ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

😷|米国、コロナ死亡者50万人突破…平均治療費370万円、経済的弱者切り捨ての医療制度


写真 「Getty images」より

米国、コロナ死亡者50万人突破…平均治療費370万円、経済的弱者切り捨ての医療制度

 
内容をざっくり書くと
デュ-ク大学等が1月上旬に発表した論文によれば、米国の死亡率は今後15年間3%上昇し、平均余命は0.5%縮まるとしているが、 米疾病対策センター( CDC ) は2月18日、「昨年上半期の米国の平均余命が1歳縮んだ」ことを明らかにした。
 

2月22日、米国の新型コロナウイルスによる死者数が50万人を突破した。50万人という死者数は、第1次… →このまま続きを読む

 Business Journal


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

アメリカ疾病予防管理センター

アメリカ疾病予防管理センター(アメリカしっぺいよぼうかんりセンター、英語:Centers for Disease Control and Prevention、略称:CDC)は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタにある保健福祉省所管の感染症対策の総合研究所

公式の日本語訳は無く、本項の項目名の他にも米疾病対策センター[1]疾患予防管理センター疾患対策予防センター防疫センターなど、実に様々に呼ばれている。日本の厚生労働省や厚生労働省検疫所が発表している文章中でも訳語は統一されていない[2][3]。CDCの発表している日本語文献中ではもっぱら略称のCDCを用いている[4]。本項では以下CDCで統一する。

概要

CDCは1946年に創設され、アメリカ国内・国外を問わず人々の健康と安全の保護を主導する立場にあるアメリカ合衆国連邦政府の機関である。健康に関する信頼できる情報の提供と、健康の増進が主目的である。結核など脅威となる疾病には国内外を問わず駆けつけ、調査・対策を講じる上で主導的な役割を果たしている[5]

本センターより勧告される文書は非常に多くの文献やデータの収集結果を元に作成・発表されるため、世界共通ルール(世界標準)と見なされるほどの影響力を持ち、実際に日本・イギリスなどでも参照・活用されている。未知のウイルスや感染症などを題材にした映画小説に登場することが多い。

極端に致死率の高いバイオセーフティーレベル4(BSL-4)[6]に対応できるのは、レベル4実験室(P4、BSL-4、PC4、MCLなどとも呼ばれる[7])だけで、CDCにあるものがそのひとつである。

エボラウイルスなどバイオハザードへの対策については世界中がCDCに依存している。また危険なウイルスの保存もしており、撲滅が確認された天然痘ウイルスを保存し、公式に保管されている機関は、ここCDCとロシア国立ウイルス学・バイオテクノロジー研究センターだけである[8]。但し安全に管理されているとは言い難い

ちなみにCDCでは生物兵器として利用される可能性が高い病原体のリスクの格付けを行っている。カテゴリーA、B、Cの3段階で評価されており、最も危険度・優先度の高いカテゴリーAの病原体として、エボラウイルスなどの出血熱ウイルス・天然痘ウイルス炭疽菌ペスト菌ボツリヌス菌野兎病菌を挙げている。

また、これらの疫病の媒介となるなどの害虫駆除の方法や規制についても詳細にわたり示している[9]

組織

  • 本部: アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ(州都)、クリフトン・ロード
  • 支部: ワシントンD.C.コロラド州ペンシルベニア州など合衆国各地及び諸外国
  • 下部組織: 国立感染症センター (NCID)、国立ヒト免疫不全ウイルス・性感染症・結核予防センター ()、国立慢性疾患予防・健康増進センター ()、国立労働安全衛生研究所 (NIOSH)、国立出生異常・発達障害センター (NCBDDD)、国立環境衛生センター (NCEH)、国立衛生統計センター (NCHS)、国立傷害予防管理センター (NCIPC)、国立予防接種プログラム (NIP)、疫学プログラム・オフィス (EPO)、公衆衛生実践プログラム・オフィス (PHPPO)、国立労働安全衛生研究所(NIOSH)

職員数

CDCガイドライン

  • 血管カテーテル由来感染予防のためのCDCガイドライン
  • 医療現場における手指衛生のためのCDCガイドライン
  • MRSAVREの院内伝播防止のためのSHEAガイドライン
  • 医療保健施設における環境感染制御のためのCDCガイドライン
  • 歯科医療現場における感染制御のためのCDCガイドライン
  • う蝕予防のためのフッ化物の利用におけるCDCガイドライン[10]
  • 医療ケア関連肺炎防止のためのCDCガイドライン
  • サーベイランスのためのCDCガイドライン
  • その他

出版物

情報サービス

CDCでは、CDC Newsroom[11]、MMWR(Morbidity and Mortality Weekly Report)[12][13]、Health Information for Travelers[14]等の情報をメールマガジンハイパーテキスト形式で配信している。

最新の治験・研究の情報やアメリカ合衆国各地で、どの疾病がどの程度発生しているかといった詳しい内容を迅速に知ることができる貴重な情報源であり、報道のニュースソースになっている[13]

エピソード

2011年5月21日、当時アメリカ合衆国の一部で広まっていた「世界の終末が近い」というデマに呼応して、公式ブログに「たとえ『ゾンビによる世界の終末』が来ようとも、備えることはできる」という防災アドバイスを、ユーモアを交えて掲載した[15]

登場作品

*インハンド 紐倉哲や入谷廻やフューチャージーンCEOの福山が5年前勤めていた研究機関 尚原作ではUSAMRIIDに紐倉や入谷は勤めていた

脚注

  1. ^ 日本のマスメディア(印刷媒体)における一般的表記。放送メディアでは「アメリカのCDC=疾病対策センター」などとする
  2. ^ Googleによる厚生労働省のサイト内検索結果
  3. ^ Googleによる厚生労働省検疫所のサイト内検索結果
  4. ^ CDC Resources in Languages Other than English
  5. ^ 国際安全衛生センター アメリカ疾病対策予防センター
  6. ^ エボラウイルスマールブルグウイルスラッサウイルスBウイルスヘンドラウイルスニパウイルスなど
  7. ^ 霊長類フォーラム:人獣共通感染症(第95回)4/11/00
  8. ^ http://www.cnn.co.jp/usa/35050584.html
  9. ^ http://www.cdc.gov/westnile/faq/mosquitocontrol.html pest control
  10. ^ Centers for Disease Control and Prevention website, "Water Fluridation", page accessed March 9, 2007
  11. ^ CDC Newsroom[1]
  12. ^ MMWR(Morbidity and Mortality Weekly Report)[2]
  13. ^ a b (財)MMWR抄訳
  14. ^ Travelers' Health
  15. ^ “「世界の終末予言」が広がる米国の疾病対策センター、ユーモラスな「防災のすすめ」”. AFP BB News. (2011年5月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/2801572?pid=7245342 2015年9月22日閲覧。 
  16. ^ 取扱説明書では本文中に「アトランタはCDC(アメリカ疾病予防管理センター)The Centers for Disease Control and Prevention)の本拠地になります。」とある。

関連項目

外部リンク

平均余命

平均余命(へいきんよめい/へいきんよみょう, Life expectancy )とは、ある年齢の人々が、その後何年生きられるかという期待値のことである。生命表で計算されている。CIAファクトブックの2021年のデータでは、最も低いアフガニスタン南アジア)においては約53.25歳(男性:51.73年、女性:54.85年)[4] 、一方で日本においては約84.65歳(男性:81.73年、女性:87.74年)となっている[5]

日本の生命表には、10万人が生まれたとき、ある年齢に達するまで何人生存し、その年齢の内に何人が死亡するかが計算され、掲載されている。また、毎年10万人が定常的に生まれる集団において、ある年齢に属する人口が何人になるかも計算されている(これをその年齢の定常人口という。その年齢に到達する人数である生存数とは異なる)。

0歳での平均余命のことは特に平均寿命といい、国や地域の医療・衛生水準を示す指標として用いられている。乳児死亡率は他の年代の死亡率と比較して高率のため、平均寿命が平均余命の中で最長とは限らない。

この数値は、現在の死亡状況が将来にわたって続くと仮定した場合のものである。医療の進歩や生活環境の変化によって、実際の平均生存期間は平均余命と異なってくる可能性は大きい。

また、ある有害要因(喫煙、放射線被曝など)によって平均余命がどの程度短縮されるか計算したものを平均余命損失といい、有害度の尺度として用いられることがある。

日本

日本における平均余命の推移は以下の通り。

昭和20年簡易生命表[6]によれば、昭和20年の日本人男性の平均寿命は23.9歳である。仮に、1945年の日本人男性の人口を3600万、死亡者数を200万とすれば、このペースで人口が推移すればおよそ20年で日本人男性は消滅するので、この平均寿命は妥当性は高い。しかし、第二次世界大戦は昭和20年9月に終結しているので、第二次世界大戦下での日本の人口動態を表すのに、この平均寿命を殊更に取り上げるのは詐話に近い。また、同生命表における昭和20年の男性1歳児の平均余命は28.8年のため、終戦後の食糧不足による乳幼児の死亡率の高さが平均寿命を押し下げている可能性がある。翌昭和21年の簡易生命表では、男性の平均寿命は42.6歳に戻っている。

脚注

  1. ^ CIA (2021). CIAファクトブック Life expectancy at birth (Report). https://www.cia.gov/the-world-factbook/field/life-expectancy-at-birth/country-comparison 2021年3月15日閲覧。. 
  2. ^ The World Factbook—Central Intelligence Agency”. CIA. 2018年4月9日閲覧。
  3. ^ The World Factbook—Central Intelligence Agency”. CIA. 2018年4月9日閲覧。
  4. ^ The World Factbook — South Asia :: Afghanistan People and Society”. 2021年3月15日閲覧。
  5. ^ The World Factbook — East Asia :: Jaan People and Society”. 2021年3月15日閲覧。
  6. ^ 昭和23年簡易生命表・付録(昭和26年発行)”. 2019年9月6日閲覧。 本表は、昭和20年の人口(内閣告示35号)に、昭和21年人口動態統計表および、昭和25年までに昭和20年の死亡者として役所に届け出があったものを算入し、昭和20年1~7月の男女合算の死亡数は、8~12月の男女別算出の死亡数から男女別の死亡者数を推計分離して、参考値として計算されている。

関連項目

参考文献

  • 高島郁夫、熊谷進編 『獣医公衆衛生学 第3版』 文永堂出版 2004年 ISBN 4-8300-3198-0

外部リンク


 

Back to Top
Close