ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

😷|マカオ市中でオミクロン「BA.5.1」陽性者出現続く…6/24単日80人増、6/18以降の累計…


写真 局地ロックダウンの対象となった場所で防疫任務にあたる警察官ら(写真:GCS)

マカオ市中でオミクロン「BA.5.1」陽性者出現続く…6/24単日80人増、6/18以降の累計…

 
内容をざっくり書くと
マカオでは6月19日以降、全市民を対象とした義務的なPCR検査及び迅速抗原検査、さらには一部重点区域、重点人群に対象を絞った追加のPCR検査によるスクリーニングが複数回にわたって実施され、いずれも多くの陽性者の発見に至っている。
 

マカオでは、約8ヶ月にわたって新型コロナの市中感染確認例ゼロを維持していたが、6月18日深夜以降、陽… →このまま続きを読む

 マカオ新聞

マカオを本拠地とする唯一の日本語ニュースメディア。ビジネスと観光、生活に役立つマカオの最新ニュース&トピックをお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

迅速抗原検査

迅速抗原検査(じんそくこうげんけんさ)とは、アフィニティークロマトグラフィーを応用した抗原検査法。

概要

抗原抗体反応を利用して抗原の有無を検出する[1]

原理

特定の抗原と特異的に結合するリガンドが固定された濾紙に試料溶液を滴下すると浸み込み、抗原抗体反応により抗原がある場合にはリガントと結合する。その時に色素が遊離して呈色する。

長所

  • 試験室に設置するような機材は不要
  • 通常は5〜30分でその場で結果が得られる。

短所

この検査手法はCOVID-19の検査において一応は重要な対策になりうるものではあるものの、最新の研究では、PCR検査によるフォローアップや接触追跡を含む包括的な検査体制がなければ、新型コロナを抑制する方策としては不十分なことが裏づけられていて、疑陽性や偽陰性の可能性が指摘されている[1]

用途

脚注

関連項目

    一部重点区域


     

    Back to Top
    Close