日本の登山家。大正から昭和にかけて活躍した。兵庫県美方郡新温泉町出身。兵庫県立工業学校夜間部卒業。 複数の同行者が協力し、パーティーを作って登るのが常識とされる山岳界の常識を覆し、単独行によって数々の登攀記録を残した。登山に対する精神と劇的な生涯から、小説(新田次郎著『孤高の人』、谷甲州著『単独行者 アラインゲンガー 新・加藤文太郎伝』)やドラマのモデルとなった。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Kindleストアで加藤文太郎を見る

PORTALFIELD高橋

PORTALFIELDをご利用頂きありがとうございます。これからも、素敵な方との出会い、その方を皆さまに紹介できること、新たなサービスを皆さまにご提供できることを楽しみにしております。一人でも多くの方に気軽に使って頂けるような、便利で身近なサービスを目指してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。登山やキャンプを始め、皆さまのフィールドアクティビティがより一層充実したものになりますよう努めてまいります。