ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

😷|道内感染者5万人超える 新型コロナ、旭川は最多記録を更新


写真 

道内感染者5万人超える 新型コロナ、旭川は最多記録を更新

 
内容をざっくり書くと
札幌の感染者は9日ぶりに200人を下回りましたが、中央区の陸上自衛隊札幌駐屯地で職員10人が集団感染しました。
 

道内ではきょう、新型コロナウイルスで3人が亡くなり、410人の感染が分かりました。道内の感染者は累計… →このまま続きを読む

 テレビ北海道

北海道の日々のニュースを中心にお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

札幌駐屯地

札幌駐屯地(さっぽろちゅうとんち、JGSDF camp Sapporo)は、札幌市中央区南26条西10丁目1-1に所在し、北部方面総監部等が駐屯している陸上自衛隊駐屯地である。

概要

駐屯地の西面は国道230号線石山通)に面し、駐屯地を市道によって南北に分断されている。また女性自衛官 (WAC) 隊舎・南訓練場・南モータープールは厳密には駐屯地外に存在している。かつては駐屯地の「飛び地」として月寒送信所を有していた。

駐屯地司令は、北部方面総監部幕僚長が兼務。

沿革

旧札幌駐屯地(現苗穂分屯地

警察予備隊

札幌駐屯地

警察予備隊

  • 1951年(昭和26年)
    • 12月1日:札幌駐屯地が開設(旧札幌駐屯地は苗穂駐屯地(現苗穂分屯地)に改称)[2]。第2管区総監部・同付中隊、第2補給中隊等が苗穂駐屯地から移駐。
    • 12月5日:第2通信中隊が北恵庭駐屯地から札幌駐屯地に移駐。
    • 12月26日:第2管区総監部庁舎及び新営舎開庁式[2]

保安隊

  • 1952年(昭和27年)
  • 1953年(昭和28年)4月15日:独立第61特科大隊が高田駐屯地から移駐し、第1特科団隷下に編合。
  • 1954年(昭和29年)1月10日:北部方面航空隊北部方面特科団航空隊が札幌駐屯地で新編。

陸上自衛隊

  • 1954年(昭和29年)
    • 7月1日:陸上自衛隊へ移管[4]。独立第61特科大隊(札幌駐屯地)が第105特科大隊に称号変更。
    • 7月5日:第1陸曹教育隊が札幌駐屯地で編成完結。
    • 8月10日:第5管区総監部及び同付中隊が札幌駐屯地で編成完結[5]
    • 8月16日:第5管区総監部が札幌駐屯地から帯広駐屯地に移駐。
    • 9月20日:第1特科団本部及び本部中隊が東千歳駐屯地に移駐。
    • 9月25日:
      1. 第1高射特科群本部及び本部中隊、第113特科大隊が札幌駐屯地で新編。
      2. 北部方面警務隊が編成完結[2]
    • 10月15日:第102輸送大隊が札幌駐屯地において編成完結(第304輸送中隊・第305輸送中隊・第308輸送中隊基幹)。
    • 10月20日:第1特科団航空隊が札幌駐屯地から北千歳駐屯地へ移駐。
    • 10月30日:
      1. 第1陸曹教育隊が札幌駐屯地から真駒内駐屯地に移駐。
      2. 第102輸送大隊が札幌駐屯地から真駒内駐屯地に移駐。
  • 1960年(昭和35年)1月14日:北部方面通信隊、第101地区警務隊が編成完結。会計監査隊北部方面分遣隊改編[2]
  • 1968年(昭和43年)3月1日:北部方面通信隊が北部方面通信群に称号変更。
  • 1973年(昭和48年)
  • 1994年(平成06年)3月28日:第101システム管理隊を新編[2]
  • 1997年(平成09年):駐屯地北にあるマンションから金属弾が打ち込まれ隊舎屋根を破壊されたが不発で被害は最小限であった。
  • 1999年(平成11年):講堂から出火する事件が発生した。
  • 2000年(平成12年)3月28日:第301通信支援中隊を廃止し、後方支援体制変換に伴い、整備部門を北部方面後方支援隊第101通信直接支援隊に改編。
  • 2006年(平成18年)3月27日:北部方面情報処理隊編成完結。
  • 2007年(平成19年)11月:真駒内送信所開局に伴い、月寒送信所を閉鎖。
  • 2013年(平成25年)3月26日:北部方面情報処理隊を北部方面情報隊に改編。

駐屯部隊・機関

北部方面隊直轄部隊・機関

防衛大臣直轄部隊

最寄の幹線交通

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 『波乱の半世紀 陸上自衛隊の50年』朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、2000年9月15日、249頁。ISBN 978-4750980157
  2. ^ a b c d e f g h i 陸上自衛隊北部方面総監部/監修『北部方面隊50年のあゆみ : 歩みつづけるつわものたちのきらめく記憶』山藤印刷株式会社、2003年。
  3. ^ 『波乱の半世紀 陸上自衛隊の50年』朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、2000年9月15日、250頁。ISBN 978-4750980157
  4. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)
  5. ^ 陸上自衛隊の60年史(3) 佐野顕 スピアヘッド 第10号 P88-93 アルゴノート社 2011年

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、札幌駐屯地に関するカテゴリがあります。

クラスター (疫学)

疫学におけるクラスター: disease cluster感染集団疾患クラスター)とは、時間的および地理的の両方の観点で、近接して発生する特定疾患または障害が異常に高い発生率である集団(=クラスター)を指す[1]

通常、クラスターと認知されると、地域の公衆衛生部門に報告される[注 1]

概要 

日本では、2020年令和2年)の新型コロナウイルス感染症流行に伴い、2月24日に開催された新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(第3回)を踏まえ、翌日政府の新型コロナウイルス感染症対策本部で決定された「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」にて用いられたことから、その後報道等で頻出するようになった。連続的に集団発生を起こし(感染連鎖の継続)、大規模な集団発生につながりかねないと考えられる患者集団を指す[2]。2020年(令和2年)3月15日に厚生労働省が初めて公開した「全国クラスターマップ」では、東北大学押谷仁(微生物学分野)、北海道大学西浦博(社会医学分野)らによる分類で、の結果、感染者間の関連が認められた15の集団(クラスター)を地図上に表示した[3]。また、厚生労働省はクラスターの発生しやすい環境は「3つの密」が重なる場所であると指摘し、3つの密を避けるように国民に呼びかけた[4]

1854年ロンドンで発生したブロード・ストリートのコレラの大発生は、そのようなクラスターの典型的な例。[要出典]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ クラスターのサイズと重要性が限度を超えた場合には、アウトブレイクとして再評価される可能性がある。

出典

  1. ^ "Definition of Clusters", Case Studies in Environmental Medicine (CSEM), , U.S. Department of Health and Human Services
  2. ^ 新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領(2020年(令和2年)2月27日暫定版) 国立感染症研究所感染症疫学センター (PDF)
  3. ^ 新型コロナウイルス感染症について”. 厚生労働省 (2020年3月15日). 2020年11月15日閲覧。
  4. ^ 3つの“密”を避けて外出を…新型コロナで厚労省が新たな注意喚起を公表”. FNNプライムオンライン (2020年3月23日). 2020年11月15日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close