ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

😷|アビゲイル・ブレスリン、新型コロナで父が逝去


写真 

アビゲイル・ブレスリン、新型コロナで父が逝去

 
内容をざっくり書くと
「ゾンビランド」シリーズなどでも知られるアビゲイルは先日、マイケルさんが新型コロナ感染により入院したことを報告、ファンへ祈りを呼びかけていた。
 

アビゲイル・ブレスリン(24)が新型コロナウイルスにより、父マイケルさんを亡くしたことを報告した。『… →このまま続きを読む

 BANG Showbiz Japanese

BANG Showbiz は、オンラインや紙面など、世界中のメディアに最新のセレブニュースを配信するエンターテイメントニュースエージェンシーです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

新型コロナ感染

ゾンビランド

ゾンビランド』(Zombieland)は、2009年アメリカ映画ゾンビコメディ映画。R15指定。

出演はウディ・ハレルソンジェシー・アイゼンバーグエマ・ストーンアビゲイル・ブレスリンゾンビによる世界の終末を舞台にしている。監督はルーベン・フライシャー

邦題は当初『ようこそゾンビランドへ』になる予定であったが、後に『ゾンビランド』に変更された。

ストーリー

謎の新型ウイルスに感染した者がゾンビと化し、そのウイルスは爆発感染を引き起こし、猛烈な勢いで全世界へと広まっていった。それから数か月、地球上は人食いゾンビで埋め尽くされ、人類はほぼ絶滅状態となった。アメリカに住む人間の大半もこのウイルスに感染し、アメリカはまさに「ゾンビランド」となっていた。大学生のコロンバスは、テキサス州ガーランドでも数少ない生き残りの1人だった。臆病で胃腸が弱く、引きこもりで友達もいないネットゲームおたくの彼は「ゾンビの世界で生き残るための32のルール」を作り、それを慎重に実践して生き延びてきた。彼は両親の住むオハイオ州コロンバスへと向かう旅の途中、屈強な腕力と抜群の射撃テクニックでゾンビ地獄を生き延びてきたワイルドな男タラハシーと出会い、彼の車に同乗させてもらう。タラハシーは過去の辛い経験からゾンビを心底憎み、それらを駆逐することに異様なまでの執念を抱いていた。

タラハシーが好物の菓子トゥインキーを探している最中、2人は廃墟と化した大型スーパーで、迫りくるゾンビ軍団を倒しながら、ウィチタとリトル・ロックと名乗る姉妹と出会う。プロの詐欺師だった彼女たちは、妹のリトル・ロックがゾンビに噛まれたと偽って、一度はコロンバスとタラハシーの武器と車を奪い逃亡するが、やがて安全のためにお互いの必要性を感じ、行動を共にすることになる。

コロンバスは、ウィチタからオハイオがすでに壊滅状態であることを知らされ、実家に戻ることをあきらめ、3人と旅を続ける。4人の目的地はロサンゼルス郊外にある遊園地パシフィック・プレイランド。そこにはゾンビがいないと噂されており、彼らはその噂にかすかな望みをかけたのだった。途中、彼らはビバリーヒルズの高級住宅街にあるハリウッド・スターの豪邸を物色し、楽しい数日を過ごした。4人の友情は深まっていき、特にコロンバスのウィチタへの想いは強くなるが、ウィチタとリトルロックはある朝、男たちを残して消えてしまう。

ウィチタとリトルロックの向かった先はパシフィック・プレイランドであり、貸切状態の遊園地で2人は楽しく遊んでいたが、遊園地を照らす照明を見たゾンビが集まって2人を襲う。一方、置き去りにされたタラハシーはメキシコ行きを提案するが、ウィチタの後を追うと主張するコロンバスに負けて遊園地に向かう。タラハシーとコロンバスはゾンビを片付けて遊具に釘付け状態になっていたウィチタとリトルロックを救う。ウィチタはコロンバスに本名を打ち明け、タラハシーはリトルロックからもらったトゥインキーに満足する。コロンバスは一行3人を家族同様に感じ絆を深める。一行4人が車で遊園地を後にするシーンで終わる。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

32のルール

コロンバスが自らに課した生き残るために重要なルールであり、劇中でも重要な要素である。

  • ルール1、有酸素運動
  • ルール2、二度撃ちして止めを刺せ
  • ルール3、トイレに用心
  • ルール4、シートベルトをしろ
  • ルール5、ゾンビを発見したらまず逃げろ
  • ルール6、フライパンでぶっ叩け
  • ルール7、旅行は身軽であれ
  • ルール8、クソったれな相棒を見つけろ
  • ルール9、家族・友人でも容赦しない
  • ルール10、素早く振り向け
  • ルール11、静かに行動すべし
  • ルール12、バウンティ・ペーパータオルは必需品
  • ルール13、異性の誘惑には注意
  • ルール14、ショッピングモールは補給基地
  • ルール15、ボウリングの球をぶん投げろ
  • ルール16、人の集まる場所は避けろ
  • ルール17、英雄になるな
  • ルール18、準備体操を怠るな
  • ルール19、葬儀・埋葬の必要はない
  • ルール20、人を見たらゾンビと思え
  • ルール21、ストリップクラブは避けろ
  • ルール22、逃げ道を確保しろ
  • ルール23、金品よりも食料確保
  • ルール24、生き残るためには犯罪も
  • ルール25、火の用心
  • ルール26、肌の露出は最小限に
  • ルール27、就寝前には安全確認
  • ルール28、食事と風呂は短時間で
  • ルール29、二人組で行動しろ
  • ルール30、予備の武器を持て
  • ルール31、後部座席を確認しろ
  • ルール32、小さいことを楽しめ

評価

評論

レビューサイトのRotten Tomatoesでは89%の支持率[2]Metacriticでは73点のスコアを獲得する[3]など、高く評価された。クエンティン・タランティーノは本作を2009年のベスト5位とした[4]

興行成績

北米では製作費とほぼ同額の2473万3155ドルを公開初週末に稼いで興行収入一位となった[5]。2010年4月27日までに北米で約7500万ドル、全世界で1億ドル以上を稼いでいる[1]。ゾンビ映画としては、『ドーン・オブ・ザ・デッド』を超えて北米トップの成績である[6][7]

受賞・ノミネート

受賞とノミネート
部門候補結果
放送映画批評家協会賞[8]
コメディ映画賞ノミネート
デトロイト映画批評家協会賞[9]
助演男優賞ウディ・ハレルソンノミネート
アンサンブル演技賞
エンパイア賞
ホラー映画賞ノミネート
Golden Schmoes[10]
コメディ賞ノミネート
ホラー映画賞受賞
サプライズ賞ノミネート
クーレスト・キャラクター賞タラハシー
アクションシーン賞タラハシー vs.アミューズメントパーク
記憶に残るシーン賞ビル・マーレイのカメオ受賞
T&A賞エマ・ストーンノミネート
サターン賞
ホラー映画賞ノミネート
助演男優賞ウディ・ハレルソンノミネート
シッチェス映画祭[11]
観客賞ルーベン・フライシャー受賞
セントルイス映画批評家協会賞
コメディ映画賞ノミネート

続編

本作の成功により、続編の企画中があった[12]。キャスト・監督は続投予定で、フライシャーは3D映画にしたいと考えがあった[13][14]。脚本は2010年末から2011年前半までに完成予定であった[15]

2018年7月に続編の製作とキャスト・監督続投が発表された[16]。タイトルは『Zombieland:Double Tap』である。2019年1月にクランクインしており、全米公開は2019年10月を予定している[17]

日本では『ゾンビランド:ダブルタップ』として2019年11月22日に公開が予定されている[18]

参考文献

  1. ^ a b c Zombieland (2009)” (英語). Box Office Mojo. 2011年1月2日閲覧。
  2. ^ ゾンビランド - Rotten Tomatoes(英語)
  3. ^ Zombieland. Columbia Pictures (Sony)”. Metacritic. 2009年10月9日閲覧。
  4. ^ Quentin Tarantino Adds Avatar to His Top 11 Films of 2009” (英語). FIRSTSHOWING (2010年1月19日). 2010年4月27日閲覧。
  5. ^ 'Zombieland' top destination at U.S. box office”. Reuters (2009年10月5日). 2010年3月14日閲覧。 “"Zombieland," bolstered by strong reviews and advance buzz,matched its modest production budget.”
  6. ^ Gray, Brandon (2009年10月5日). “Weekend Report: ‘Zombieland' Livens Up Horror Comedy Genre”. Box Office Mojo. 2009年10月31日閲覧。
  7. ^ Gray, Brandon (2009年10月18日). “Weekend Report: ‘Wild Things' Roars, ‘Citizen,' ‘Activity' Thrill”. Box Office Mojo. 2009年10月31日閲覧。
  8. ^ The BFCA Critics' Choice Awards :: 2009”. Bfca.org. 2010年1月13日閲覧。
  9. ^ Happenings & 'Round The Town”. Detroitfilmcritics.com. 2011年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月13日閲覧。
  10. ^ The Golden Schmo Awards”. JoBlo.com. 2010年4月27日閲覧。
  11. ^ Zombieland and Martyrs among Sitges award winners”. Fangoria.com. 2009年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月13日閲覧。
  12. ^ Samuel Zimmerman October 02, 2009. Directions to Zombieland Fangoria. Retrieved 2009-10-31.
  13. ^ Clint Morris (2009年11月24日). “Exclusive : Zombieland 3D!?”. 2009年11月28日閲覧。 “Believing "the genre really lends itself to [3-D]", and convinced—via what we're hearing and seeing of Avatar—the technology is now there, Fleischer's very keen to throw a few zombie gizzards in our direction. "Dead" cool, right!?”
  14. ^ Posted: Tue., Dec. 1, 2009 By TATIANA SIEGEL Bloody 3D sequels planned the film's producer Gavin Polone. "I don't think you want to see 'Ordinary People' in 3-D. But 'Zombieland' is clearly one movie that will benefit from (the technique)."
  15. ^ Progress Update on 'Zombieland 2 3D'
  16. ^ 'Zombieland' Sequel a Go With Emma Stone, Woody Harrelson, Jesse Eisenberg, Abigail Breslin (Exclusive)” (英語). The Hollywood Reporter. 2019年2月15日閲覧。
  17. ^ First look at Zombieland 2: Double Tap is the ultimate #10YearChallenge” (英語). Consequence of Sound (2019年1月29日). 2019年2月15日閲覧。
  18. ^ Inc, Natasha. “「ゾンビランド」続編が公開、ウディ・ハレルソンら4人がゾンビ狩りまくりの予告編” (日本語). 映画ナタリー. 2019年8月20日閲覧。

外部リンク


 

Back to Top
Close