ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

😷|「コロナの大規模流行、もうあり得ない」中国の専門家が自信示す。その根拠は?


写真 

「コロナの大規模流行、もうあり得ない」中国の専門家が自信示す。その根拠は?

 
内容をざっくり書くと
感染源とみられる場所に立ち寄った人を特定するために、スマホの位置情報などが 利用されている とみられる。
 

中国の複数の都市で新型コロナウイルスの感染者が相次いで見つかっていることに対して、中国疾病予防管理セ… →このまま続きを読む

 ハフポスト日本版

会話を生み出す国際メディア「ハフポスト日本版」は、多様性を尊重する価値観を大切に、毎日ニュースをお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

位置情報サービス

位置情報サービス(いちじょうほうサービス、: location-based service、LBS)とは、携帯機器などにより利用者が今いる位置を取得し、それに応じた情報を提供するソフトウェアレベルの情報サービスである。

位置情報は携帯機器の地上位置情報から移動体通信網を通して取得され、ソーシャル・ネットワーキング・サービスや、ゲームほか娯楽分野、セキュリティ分野のサービスで使用される。[1][2][3][4]

健康分野、室内での物探しほか個人的生活の面でも応用例がある。[5][6][7]

概要

位置情報サービスは、行動や現象が起きる実際の位置とデータを結びつける点で、商業的あるいは行政的に重要なインパクトを持つ。銀行、調査、電子商取引、更には武器システムの各分野において位置情報サービスに大きく依存している。

位置情報サービスによって、例えば一番近くに存在するATM、有人あるいは社員はどこか、と言ったように、人または物を見つけることができる。また、荷物追跡や車両追跡も位置情報サービスに含まれる。顧客が現在居る位置に基づいてクーポンや広告を表示する事もできる。個人的な天気情報サービス、または位置情報ゲームも含まれる。

位置情報の決定にはGPSGNSSなどが使用される。補助的にはWi-Fiアクセスポイント、携帯電話基地局から取得できる大まかな位置情報が用いられる。

位置情報を利用するアプリケーションの例

総合情報

地図・交通

セキュリティ

求人情報サービス

エンターテインメント

脚注

  1. ^ Quercia, Daniele; Lathia, Neal; Calabrese, Francesco; Di Lorenzo, Giusy; Crowcroft, Jon (2010). “Recommending Social Events from Mobile Phone Location Data”. 2010 IEEE International Conference on Data Mining. pp. 971. doi:10.1109/ICDM.2010.152. ISBN 978-1-4244-9131-5. http://www.cl.cam.ac.uk/~dq209/publications/recommending10quercia.pdf 
  2. ^ "Foundations of Location Based Services", Stefan Steiniger, Moritz Neun and Alistair Edwardes,
  3. ^ "Permanent Reference Document SE.23: Location Based Services" Archived 2009-12-31 at the Wayback Machine.,
  4. ^ Shu Wang, Jungwon Min & Byung K. Yi. “Location Based Services for Mobiles: Technologies and Standards”. IEEE International Conference on Communication (ICC) 2008, Beijing, China. http://to.swang.googlepages.com/ICC2008LBSforMobilessimplifiedR2.pdf. 
  5. ^ B. Guo, S. Satake, M. Imai. Home-Explorer: Ontology-based Physical Artifact Search and Hidden Object Detection System Archived 2011-09-04 at the Wayback Machine.. Mobile Information Systems, Vol. 4 No.2 (2008), 81–103, IOS Press, 2008.
  6. ^ B. Guo; R. Fujimura; D. Zhang; M. Imai (2011). “Design-in-Play: Improving the Variability of Indoor Pervasive Games”. Multimedia Tools and Applications. doi:10.1007/s11042-010-0711-z. 
  7. ^ Deuker, André (2008). “Del 11.2: Mobility and LBS”. FIDIS Deliverables 11 (2). http://www.fidis.net/resources/deliverables/mobility-and-identity/. 

関連項目

外部リンク


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close