ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

😷|老舗製紙メーカー更生法申請、「うなぎパイ」減産、宿泊施設閉館 旅行客激減の影響大きく 静岡県


写真 

老舗製紙メーカー更生法申請、「うなぎパイ」減産、宿泊施設閉館 旅行客激減の影響大きく 静岡県

 
内容をざっくり書くと
一方、浜松市にある菓子メーカー春華堂は、「うなぎパイ」の減産を決めました。
 

政府や県は、大人数での会食を自粛するよう求めていますが、県内で新型コロナの影響を受けているのは、飲食… →このまま続きを読む

 静岡朝日テレビ

LOOKは静岡朝日テレビが発信するトータルwebメディアです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

菓子メーカー春華

浜松市

浜松市(はままつし)は、静岡県西部、遠州地方に位置する政令指定都市国際会議観光都市に指定されており、静岡県最大の都市である。

概要

ホンダの発祥地でありスズキが本社を構えるなど東海地方でも有数の自動車工業都市であり、県庁所在地以外の市で4番目の人口を有する。平成の大合併以前の旧浜松市の人口は約61万人、人口密度2368人/㎢[1]であり、旧浜北市との小規模合併のみで政令市移行の基準[2]を満たしていたが、財政が逼迫した北遠自治体等との大規模救済合併[3]により全国の市町村で2番目の面積を有するようになり、また静岡県では静岡市に次ぎ2番目の政令指定都市に移行した。ピーク時には82万人であったが、現在は80万人を割り込み79万人と近年は減少傾向が続いている。7つの行政区を持ち、面積の約6割を天竜区が、人口の97%以上を天竜区を除いた6区が占めている[4]

遠州地域における経済文化観光の中心となっている。戦国時代には浜松城城下町江戸時代には東海道宿場町として栄えた。毎年開催される浜松まつりでは、3日間で約200万人の参加者が訪れる[5]。都心部にはアクトタワーなど超高層ビルが林立し三大都市圏以外では唯一の200m級スカイラインを構成する[6]一方、イオンモールなど多数の郊外型大規模商業施設の集積[7]都田テクノポリスなど高度技術集積都市の開発[8]など郊外化が進んでいる。

ヤマハカワイローランドといった楽器メーカーが立地し、「楽器の街」として知られる[9]。また、音楽文化活動も盛んでユネスコ創造都市ネットワークに音楽分野で加盟している[9]

2020年に政府から、新興企業を生み出すための「グローバル拠点都市」に選定された[10]

在留ブラジル人総数が全市町村の中で最も多く、在浜松ブラジル総領事館が置かれ、2001年には第一回外国人集住都市会議が開催されるなど、多文化共生が進んでいる[11][12]。また、同市はSDGs未来都市に選定されており[13]パートナーシップ宣誓制度導入や積極的実証実験サポート事業など多様性ある持続可能な社会の実現に向けた取り組みが行われている[14][15]

浜松市を中心として浜松都市圏を形成しているが、国勢調査の区分では近接した都市圏を統合するため静岡・浜松大都市圏に区分されており、静岡市とともに全国5位の規模を有する同大都市圏の中心都市として機能している。

地理

太平洋ベルト沿いで東京と大阪の中間付近に位置し、南部の平野と北部の山間で構成されている。南部の平野は、沖積平野、海岸平野、台地(三方原台地)で構成され、県内自治体で最大の平地面積を持つ。面積岐阜県高山市に次いで全国で2番目に広い。豊かな自然に囲まれており、北部は赤石山系、東部は全国でも有数の流域を持つ天竜川、南部は広大な砂丘(中田島砂丘)からなる遠州灘、そして西部は浜名湖と四方を異なる環境に囲まれている。市内各所に舘山寺奥浜名湖弁天島白倉峡などの景勝地がある。旧水窪町は豪雪地帯でもある。

河川
湖沼
  • 浜名湖 : 市の南部に位置する都田川水系の汽水湖
  • 引佐細江 : 浜名湖の枝湾で、細江湖とも呼ばれる。
  • 猪鼻湖 : 浜名湖の枝湾。
  • 庄内湖 : 浜名湖の枝湾。
  • 佐鳴湖 : 都田川水系新川の中流に位置する湖。日本一汚染度の高い湖としても知られた(2001-2006年度。2008年度湖沼部門4位)。
  • 佐久間湖 : 天竜川にある佐久間ダムのダム湖。
  • 秋葉湖 : 天竜川にある秋葉ダムのダム湖。
  • 船明ダム湖 : 天竜川にある船明ダムのダム湖。
  • いなさ湖 : 都田川にある都田川ダムのダム湖。
  • 水窪湖 : 天竜川水系戸中川にある水窪ダムのダム湖。
  • 秋葉山
  • 大草山
  • 根本山
  • 観音山
  • 中根山
  • 竜頭山
  • 戸口山
  • 兵越峠(飯田市境)
  • 青崩峠(飯田市境)
  • 大洞山
  • 鳶ノ巣山(新城市境)
  • 坊ヶ峰(豊橋市境)
  • 白倉山
  • 天日山
  • 光明山
  • 小仏山
  • 常光寺山
  • 井戸口山
  • 五丁坂頭山
  • 鋸山(川根本町境)
  • 入手山
  • (森町境)
  • 蕎麦粒山(川根本町境)
  • 竜馬ヶ岳

鉱山

浜松市に鉱山があったという話は余り知られていない。現在の天竜区に久根鉱山(銅)及び峰之沢鉱山、北区に黒姫鉱山(マンガン)があった。

都田地区、旧引佐町、旧浜北市根堅地区では石灰岩の採掘が行なわれており、一部は現在も操業中である。

政令指定都市でかつて鉱山を有していたのは手稲鉱山豊羽鉱山があった札幌市秋保鉱山があった仙台市、のあった静岡市、峰之沢鉱山、久根鉱山などがあった浜松市の4市のみである。

気候

平野部の年降水量は1809.1mmで全国的に見ると少し多めだが、静岡県の中では少ない方である。山間部に行くにつれて年降水量は多くなる傾向がある。

夏は山間地は暑さが厳しく、フェーン現象により、全国一の高温を記録することもある。また平野部でも時折35℃以上の猛暑日が発生しており、2020年令和2年)8月16日に浜松市中区で初めて40℃を記録、翌8月17日午後0時10分には、浜松市中区で日本歴代最高に並ぶ41.1℃を記録した[16][17]

平野部は冬でも温暖で、2月でも晴れた日には上着なしで外出できる日もある。ただしこれは浜松市に限らず全国的に気温が上がっている日であって、基本的には「遠州のからっ風」と呼ばれる強い季節風が吹くため、気温以上に寒く感じられる日が多い。 平野部での冬の降雪は稀であるが、強い寒気が流れ込むと浜松市でも雪が降ることがあり、山間部では積もることがある。 山間部の天竜区水窪町豪雪地帯に指定されている一方で、沿岸部の浜松市中心部(中区東区西区南区)は降雪量累計の平年値が0cmであるなど地域差が大きい。


浜松の気候
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温記録 °C (°F)20.7
(69.3)
22.5
(72.5)
24.9
(76.8)
28.1
(82.6)
31.8
(89.2)
36.7
(98.1)
38.6
(101.5)
41.1
(106)
36.6
(97.9)
32.1
(89.8)
27.1
(80.8)
23.2
(73.8)
41.1
(106)
平均最高気温 °C (°F)10.1
(50.2)
11.1
(52)
14.3
(57.7)
19.3
(66.7)
23.0
(73.4)
25.8
(78.4)
29.4
(84.9)
31.1
(88)
28.2
(82.8)
23.1
(73.6)
17.9
(64.2)
12.7
(54.9)
20.5
(68.9)
日平均気温 °C (°F)5.9
(42.6)
6.5
(43.7)
9.7
(49.5)
14.7
(58.5)
18.7
(65.7)
22.0
(71.6)
25.7
(78.3)
27.0
(80.6)
24.1
(75.4)
18.8
(65.8)
13.5
(56.3)
8.4
(47.1)
16.3
(61.3)
平均最低気温 °C (°F)2.5
(36.5)
2.7
(36.9)
5.6
(42.1)
10.4
(50.7)
14.9
(58.8)
19.0
(66.2)
23.0
(73.4)
24.0
(75.2)
21.0
(69.8)
15.3
(59.5)
9.8
(49.6)
4.8
(40.6)
12.8
(55)
最低気温記録 °C (°F)−4.9
(23.2)
−5.4
(22.3)
−3.2
(26.2)
0.7
(33.3)
6.3
(43.3)
11.2
(52.2)
15.3
(59.5)
17.7
(63.9)
12.4
(54.3)
5.6
(42.1)
0.7
(33.3)
−4.1
(24.6)
−5.4
(22.3)
降水量 mm (inch)57.0
(2.244)
78.3
(3.083)
149.4
(5.882)
167.5
(6.594)
190.5
(7.5)
241.3
(9.5)
190.0
(7.48)
150.8
(5.937)
248.8
(9.795)
164.5
(6.476)
118.8
(4.677)
52.3
(2.059)
1,809.1
(71.224)
湿度58576065717880777570666168
平均月間日照時間196.5184.2191.0195.6195.8148.3177.5222.6161.0165.9170.0199.52,207.9
出典 1: 理科年表
出典 2: 気象庁 (平均値:1981年-2010年、極値:1888年-現在)[18][19]


天竜の気候
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温記録 °C (°F)19.1
(66.4)
24.1
(75.4)
26.0
(78.8)
31.3
(88.3)
33.4
(92.1)
37.7
(99.9)
39.9
(103.8)
40.9
(105.6)
37.8
(100)
34.1
(93.4)
27.2
(81)
22.3
(72.1)
40.9
(105.6)
平均最高気温 °C (°F)10.7
(51.3)
11.8
(53.2)
15.1
(59.2)
20.4
(68.7)
24.3
(75.7)
27.2
(81)
30.9
(87.6)
32.5
(90.5)
29.1
(84.4)
23.7
(74.7)
18.4
(65.1)
13.3
(55.9)
21.5
(70.7)
日平均気温 °C (°F)5.3
(41.5)
6.2
(43.2)
9.3
(48.7)
14.4
(57.9)
18.5
(65.3)
21.9
(71.4)
25.6
(78.1)
26.8
(80.2)
23.7
(74.7)
18.2
(64.8)
12.8
(55)
7.6
(45.7)
15.8
(60.4)
平均最低気温 °C (°F)0.5
(32.9)
1.1
(34)
4.1
(39.4)
9.1
(48.4)
13.5
(56.3)
17.8
(64)
21.8
(71.2)
22.9
(73.2)
20.0
(68)
14.2
(57.6)
8.3
(46.9)
2.7
(36.9)
11.4
(52.5)
最低気温記録 °C (°F)−6.7
(19.9)
−5.9
(21.4)
−5.2
(22.6)
−0.9
(30.4)
5.1
(41.2)
11.3
(52.3)
15.6
(60.1)
17.8
(64)
11.4
(52.5)
3.9
(39)
−1.8
(28.8)
−5.8
(21.6)
−6.7
(19.9)
降水量 mm (inch)61.4
(2.417)
88.6
(3.488)
189.9
(7.476)
193.5
(7.618)
221.0
(8.701)
279.8
(11.016)
239.5
(9.429)
212.2
(8.354)
274.4
(10.803)
168.0
(6.614)
117.9
(4.642)
54.4
(2.142)
2,100.3
(82.689)
平均月間日照時間178.7171.7177.3177.6161.1116.5137.9178.6138.8153.3164.5186.21,944.6
出典: 気象庁 (平均値:1981年-2010年、極値:1888年-現在)[20][21]


佐久間の気候
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温記録 °C (°F)17.8
(64)
23.0
(73.4)
26.3
(79.3)
31.9
(89.4)
34.1
(93.4)
36.9
(98.4)
40.2
(104.4)
39.6
(103.3)
37.3
(99.1)
33.6
(92.5)
25.7
(78.3)
23.0
(73.4)
40.2
(104.4)
平均最高気温 °C (°F)9.7
(49.5)
11.1
(52)
14.6
(58.3)
20.4
(68.7)
24.6
(76.3)
27.5
(81.5)
31.1
(88)
32.8
(91)
28.9
(84)
23.1
(73.6)
17.4
(63.3)
12.2
(54)
21.1
(70)
日平均気温 °C (°F)3.4
(38.1)
4.5
(40.1)
7.9
(46.2)
13.3
(55.9)
17.8
(64)
21.5
(70.7)
25.1
(77.2)
26.2
(79.2)
22.8
(73)
16.7
(62.1)
10.7
(51.3)
5.3
(41.5)
14.6
(58.3)
平均最低気温 °C (°F)−1.3
(29.7)
−0.6
(30.9)
2.3
(36.1)
7.3
(45.1)
12.4
(54.3)
17.2
(63)
21.1
(70)
22.1
(71.8)
18.9
(66)
12.5
(54.5)
6.1
(43)
0.7
(33.3)
9.9
(49.8)
最低気温記録 °C (°F)−7.1
(19.2)
−8.1
(17.4)
−4.8
(23.4)
−2.6
(27.3)
3.3
(37.9)
9.0
(48.2)
15.3
(59.5)
16.5
(61.7)
9.8
(49.6)
2.4
(36.3)
−1.6
(29.1)
−6.3
(20.7)
−8.1
(17.4)
降水量 mm (inch)68.8
(2.709)
87.5
(3.445)
177.8
(7)
177.4
(6.984)
206.1
(8.114)
279.4
(11)
279.6
(11.008)
257.3
(10.13)
314.0
(12.362)
176.5
(6.949)
118.0
(4.646)
60.9
(2.398)
2,231.8
(87.866)
平均月間日照時間136.2141.1159.1173.0161.7123.9142.3170.8132.0141.1135.3140.91,756.3
出典: 気象庁 (平均値:1981年-2010年、極値:1939年-現在)[22][23]

人口

Demography22130.svg
浜松市と全国の年齢別人口分布(2005年)浜松市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 浜松市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

浜松市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


平均年齢(2015年(平成27年)10月1日)[24]
  • 全体 - 45.16 歳
    • 男性 - 43.71 歳
    • 女性 - 46.60 歳

隣接している自治体

静岡県 静岡県
愛知県 愛知県
長野県 長野県

行政

  • 浜松市は、2015年度(平成27年度)から開始の総合計画において、都市の将来像を「市民協働で築く『未来へかがやく創造都市・浜松』」と掲げている[25]
  • マスコットキャラクター(はままつ福市長)は、「出世大名家康くん」が務めている[26]

歴代市長

氏名就任年月日退任年月日
初代鶴見信平1911年7月1日1911年12月19日
2小西四郎1911年12月19日1915年12月14日
3竹山平八郎1916年3月24日1920年3月23日
4-5渡辺素夫1920年7月24日1928年8月21日
6中村陸平1928年12月5日1932年11月4日
7高柳覚太郎1933年3月17日1934年9月17日
8-9横光吉規1935年2月8日1942年9月20日
10藤岡兵一1942年11月28日1946年11月11日
11坂田啓造1947年4月16日1951年4月15日
12-13岩崎豊1951年4月25日1959年4月30日
14-18平山博三1959年5月1日1979年4月30日
19-23栗原勝1979年5月1日1999年4月30日
24-25北脇保之1999年5月1日2007年4月30日
26-29鈴木康友2007年5月1日現職

浜松市役所組織

浜松市役所では、部制を採用している。

市長事務部局

市長 - 副市長(2)

  • 企画調整部
  • 総務部
  • 財務部
  • 市民部
  • 健康福祉部
  • こども家庭部
  • 環境部
  • 産業部
  • 都市整備部
  • 土木部
  • 区役所(7)

市長 - 会計管理者

その他部局

区役所

役所名住所
中区役所中区元城町103番地の2
東区役所東区流通元町20番3号
西区役所西区雄踏一丁目31番1号
南区役所南区江之島町600番地の1
北区役所北区細江町気賀305番地
浜北区役所浜北区貴布祢3000番地
天竜区役所天竜区二俣町二俣481番地

警察・消防

警察署

その他

  • 西区舞阪町は2007年3月まで新居警察署(現 湖西警察署)の管轄であった。2007年4月からは浜松中央署の管轄に、2019年4月からは浜松西署の設置に伴い同署の管轄となっている。

消防

歴史

地名の由来

現在の東海旅客鉄道浜松工場一帯に広がる、7世紀後半~9世紀前半の古代敷知郡衙跡である伊場遺跡群から出土した木簡に「濱津郷(浜津郷)」と書かれたものがあり、古代には「はまつ」と呼ばれており、港や渡し場を意味する「津」が由来であったと考えられている[27][28]。何故「はまつ」が「はままつ」となったかは不明であるが、承平年間(931年938年)に編纂された『倭名類聚抄』では「浜津」、弘安6年(1283年)頃成立の『十六夜日記』では「浜松」となっており、平安時代後半から鎌倉時代までの間に変移したと考えられている[29]

12世紀頃には北海道を除く全国各地で荘園が整備され、旧敷知郡域にが配置された。中世以前の天龍川は、度々氾濫する川(暴れ天龍)として知られ、現在の市域には幾つかの天龍川支流が流れており、河川で濱松荘と引間とは、地域がそれぞれ独立していた。時代を経て中世に移行すると、濱松(現在の浜松)と呼称されるようになった。「引間」が「曳馬」に転じた地名と推測され、近世以前は「引馬」と表記される文献も存在している。この引間において、瀬名姫の先祖である今川貞相によって引間城が築城された。これを徳川家康が濱松城と改めた事で、以後濱松(現在の浜松)として定着する(元来、引間城の近郊に濱松という町があった。家康が引間城を元に増築した城を名付ける際、町の呼び名に因んで濱松城とした)。

古代

中世

鎌倉時代から室町時代まで

戦国時代

近世

江戸時代

明治から第二次大戦まで

昭和(戦後)

平成

政治

市議会

浜松市議会 (定数46、2019年4月選挙、任期:2019年5月1日 - 2023年4月30日、2020年4月現在)

選挙区別・会派別議員数一覧表
 合計中区東区西区南区北区浜北区天竜区
定数4614766553
自由民主党浜松245344521
市民クラブ5211  1 
創造浜松521   11
公明党52111   
日本共産党浜松市議団411   11
浜松市政向上委員会11      
市民サポート浜松1   1   
党派を超える会11      

県政

静岡県議会議員 (定数68、2019年4月選挙、任期:2019年4月30日 - 2023年4月29日)

  • 中区 - 定数4 会派別内訳(自民改革会議…2、ふじのくに県民クラブ…2)
  • 東区 - 定数2 会派別内訳(自民改革会議…1、ふじのくに県民クラブ…1)
  • 西区 - 定数2 会派別内訳(自民改革会議…1、ふじのくに県民クラブ…1)
  • 南区 - 定数2 会派別内訳(自民改革会議…1、無所属…1)
  • 北区 - 定数2 会派別内訳(自民改革会議…1、ふじのくに県民クラブ…1)
  • 浜北区 - 定数2 会派別内訳(自民改革会議…1、ふじのくに県民クラブ…1)
  • 天竜区 - 定数1 会派別内訳(自民改革会議…1)

国政

衆議院議員

選挙区議員名党派名当選回数備考
静岡県第3区(浜松市天竜区(旧春野町)、磐田市袋井市

掛川市菊川市御前崎市(旧浜岡町))

宮沢博行自由民主党3選挙区
静岡県第7区(浜松市天竜区(旧春野町を除く)、北区

浜北区西区中区(西丘町、花川町)、 南区(増楽町・高塚町・東若林町・若林町)

城内実自由民主党5選挙区
日吉雄太立憲民主党1比例復活
静岡県第8区(浜松市東区西区

中区(西丘町、花川町を除く)、 南区(増楽町・高塚町・東若林町・若林町を除く)

塩谷立自由民主党9選挙区
源馬謙太郎立憲民主党1比例復活

姉妹都市・提携都市

海外

姉妹都市[41]
友好提携都市[41]

この他にも2014年にはFlag of UNESCO.svgユネスコ創造都市に認定された(国内では神戸市名古屋市金沢市札幌市に続く5番目に鶴岡市と共に認定。音楽部門ではアジア初)。

日本国内

音楽文化友好都市
その他

国の機関

法務省

財務省

  • 名古屋税関清水税関支署浜松出張所
  • 浜松東税務署
  • 浜松西税務署

厚生労働省

農林水産省

国土交通省

国際機関

首都東京以外でブラジルの総領事館があるのは、同市と愛知県名古屋市のみである。
浜松は名古屋と並んで、東海地方に多い在日ブラジル人コミュニティの中心都市の一つとなっている為、ブラジルの文化が多く見られる都市でもある。

領事館

総領事館
名誉総領事館

金融機関

行政区

浜松市は、2005年7月1日に12市町村を編入合併、2007年4月1日に非都道府県庁所在地では4番目、静岡県内では静岡市に次いで2番目の政令指定都市となった。7つの行政区で構成され、それぞれの区域および区役所の位置は、合併協議の際に決められた。なお、全ての区に鉄道駅が存在する。

区名範囲
中区中心部・泉・幸・萩丘小豆餅・花川・高丘・和合など
東区積志・長上・笠井・中ノ町・和田・蒲・大瀬・大島・小池・市野など
西区入野・志都呂・篠原・庄内・和地・伊佐見・神久呂・雄踏舞阪など
南区白脇・新津・飯田・芳川・河輪・五島・可美など
北区都田・新都田・三方原・細江引佐三ヶ日など
浜北区貴布祢・美薗・中瀬・小松・染地台など
天竜区二俣・山東・横山・熊・月・谷山・春野佐久間水窪龍山など
行政区の人口・面積と人口密度
コード区名人口
(人)
面積
(km2
人口密度
(人/km2
22131-7中区234,26944.345,283.47
22132-5東区129,14446.292,789.89
22133-3西区107,503114.71937.17
22134-1南区99,93646.842,133.56
22135-0北区92,435295.54312.77
22136-8浜北区98,76766.501,485.22
22137-6天竜区26,459943.8428.03
合計788,5131,558.06506.09
推計人口、2021年2月1日)(全国都道府県市区町村別面積調 国土地理院

各区の記事を参照。

経済

第一次産業

農業

浜松市に合併された地区を中心に農業が盛んであり、農業産出額は全国4位となっている(2006年)。野菜や花き、果実の他に、浜北区では植木生産が行われ、天竜区などの北部森林地域は、東海地方屈指の林業地帯となっている。

主な農産物

浜松市において産出されている品目のうち、産出額が上位15位以内のものを掲載する。

  • みかん - 主要な作目の1つとなっており、「浜名湖みかん」というブランドで全国に出荷されている。特に北区三ヶ日地区のみかんについては品質が優れていることから「三ヶ日みかん」というブランドが別に与えられ、高値で取引されている。
  • - 多くの水田があり、県内1位である。
  • - 愛知県田原市に次ぐ、全国屈指の菊の産地。遠州地方の花きの主力品目。静岡県全体の70%を、浜松市で生産している。
  • - 天竜区天竜地区・春野地区は、「遠州山のお茶」という統一ブランドを持つ。渋味とほのかに残る甘味。
  • チンゲンサイ - 浜名湖東岸での生産が盛んで、産出額は全国1位である。
  • サツマイモ - 西区篠原地区を中心に、紅高系と紅あずまの品種が栽培されている。
  • ジャガイモ - 三方原では、ジャガイモの生産が盛んで、県1位の産出額である。北海道などの主要産地より収穫期が早く高品質であるので端境期の高級食材として有名シェフ等に利用されている。
  • ネギ - 東区では葉葱を、南区では白葱の生産が主である。
  • セロリ - 東区西区で主に栽培され、産出額は全国1位である。
  • ガーベラ - 西区庄内・伊佐見・和地地区での生産が盛んで、産出額は全国1位である。
  • 畜産業 - 豚肉は「浜名湖もちぶた」、牛肉は「静岡そだち」としてブランド化されている。牛乳鶏卵の生産も行われている。
漁業
代表的な水産物
  • ウナギ - かつては浜松の特産品として全国的に有名だったが、1990年代から廃業が進み現在は県内シェア10%程度まで低下[要出典]
  • トラフグ - 遠州灘は日本有数の漁場。その大半が山口県下関市に送られている。
  • シラス - シラス干がほとんどだが、産地近くでのみ食べられる生シラスは絶品である。
  • アサリカキ - 生産量は少ない。
  • ノコギリガザミ - 浜名湖の名産品。ドウマンガニと呼ばれ淡白でうまみのある肉質。
  • クルマエビ - 浜名湖産は比較的小ぶりで、天ぷらまたは生食用。
  • ノリ - 古くから舞阪周辺で養殖される。
  • スッポン - 全国の70%を浜名湖周辺で生産する。
  • ハモ - 京都で祇園祭の頃に消費されるハモの大半は浜名湖産であるといわれている。
その他の水産物
  • 浜名湖 - ウナギ、スズキ、サヨリ、イワシ、エビ、カニ、タイ、シラスウナギ、ヒラメ、アサリ、ノリ、カキ
  • 遠州灘 - フグ、シラス、イワシ、タチウオ、ヒラメ、タイ、イサキ、スズキ、カツオ、サワラ、アジ
  • 天竜川 - アユ、アマゴ
  • 養殖 - ウナギスッポンアユ
主な漁港
  • 村櫛漁港(西区村櫛町
  • 舞阪漁港(西区舞阪町舞阪)

第二次産業

浜松市は工業都市であり、本地を発祥とするホンダは今なおトランスミッションや船外機の工場を置く。他にもスズキヤマハ(楽器メーカー。もっとも、ヤマハ発動機の本社も隣接の磐田市に所在する。)といった国内屈指の大企業も本社を構え、製造品出荷額は2兆円を超える。浜松の工業の大半は小規模工場で、その多くは繊維楽器自動車オートバイに関連する大企業の下請け工場である。近年、ホンダやスズキなどの工場再編計画で下請け企業にとって厳しい状況である。

市街地の周りには古くからある繊維工場や楽器、機械工場があり、郊外には輸送用機器工場などの大規模工場が各工業団地とともに分布している。北区の都田テクノポリスや細江テクノタウンには、先端技術産業の工場や研究施設が設置されている。

工業の歴史
繊維産業
浜松は江戸時代から綿織物の産地として栄え、明治時代には現在の笠井を中心として綿織物の大生産地となった。
楽器工業
明治後半に山葉寅楠オルガンを製作したことから始まった楽器工業は、昭和に入ってヤマハ河合楽器の2大メーカーとなり、1960年代の高度経済成長とともに浜松の楽器産業は飛躍的に発展し世界的な楽器の生産地となった。
21世紀に入り、ローランド大阪市から本社を移転、さらにローランド創業者の梯郁太郎らが市内に新会社 ATV を設立するなど、国内の電子楽器メーカーの浜松市への集積が進んでいる。
輸送機器
戦後に本田宗一郎が、不要になった軍用無線機の発電用エンジンを改良して自転車に取り付けたことから、浜松のオートバイ産業は始まった。一時は40社に達するほどであったが、現在は市内で完成車の製造は行っていない。
主要産業
楽器
浜松は、楽器産業が盛んな都市である。市内には、首位のヤマハ河合楽器製作所ローランドが本社を構えており、日本の三大楽器メーカーが浜松に存在することになる。浜松市の楽器産業はピアノを発祥とし、ピアノ生産の拠点が周辺都市に移った現在でも、電子オルガン電子ピアノシンセサイザー管楽器ギターなど、さまざまな楽器の生産が行われている。メロディオンピアニカハーモニカなどの生産も多い。
輸送機器
本田技研工業創業の地で、現在でも浜松製作所が存在し、四輪車用AT/M(自動変速機)、CVT(無段変速機)を生産している。また、スズキの本社工場もあるがエンジンの生産のみで、完成車は生産していない。クラッチ板メーカーのエフ・シー・シーなど、部品メーカーも立地している。
繊維産業
浜松には多くの繊維工場が存在し、特に浴衣の生産では全国有数の生産地域となっている。
光電子技術産業
浜松高等工業学校(現静岡大学工学部)助教授(後に教授)の高柳健次郎が、テレビジョンを発明した。高柳の教え子らが創業した浜松ホトニクスの本社と主要工場がある。

第三次産業

浜松駅のある中心市街地に多くの商店街が形成されているが、空き店舗の増加など商店街の機能低下の課題を抱えている地区が多くなっている[42]

2013年時点で店舗面積が3,000平米を超す大規模店舗が54店舗存在する。まちづくり三法の制定以降、大規模店舗の出店が急増した[43]

市域全体で見た場合の小売店舗の売り上げや店舗面積は増加傾向にある[44]

主な商業地

中心部

商店街

  • 有楽街
  • モール街
  • 肴町通り
  • 鍛冶町通り
  • ゆりの木通り
  • 田町中央通り
  • 大手通り
  • 広小路通り
  • アクト通り
  • 砂山銀座商店街(サザンクロス商店街)ほか

大型店

郊外の大型店

東部エリア

西部エリア

北部エリア

南部

主な企業

地方公営企業
本社

楽器・音楽関連産業

自動車関連産業

光関連・精密機器

繊維・紡績

  • 丸八真綿(寝具製造)
  • テイボー(マーキングペン先の製造)
  • レワード(野球用ユニフォーム製造)


その他

拠点
発祥

マスメディア

浜松市内に静岡FMの本社があるほか、NHKおよび民間放送のテレビ局は、NHK静岡放送局や静岡市に本社があるテレビ局の支社があり、放送を中継する浜松中継局がある。新聞は、中日新聞の遠州地方を管轄する東海本社や、静岡新聞浜松総局、各新聞社の支局や通信部が置かれている。

新聞・通信社

放送

このほか、地域によってはテレビ愛知豊橋中継局を地上波(26ch)で受信可能[48]

金融機関

本店を有する信用金庫

浜松市に本店を置く(第一)地方銀行第二地方銀行は存在しないが、上記の2つの信用金庫が市内全域に 店舗網を有している。

都市銀行(メガバンク)

信託銀行・外国銀行

地方銀行・第二地方銀行

浜松市内の代表店舗を掲載する。

政府系・系統金融機関ほか

医療

浜松市には浜松医科大学浜松医療センターをはじめとして、聖隷三方原病院聖隷浜松病院遠州病院などの医療機関が集中している。浜松ホトニクスPET機器の開発を行っており、研究開発と臨床実践を兼ねた財団法人浜松光医学財団が健診センターを設けている。

独立行政法人・国立大学法人医療施設

市立医療施設

  • 中区
  • 北区
    • 浜松市引佐鎮玉診療所(北区引佐町四方浄)
    • 浜松市引佐鎮玉診療所渋川出張診療所(北区引佐町渋川)
    • 浜松市引佐伊平診療所(北区引佐町伊平)
  • 浜北区
    • 浜松医療センター附属診療所(先端医療技術センター)(浜北区平口)
  • 天竜区
    • 浜松市国民健康保険佐久間病院(天竜区佐久間町中部)
    • 浜松市国民健康保険佐久間病院附属浦川診療所(天竜区佐久間町浦川)
    • 浜松市国民健康保険佐久間病院附属山香診療所(天竜区佐久間町大井)
    • 浜松市春野歯科診療所(天竜区春野町宮川)

民間等の病院

  • 中区
    • 静岡県厚生農業協同組合連合会 遠州病院(中区中央一丁目)
    • 医療法人社団新風会 丸山病院(中区助信町)
    • 社会福祉法人聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院(中区住吉二丁目)
    • 医療法人社団あずま会 八幡の森クリニック(旧医療法人弘遠会 すずかけ病院、中区八幡町)
    • 佐鳴湖病院(中区佐鳴台六丁目)
    • 三澤病院(中区佐藤三丁目)
  • 東区
    • 天王病院(東区天王町)
    • 医療法人社団盛翔会 浜松北病院(東区大瀬町)
    • 有玉病院(東区有玉南町)
  • 西区
    • 医療法人社団一穂会 西山病院(西区西山町)
    • 特定医療法人社団松愛会 松田病院(西区入野町)
    • 湖東病院(西区伊左地町)
    • 中西病院(西区入野町)
  • 南区
    • 浜松南病院(南区白羽町)
    • 浜松東病院(南区福島町)
    • 三方原病院(南区小沢渡町)
    • 医療法人弘遠会 すずかけセントラル病院(旧社会保険浜松病院の移転用地、南区田尻町)
  • 北区
  • 浜北区
    • 日本赤十字社静岡県支部 総合病院浜松赤十字病院(浜北区小林)
    • 浜北病院(浜北区小松)
    • 協立十全病院(浜北区平口)
    • 遠江病院(浜北区中瀬)
    • 浜北さくら台病院(浜北区四大地)
  • 天竜区
    • 医療法人弘遠会 天竜すずかけ病院(天竜区二俣町二俣)

教育

大学

国公立
  • 静岡大学浜松キャンパス 設置学部:工学部、情報学部(大学院総合科学技術研究科(工学専攻・情報学専攻)・自然科学系教育部{創造科学技術大学院}・創造科学技術研究部)
※廃止学部:工科短期大学部(中区城北三丁目)
私立

専修学校

  • 専門学校ルネサンス・デザイン アカデミー(中区北田町)
  • 専門学校ルネサンス・ペット・アカデミー(中区北田町)
  • 静岡県立農林大学校林業分校(浜北区於呂)(専修学校専門課程)(農業者研修教育施設
  • 浜松市立看護専門学校(中区佐鳴台五丁目)
  • 常葉学園医療専門学校(北区都田町)
  • 浜松医療福祉専門学校(中区連尺町)
  • 浜松市医師会看護高等専修学校(中区鴨江二丁目)
  • 浜松歯科衛生士専門学校(中区鴨江二丁目)
  • 静岡医療科学専門学校(浜北区平口)
  • 専門学校浜松医療学院(浜北区貴布祢)
  • 笹田学園デザインテクノロジー専門学校(中区東伊場一丁目)
  • 東海調理製菓専門学校(中区板屋町)
  • 東海工科専門学校(中区中沢町)
  • 静岡県西部理容美容専門学校(中区鴨江一丁目)
  • 浜松調理菓子専門学校(中区広沢一丁目)
  • 常葉環境情報専門学校(東区半田山二丁目)
  • 浜松情報専門学校(中区中央三丁目)
  • 浜松日建工科専門学校(中区海老塚一丁目)
  • 大原簿記専門学校浜松校(中区板屋町)
  • 大原法律公務員専門学校浜松校(中区板屋町)
  • 国際医療管理専門学校浜松校(中区元浜町)
  • 国際観光専門学校浜松校(中区元浜町)
  • 大原トラベル・ホテル専門学校浜松校(中区板屋町)
  • オイスカ開発教育専門学校(西区和地町)
  • 白百合洋裁専修学校(中区助信町)
  • トミヅカ洋裁専修学校(中区富塚町)
  • ニュースタイル専修学校(中区葵東二丁目)
  • 林洋裁専修学校(中区中央二丁目)
  • 平山文化服装専修学校(中区城北二丁目)
  • スミレ文化服飾専修学校(天竜区二俣町南鹿島)
  • 三ケ日文化専修学校(北区三ヶ日町三ヶ日)

高等学校・中学校・小学校・幼稚園

高等学校

中学校

小学校

幼稚園

特別支援学校

各種学校

学校教育以外の施設

職業訓練

自動車教習所

静岡労働局長登録教習機関

  • 静岡県セイブリフトスクール
  • 聖隷福祉事業団

保育所

その他

不祥事

文化施設

博物館
  • 浜松市楽器博物館(中区中央三丁目)
  • 浜松市博物館(中区蜆塚四丁目)
  • 浜松市復興記念館(中区利町)
  • 浜松市伊場遺跡資料館(中区東伊場二丁目)(2010年(平成22年)に閉館。)
  • 犀ヶ崖資料館(中区元城町) - 鼠小僧の墓
  • 浜松市舞阪郷土資料館(西区舞阪町舞阪)
  • 浜松市姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館(北区細江町気賀)
  • 浜松市・市民ミュージアム浜北(浜北区貴布祢)
  • 浜松市春野歴史民俗資料館(天竜区春野町宮川)
  • 浜松市水窪民俗資料館(天竜区水窪町地頭方)
美術館
その他
ホールなど
図書館

文化

食文化

下記の一部は、浜松市のみならず遠州地区全域にいえる。

名産品
  • エシャロット
浜松市南区は、エシャロットの栽培が盛んである。
浜松では一般に、そのまま味噌などをつけて食べる。
  • 浜松餃子
浜松市は餃子の消費額(総務省家計調査による)が宇都宮市と共に全国トップで、近年急激に有名になったが2011年における消費額で全国第一位となった後、翌2012年でも2年連続第一位となった。元来独特の餃子文化を持っている。また、餃子専門店の数が全国的にみても多く、「浜松餃子」ブランドを確立しようと市民ボランティアによる浜松餃子学会が2005年に発足し活動をしている。なお、マスコットキャラクターとしてを擁している。
  • うなぎ
浜名湖の養殖ウナギは全国的にも有名であり、浜松にはうなぎ屋もたくさんある。学校の給食にもまれにうなぎの蒲焼が出ることもあり、またウナギを使ったお土産菓子として春華堂うなぎパイも全国的に有名で、他にも「うなぎんぼ」などが作られている。
  • あさり
かつて浜名湖ではアサリが盛んに取れていたが、2013年は不漁により潮干狩りが中止となったもののその後水揚げ回復を受け、2015年には本格的に再開した[50]が、2016年には再び中止になった。市内の寿司屋ではあさりの寿司などもある。
  • お好み焼き
沢庵漬けを使った特徴的なお好み焼きがあり、他地方から遠州焼きと呼ばれることがある。
食文化全般
  • 味噌
市内でも地区により白みそが中心の地区・赤みそ地区・合わせみそが中心の地区にわかれるが、いずれの地域でも白みそ・赤みそ共に用いられ、好みにより使い分けられている。当地域でおでんと言うと味噌田楽を指し、煮込みおでんは関東煮(かんとうに・かんとに)と呼ばれるが、どちらも食される。遠州のもつ煮は八丁味噌文化圏と同じ土手煮である。
  • はんぺん
当地域で生産されているはんぺんは通常の白いはんぺんであるが、近年では黒はんぺんも売られている。

スポーツ

野球

高校野球では、浜松商業高校浜松工業高校浜松西高校興誠高校(当時)、浜松北高校浜名高校などが甲子園に出場しており、浜松商業高校は1978年春の選抜高等学校野球大会で全国優勝した。近年においては、2002年夏の甲子園に興誠高校が、2003年春の甲子園に浜名高校(当時浜北市)が出場して以来、浜松市内の高校は全国大会に出場していない。

プロ野球では、中日ドラゴンズが年に数回公式戦とオープン戦浜松球場で行っている。

社会人野球では以下のチームが浜松市を本拠地に置き活動している。

サッカー・フットサル

浜松市をホームタウンとするJリーグクラブはなく、政令指定都市では唯一である。ただし隣接する磐田市をホームタウンとするジュビロ磐田J2)は、市内にオフィシャルショップやジュニアユースチームを設けている。

バスケットボール

バレーボール

スポーツ施設

主なスポーツ施設

スポーツイベント

主なスポーツイベント

交通

空港

浜松市内各地 - 浜松市東区役所 - 静岡空港
航空自衛隊浜松基地

西区中区とをまたがる地域に、航空自衛隊浜松基地がある。その歴史は古く、大正時代に浜松に設置された陸軍飛行連隊がその前身である。昭和に入ると陸軍飛行学校が設置され、浜松は陸軍の重爆撃機の基地となった。太平洋戦争の戦況が悪化すると、浜松は航空基地や、軍需工場の存在とともに、米軍機の日本侵入路に当たっていたため、ほぼ同様の地理条件にあった静岡市と並び、米軍の爆撃目標値に対する実際の爆撃率において全国の都市の中では数少ない100%を超える空襲艦砲射撃を受け、多くの市民が命を落とし、市街地は焦土と化した。

終戦後一時、浜松基地はアメリカ空軍の不時着飛行場となり、1952年に組織された保安隊の航空学校が設置され、日本初の航空基地となった。保安隊はその後、航空自衛隊に改称され、1958年に浜松基地は南基地・北基地に分離したが、1989年に統合して、現在に至っている。所属部隊はパイロットや航空機等の整備員を養成する教育部隊が中心で、航空教育集団司令部がある。1999年には広報館「エアーパーク」も開館し、多くの人が訪れている。また、毎年行われる航空祭(エア・フェスタ)には、全国から多くの航空ファンが訪れている。

鉄道

東海旅客鉄道(JR東海)
日本貨物鉄道(JR貨物)
遠州鉄道(遠鉄)
天竜浜名湖鉄道(THR)

※ LRT(ライトレール)を導入する構想がある。市民団体などによって研究部会が発足し、浜松駅周辺へ郊外に延びる路線策定等が行われている。現状では市民が中心となった構想の段階で、行政側としてはまだ目立った動きは無いが、リチウムイオンバッテリー等の代替燃料を使用した「世界初の二階建て無架線LRT」を導入の主眼として構想されている。

乗車カード
鉄道路線に於ける乗車カードは以下の通り。かつては磁気ストライプ式のETカード(遠州鉄道)も利用できたが、2006年販売終了、2010年利用終了となり現在は利用できない。

索道

Entetsu logo.png遠鉄観光開発

バス

遠鉄バスを中心に運行されているが、2007年に浜松バスが浜北区内で路線バス事業を開始した。合併前の浜松市では交通部による公営交通「市営バス」を運行していたが、1986年に廃止し遠州鉄道に全路線を移譲している。現在の浜松市自主運行バスは浜松市が運行主体ではあるが公営交通ではなく、廃止代替バスやコミュニティバスなどの自治体バスである。また、天竜区春野町のみ秋葉バスサービスが乗り入れている。

一般路線バス
乗車方法は後乗り前降り後払い方式であり、運賃は整理券による多区間制である。
高速バス
乗車カード
一般路線に於ける乗車カードは以下の通り。かつては非接触型ICカードEG1CARD(遠州鉄道バス)も利用できたが、ナイスパスへの以降に伴い2004年一杯で利用が終了している。
  • ナイスパス(遠州鉄道バス)- 非接触型ICカード。相互利用は行っておらず、計画も無い。
  • ETカード(遠州鉄道バス) - 磁気ストライプ式。2006年に販売を終了している。
  • パサールカード(秋葉バスサービス) - 磁気ストライプ式。
オムニバスタウン
1997年12月25日、浜松市は日本初のオムニバスタウンに指定された。なお、オムニバスタウンとしての施策については遠鉄バス#特徴的な施策を参照。

タクシー

  • 遠鉄タクシー
  • スタータクシーグループ(浜松タクシー・富士タクシー)
  • 浜松交通タクシー
  • 西部タクシー
  • 浜松日本タクシー
  • 光タクシー
  • 外山タクシー
  • 浜松市個人タクシー協会

道路

高速道路

東名高速道路
新東名高速道路

一般国道

県道

主要地方道
一般県道

市内の道路愛称名

未決定の道路愛称名

  • 住吉バイパス
  • 丸塚バイパス

観光地・祭事

観光地

中区
  • 浜松城 - 戦国時代末期は徳川家康の居城で、以後、譜代大名が浜松城を居城としたことから、出世城とも呼ばれる。1958年に鉄筋コンクリート製の天守閣(近世には天守は存在しなかったようで絵図にも天守は記載がない)が再建された。
  • 浜松城公園 - 浜松城周辺の公園で、浜松市役所本庁舎の北側にある。春は桜の名所としても有名。
  • 浜松市美術館
  • 五社神社・諏訪神社 - 江戸幕府二代将軍徳川秀忠の産土神である。初詣では人気のスポットとなっている。はまホールに隣接している。第二次世界大戦で焼失するまで国宝であった。
  • アクトシティ浜松アクトタワー) - 浜松駅前にそびえる45階建てのアクトタワーを中心に、会議場やコンサートホール、展示場などからなる。外観は、ハーモニカをモチーフとしている。
  • 浜松市楽器博物館 - 1995年に日本初の公共楽器博物館として開館。浜松駅前の複合施設。アクトシティの中にある。
  • 蜆塚遺跡 - 縄文時代後期から晩期頃の集落遺跡。国の史跡に指定されている。
東区
西区
南区
北区
浜北区
天竜区

土産・伝統工芸品

祭事

祭事の文化面については遠州地方を参照のこと。

音楽系

作品

映画

漫画

アニメ

小説

ゲーム

テレビ番組

出身有名人

浜松市出身の人物一覧を参照。

その他

旧浜松市

2005年(平成17年)7月1日の合併前における浜松市のデータを記載。

1911年(明治44年)7月1日に制定された市章(記章)は、2005年6月30日をもって廃止された。

三ケ日町・三ヶ日町

合併当初、(北区)三ヶ日町は、三ケ日町であった。それは、三ヶ日町と東浜名村の合併時に国が三ケ日町と告示したためである。政令指定都市になる前の2007年3月に三ヶ日町に変更された。三ケ日町も参照。

市外局番

固定電話の単位料金区域は浜松MAである。市外局番は、053(400〜599・920〜959・964〜973・975〜976・978〜989)である。なお、隣接する湖西市も浜松MAである。2007年3月31日までは天竜区の区域が天竜MAで、0539(20〜61・63〜99)、その他の地域が浜松MAで053(400〜599)と、同一市内でも複数の市外局番があり、相互の通話は市外通話扱いだった。

市内局番900番台で欠けている局番は、磐田市豊岡地区天竜MA[現在でも名称は変更なし]、0539-60〜62・74・77・90〜99および63-0GHJ・5GHJ〜9GHJ)で使用中であることが理由である。(豊岡地区は同じ0539でも浜松市ではないため、市外局番統合の対象からは除外された。)同地区は市外局番統合までは、天竜区となる地域と市内通話エリアであった。浜松市内の0539-63-1GHJ〜4GHJを使用している区域は市内局番も含めて053-973-1GHJ〜4GHJに変更された。この変更の影響で、天竜区(浜松MA)と磐田市豊岡地区(天竜MA、現在でも名称は変更なし)は同一MAではなくなったため、相互の通話は市外局番からのダイヤルとなり、通話料も市内通話料金ではなくなった。

1992年までの浜松市内の市外局番は、旧浜松市の大半は0534で、北区の旧引佐町・三ヶ日町・細江町は0535(20〜49)、浜北区は05358、西区の旧雄踏町・舞阪町は05359、天竜区の旧天竜市は05392、旧春野町05398(5・6・9)、旧龍山村・佐久間町・水窪町は0539(64〜69・82・87)だった。

地域型JPドメイン名

浜松市は政令指定都市に移行した自治体の地域型JPドメイン名city.hamamatsu.jp が割り当られるが、政令指定都市移行の前に hamamatsu.jp汎用JPドメイン名として浜松市以外の一般事業者に取得されており、浜松市が使用できない状態にある。このようなケースは堺市相模原市でも発生しており、堺市では.osakaに代えて『地域』を表す.lgを挿入している。浜松市では政令市移行前と同じ city.hamamatsu.shizuoka.jp ドメインを引き続き使用している。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 残りの18.02km2湖西市、および新居町(当時。新居町は2010年3月23日に湖西市と合併)に編入[36]

出典

  1. ^ 合併・政令市の検証”. 浜松市. 2021年2月7日閲覧。
  2. ^ 旧浜松市と旧浜北市の合算人口 約70万人面積 323.52㎢人口密度 2152人/㎢[1]
  3. ^ 『日本の特別地域 特別編集49 これでいいのか 静岡県 浜松市』マイクロマガジン社、2013年8月13日、1-2頁。
  4. ^ 全国都道府県市区町村別面積調 | 国土地理院”. www.gsi.go.jp. 2020年11月21日閲覧。
  5. ^ 【報告】浜松まつりに昨年越える人出|新着情報/浜松商工会議所”. www.hamamatsu-cci.or.jp. 2020年12月4日閲覧。
  6. ^ 日本の超高層建築物・構築物の一覧
  7. ^ 2020年 静岡県の商業施設|超大型・大型ショッピングモール人気おすすめランキング”. tcg-jpn.com. 2021年2月7日閲覧。
  8. ^ テクノポリス都田地区 | 浜松情報BOOK”. www.hamamatsu-books.jp. 2021年2月7日閲覧。
  9. ^ a b 浜松市公式ホームページ 音楽の都へ”. 浜松市. 2020年4月30日閲覧。
  10. ^ 日本版シリコンバレーへ 政府が東京・横浜など4都市圏を選定(産経新聞)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年7月12日閲覧。
  11. ^ 浜松市:外国人向け生活情報 | 浜松市:ビジネス情報 - 地域への投資 - 外国企業誘致” (日本語). ジェトロ. 2020年12月4日閲覧。
  12. ^ 浜松市多文化共生都市ビジョン”. 浜松市. 2020年12月4日閲覧。
  13. ^ SDGs未来都市選定都市一覧”. 首相官邸. 2020年12月4日閲覧。
  14. ^ 静岡)LGBTカップル証明制度創設へ、浜松市:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年12月4日閲覧。
  15. ^ 浜松市. “自動運転による超小型モビリティの公道走行実証” (日本語). 浜松市. 2021年2月7日閲覧。
  16. ^ 【速報】静岡県浜松市で日本歴代最高に並ぶ41.1℃を観測” (日本語). ウェザーニュース. 2020年8月17日閲覧。
  17. ^ 饒村曜. “最高気温41.1度の浜松は最初の天気図記入地点”. ヤフー. https://news.yahoo.co.jp/byline/nyomurayo/20200818-00193797/ 2020年9月10日閲覧。 
  18. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2012年8月10日閲覧。
  19. ^ 観測史上1~10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2012年8月10日閲覧。
  20. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2012年8月10日閲覧。
  21. ^ 観測史上1~10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2012年8月10日閲覧。
  22. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2018年4月29日閲覧。
  23. ^ 観測史上1位から10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2018年4月29日閲覧。
  24. ^ 浜松市 (2015年10月27日). “町字別・年齢別人口表 > 浜松市 (PDF)”. 2015年10月29日閲覧。
  25. ^ 浜松市. “浜松市総合計画”. 2015年5月1日閲覧。
  26. ^ 浜松市. “浜松市マスコットキャラクター はままつ福市長「出世大名家康くん」”. 2014年12月2日閲覧。
  27. ^ 日本地名の会 2014, pp. 302-305.
  28. ^ 鈴木 2018, pp. 49-51.
  29. ^ 日本地名の会 2014, pp. 303.
  30. ^ 続日本紀
  31. ^ 弘仁新羅の乱
  32. ^ 日本三代実録
  33. ^ 平成17年(2005年)6月28日浜松市告示第322号(浜松市市章の制定)
  34. ^ これ以降、当該地域の住所表記は「浜松市○○町(例・舞阪町、雄踏町等)○○」(現在は、「浜松市○○区(例・西区、北区等)○○町○○」)となっており、「○○町○○」の部分は、ただ単にそれぞれの編入前の自治体名とその字名が付くのでは無く、一つの字名として扱われる
  35. ^ 平成19年(2007年)7月1日浜松市告示第370号(浜松市の市歌の制定)
  36. ^ 国土地理院. “全国都道府県市区町村別面積調 : 平成22年 (PDF)”. pp. 67-69. 2012年4月11日閲覧。
  37. ^ 浜松市. “浜松市民憲章について”. 2014年12月2日閲覧。
  38. ^ 浜松市. “浜松市平和都市宣言”. 2014年12月2日閲覧。
  39. ^ 浜松市. “地域自治区制度について”. 2014年12月2日閲覧。
  40. ^ UNESCO (2014年12月1日). “28 cities join the UNESCO Creative Cities Network” (英語). 2014年12月2日閲覧。
  41. ^ a b 浜松市. “姉妹都市・友好都市”. 2014年12月2日閲覧。
  42. ^ 浜松市における小売商業の動向 キ 商店街の分布状況”. 浜松市. 2020年4月30日閲覧。
  43. ^ 浜松市商業の課題”. 浜松市. 2020年4月30日閲覧。
  44. ^ 静岡県統計(平成19年)シート3(小売)
  45. ^ 会社概要”. ウィンディ - 浜松ケーブルテレビ株式会社. 2016年4月28日閲覧。 “局名: ウィンディ”
  46. ^ 名古屋局(愛知波)の放送について (PDF)”. ウィンディ - 浜松ケーブルテレビ株式会社. 2016年4月28日閲覧。
  47. ^ 会社概要”. エフエム豊橋「843ラジオ」. 2016年4月28日閲覧。 “聴取可能エリア市町村名: 豊橋市・豊川市・蒲郡市・新城市・田原市・湖西市・浜松市
  48. ^ 静岡県 【参考】アナログ・デジタル 併用の受信システム (PDF)”. テレビ受信向上委員会. p. 12. 2014年8月20日閲覧。[リンク切れ]
  49. ^ 保育士が一斉に退職届 子どもが転園の事態も 静岡 浜松[リンク切れ]
  50. ^ 「浜名湖潮干狩り 待ってた本格再開」 『中日新聞』(中日新聞東海本社) 2015年5月2日朝刊 第12版 p. 1
  51. ^ 遠鉄バス. “遠鉄バスのご案内 : 中部国際空港線”. 2012年4月11日閲覧。
  52. ^ 富士山静岡空港. “交通アクセス”. 2012年4月11日閲覧。
  53. ^ ゆかりの地”. 「おんな城主 直虎」推進協議会. 2020年8月2日閲覧。
  54. ^ 柴咲コウ:大河主演で「負けず嫌い発揮したい」 井伊直虎の命日にお参り”. 毎日キレイ MANTAN Inc. (2016年8月26日). 2020年8月2日閲覧。

参考文献

  • 『静岡県民も知らない地名の謎』日本地名の会、PHP研究所、2014年9月17日。ISBN 4569762263
  • 鈴木, 敏則『シリーズ「遺跡を学ぶ」127 古代地方木簡のパイオニア 伊場遺跡』新泉社、2018年6月26日。ISBN 9784787718372

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close