ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

😷|CA目指す航空専門学校生「絶対内定つかむ」「夢曲げない」 涙の猛特訓も…コロナ禍を耐え抜き採用…


写真 

CA目指す航空専門学校生「絶対内定つかむ」「夢曲げない」 涙の猛特訓も…コロナ禍を耐え抜き採用…

 
内容をざっくり書くと
2021年、コロナ禍で採用中止となり先が見通せない中、専門学校に入学した生徒たちだ。
 

新型コロナの影響で、2020年から新卒採用が軒並み中止となった航空業界だが、JALグループは3年ぶり… →このまま続きを読む

 テレビ西日本

「テレビ西日本」(フジテレビ系列)ニュースのアカウントです。福岡県・山口県の最新ニュースを発信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

リンクを編集

専門学校

専門学校(せんもんがっこう、英語: Specialized training college[1])とは、教育施設である専修学校のうち、専門課程英語: post-secondary course[1])を置く専修学校が称することのできる独占呼称であり[2]ISCED-5Bレベルに分類される高等教育機関[1]である。

日本の専門学校

校種および課程法定の独占呼称設置者種別
専門課程を置く専修学校専門学校国公私立
高等課程を置く専修学校高等専修学校国公私立
すべての専修学校専修学校国公私立
各種学校なし国公私立
無認可校なし法定外

学校教育法が定める正規の学校[3][注 1]であり、「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、または教養の向上を図ることを目的として組織的な教育を行う」教育施設専修学校[4]といい、次の各号の全てに該当する必要がある。

  1. 修業年限が1年以上
  2. 授業時数が文部科学大臣の定める年間授業時数(800時間)以上
  3. 教育を受ける者が常時40人以上

このうち、後期中等教育修了者を対象とする専門課程を置くものを「専門学校」と称することができる[2]。あくまでも「専門課程を置く専修学校」であり、専門課程を置いていれば他に高等課程前期中等教育修了者対象)や一般課程を置くこともできる。すなわち、「専門学校」と称する専修学校(以下「専門学校」)の「専門課程」に在籍する者がいるのはもちろんのこと、専門学校の「高等課程」に在籍する者や、専門学校の「一般課程」に在籍する者もいる。

「専門学校」の名称を使用する義務はないため、専門課程を置いていても「専門学校」と称しない専修学校もあり、大原簿記学校などの例がある。竹早教員保育士養成所のように「学校」ではなく「養成所」と称する専門学校もある。逆に専門課程を置いていなければ「専門学校」と称することはできないため、TACLEC東京リーガルマインドといった、いわゆる資格スクールを「専門学校」と呼ぶのは誤りである。

なお、専門課程を置かずに高等課程を置く専修学校については「高等専修学校」と称することができる[5]

専門学校の変化

2000年代以降、通常の専門学校や大学付属専門学校が大学短期大学を含む)へ改組する例が増えつつある。

大学付属の専門学校から短期大学へ改組された例としては、大阪体育大学短期大学部弘前福祉短期大学大阪健康福祉短期大学日本歯科大学東京短期大学などがある。また2006年平成18年)に開学した福井医療短期大学のように、大学付属でない専門学校から大学へと発展改組した事例もある。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 学校教育法第1条に掲げる「学校一条校)」には含まれない。

出典

  1. ^ a b c UNESCO (2008年). “Japan ISCED mapping(英語)”. 2020年11月9日閲覧。
  2. ^ a b 学校教育法 第126条の2
  3. ^ 学校教育法(昭和22年法律第26号)第124条
  4. ^ 学校教育法第124条
  5. ^ 学校教育法第126条

関連項目

    リンクを追加

    コロナ禍

    コロナ禍(コロナか)とは、2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である[1][2]

    「コロナ禍」のうち、「コロナ」は「新型コロナウイルス」[3]SARSコロナウイルス2)を意味し、「」は「災い」や「災難」「不幸なできごと」を意味することば[4]で、さまざまな名詞後置されて「○○禍(か)」という複合語[5]を形成する(例:水禍(洪水)、戦禍(戦争)など)。

    新型コロナウイルス感染症の流行が拡大するとともに、2020年(令和2年)3月半ば頃から新聞インターネット上において広く用いられるようになった[6][注釈 1][注釈 2](なお、その一方で放送界・出版界自ら「コロナ禍」の語の無限定な用法に対し、抑制的な姿勢や自己点検の動きを示す例も見受けられた[7][8])。

    「コロナ禍」という単語は誤った表記がなされることも多い。代表的な誤りは「禍」を「」と間違え、「コロナ渦(コロナうず、コロナか)」と表記するものである[9]立川市議会の久保田学市議は「禍」を「」と間違え、「コロナ鍋(コロナなべ)」と発言している[10]

    大辞泉が選ぶ新語大賞2020

    小学館による「大辞泉が選ぶ新語大賞 2020」では、次点として「コロナ禍」が選出され、大辞泉編集部による語釈が発表サイト上に掲載された。

    選出理由について、特別選考委員を務めた明治大学国際日本学部の教授は「今の世界の状況を言い表す言葉で、これを克復しよう、新しい生活様式を見出して、なんとか切り抜けていこうという願いを共有するのに、大事な言葉になっています。その思いへの応援も込めて次点としました」と説明している。また田中教授は日本語学の観点からは「○○禍」が造語成分として今後派生するかどうかも注目に値するとしている[11]

    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈

    1. ^ 行政によるインターネット上の発信では、 など。
    2. ^ 新聞報道では、全国紙5紙すべてに登場。 など。ブロック紙では、 など。県紙では、ブロック紙に準ずると評価されるものでは、 など。一般の県紙では、 など。

    出典

    参考文献

    関連項目


     

    Back to Top
    Close