ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

😷|坂町で初めて1人コロナ確認 広島県内で451人 


写真 TSSテレビ新広島

坂町で初めて1人コロナ確認 広島県内で451人 

 
内容をざっくり書くと
この患者は31日に発熱と全身倦怠感の症状が出たため、LAMP法での検査を実施したところ1日に新型コロナウイルス陽性と判明しました。
 

広島県は、坂町で新たに70代1人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。坂町での感染確認は初め… →このまま続きを読む

 広島ニュースTSS

広島県と山口県岩国市で取材した事件、事故、災害、政治、経済、スポーツなど様々なジャンルの最新ニュースをお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

新型コロナウイルス陽性

LAMP法

LAMP法(らんぷほう、Loop-Mediated Isothermal Amplificationの略)とは、標的遺伝子の配列から6つの領域を選んで組み合わせた4種類のプライマーを用いて、鎖置換反応を利用して増幅させる方法である。

プライマーの設計によって、最初の増幅産物のプライマー結合部位にループ構造を生じるようにする。ループ部分は一本鎖なので、次のプライマーが結合できる。鎖置換活性の高い特殊なDNA合成酵素は、進行方向にある二本鎖DNAを解離しながら、自らの伸長反応を進めていく。最終的には、もとの標的配列の約整数倍の長さの増幅産物が1時間ほどの65℃の反応で蓄積する。したがって反応産物を電気泳動するとラダー状である。

PCR法と比較して、1本鎖から2本鎖への変性反応が必要なく、60〜65℃の定温で反応が進行するという特徴があり、サーマルサイクラーのような機器を必要としない。また、増幅速度が速く、特異性も高い(標的以外のものが増えにくい)ことから、反応液の白濁を見るだけでテンプレート(標的)が増えたかどうかを確認できる。 栄研化学が商標権を有している[1][2]

応用

体外診断用医薬品

下記の製品群が感染症の検査としてLoopampシリーズとして栄研化学により商品化されている。

環境衛生検査

脚注

  1. ^ “Loop-mediated isothermal amplification of DNA”. Nucleic Acids Res 28 (12): E63. (June 2000). PMID 10871386. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pubmed&pubmedid=10871386. 
  2. ^ US6410278[1]

参考文献

関連項目

外部リンク


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close