ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

😷|新型コロナの「回復者血漿療法」、効果薄い=臨床試験結果


写真 

新型コロナの「回復者血漿療法」、効果薄い=臨床試験結果

 
内容をざっくり書くと
回復者血漿療法は、トランプ米大統領が8月に「歴史的な大発見」と評価。
 

[24日 ロイター] – 新型コロナウイルスに感染して回復した人の血液から血漿を取り出し、患者に投与… →このまま続きを読む

 ロイター


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

血漿療法

血漿療法(回復期患者血漿療法)とは血漿を利用する治療法。

概要

伝染病に罹患して回復して抗体を保持している人の血液を採取して血漿を分離・調製してから患者に投与する[1][2]。また、予め伝染病に罹患していない者に投与することで抗体ができることにより予防効果も期待される[1]。有効なワクチンや治療薬が開発されていない未知のウィルスに対しても一定の効果が期待される。

歴史

伝染病に罹患して回復した患者から採取した血漿を投与するという治療法は古くから実施されてきた。この治療法は1890年代の北里柴三郎による動物に毒素を注射してからその抗毒素を投与する受動免疫の発見とそれを応用した血清療法に由来する[1]

脚注

  1. ^ a b c 新型コロナに「安価ですぐ始められる」古典的な治療法を評価へ”. 日経バイオテク (2020年4月10日). 2020年9月27日閲覧。
  2. ^ 神頼みからの脱却が進む、新型コロナの血漿療法”. 日経バイオテク (2020年9月25日). 2020年9月27日閲覧。

出典

  • Liu, Sean TH, Hung-Mo Lin, Ian Baine, Ania Wajnberg, Jeffrey P. Gumprecht, Farah Rahman, Denise Rodriguez et al. "Convalescent plasma treatment of severe COVID-19: a propensity score–matched control study." Nature Medicine (2020): 1-6.
  • Joyner, Michael J., et al. "Effect of convalescent plasma on mortality among hospitalized patients with COVID-19: initial three-month experience." MedRxiv (2020).

関連項目

8月

8月(はちがつ)は、グレゴリオ暦の第8のに当たり、31日ある。

日本では、旧暦8月葉月(はづき)と呼び、現在では新暦8月の別名としても用いる。葉月の由来は諸説ある。紅葉して落ちる月「葉落ち月」「葉月」であるという説が有名である。他には、稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」という説や、が初めて来る「初来月(はつきづき)」という説、南方からの台風が多く来る「南風月(はえづき)」という説などがある。また、「月見月(つきみづき)」の別名もある。

英語名 August は、ローマ皇帝アウグストゥスに由来する。アウグストゥスは紀元前1世紀、誤って運用されていたユリウス暦の運用を修正するとともに、8月の名称を「6番目の月」を意味する "Sextilis" から自分の名に変更した。よく見かけられる通説に、彼がそれまで30日であった8月の日数を31日に増やし、その分を2月の日数から減らしたため2月の日数が28日となったというものがある。これは11世紀の学者ヨハネス・ド・サクロボスコが提唱したものであり、8月の名称変更以前からすでに2月は短く、8月は長かった事を示す文献が複数発見されているため、この通説は現在では否定されている(詳細はユリウス暦を参照)。

閏年の場合、8月はその年の2月と同じ曜日で始まる。

異名

あきかぜづき(秋風月)、かりきづき(雁来月)、かんげつ(観月)、けんゆうげつ(建酉月)、こぞめつき(木染月)、そうげつ(壮月)、ちくしゅん(竹春)、ちゅうしゅう(仲秋)、つきみつき(月見月)、つばめさりづき(燕去月)、はづき(葉月)、べにそめづき(紅染月)

8月の年中行事

8月に行われるスポーツ

8月がテーマの楽曲

その他

関連項目

2021年 8月葉月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
[リフレッシュする]



 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close