ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

😷|「国民の健康より、東京五輪開催?」 Go Toトラベル見直しで右往左往した菅政権のホンネ(2)


写真 3連休に京都に押しかけた人が多かった(写真はイメージ)

「国民の健康より、東京五輪開催?」 Go Toトラベル見直しで右往左往した菅政権のホンネ(2)

 
内容をざっくり書くと
そのようなところは廃業すれば大量の失業者を生むし、固定資産が重荷になり業種転換もままならない。
 

新型コロナウイルスの「第3波」が猛威を振るうなか、政府は2020年11月24日、日本医師会などから感… →このまま続きを読む

 J-CASTニュース


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

業種転換

固定資産

固定資産(こていしさん、fixed assets、Noncurrent assets)には、会計上の固定資産と、税法上の固定資産の2通りの意味がある。

会計上の固定資産

会計上の固定資産とは、販売目的でなくかつ継続的に会社で使用することを目的とする財産のことを指す。固定資産は流動資産(Current assets)と共に資産を構成する。 企業の営業活動を直接表している売掛金在庫などと、営業活動に直接の関連がなくとも短期的に現金として現れる預金利子などは流動資産であり、固定資産とは異なる扱いとなる。短期と長期の区別は、日本を含む国際的な会計の基準では1年を用いており、1年以内に現金化するものは流動資産とされる。

会社計算規則(平成18年2月7日法務省令第13号)106条3項2号に有形固定資産、106条3項3号に無形固定資産、106条3項4号に投資その他の資産として区分されるべき資産について定められている。

区分

勘定科目英文
有形固定資産Tangible Assets またはProperty, Plant and Equipment
 土地Land
 建物Building
 建設仮勘定Construction in progress(process)
 工具器具備品Equipment
 Machinery and equipment
 Automotive equipment, Delivery equipment, Vehicles
無形固定資産Intangible Assets
 営業権(のれん)Goodwill
 特許権Patents
 実用新案権Model utility rights
 意匠権Design rights
 著作権Copyrights
 商標権Trade marks
 漁業権Fisheries rights
 借地権Lease of land
 鉱業権
 ソフトウェアSoftware
投資その他の資産Investments and other assets
 長期前払費用Long-term prepaid expenses
 Long-term loans receivable
 投資有価証券

固定資産の評価

固定資産の評価について、会社法は、その取得価額又は製作価額を付け、毎決算期に相当の減価償却することを必要とするものとして、原価主義の立場をとっている。

相当の減価償却とは、それぞれの資産について耐用年数と残存価額とを決定し、原価から残存価額を控除した額を耐用年数に応じて各決算期に計画的・規則的に配分することである。なお、固定資産に予測できない減損が生じたとき(災害・事故などを原因とする物質的減損と、新製品・新技術の出現などの機能的減損を含む)は、相当の減額をしなければならないものとしている。

また、固定資産のうち、のれん投資に属する長期金銭債権や有価証券については特別の評価規定がある。

税法上の固定資産

法人税法上、「固定資産」は次のように定義されている。すなわち、「土地(土地の上に存する権利を含む。)、減価償却資産、電話加入権その他の資産で政令で定めるもの」(法人税法第2条第22号)。所得税法上の「固定資産」も大枠において同様である(所得税法第2条第18号)。

地方税法(昭和25年法律第226号)に定められた「固定資産」は、次のように規定されている。

  1. 固定資産 - 土地、家屋及び償却資産を総称する。
  2. 土地 - 田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野その他の土地をいう。
  3. 家屋 - 住家、店舗、工場(発電所及び変電所を含む。)、倉庫その他の建物をいう。
  4. 償却資産 - 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産(鉱業権、漁業権、特許権その他の無形減価償却資産を徐く。)でその減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上損金又は必要な経費に算入されるもののうちその取得価額が少額である資産その他の政令で定める資産以外のもの(これに類する資産で法人税又は所得税を課されない者が所有するものを含む。)をいう。ただし、自動車税の課税客体である自動車並びに軽自動車税の課税客体である原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車を除くものとする。

関連項目


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close