ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🤖|細田守『時をかける少女 4DX』 が4/2から期間限定上映。「青春を体感」


写真 

細田守『時をかける少女 4DX』 が4/2から期間限定上映。「青春を体感」

 
内容をざっくり書くと
4DXは “体感型” の上映システムで、座席が作品と連動して前後&上下左右へ稼働するほか、風、水(ミスト)、香り、煙りなど、各種演出も体感できるアトラクション効果を搭載する。
 

2021年に公開15周年となる細田守監督作品『時をかける少女』が、『時をかける少女 4DX』として4… →このまま続きを読む

 PHILE WEB

AV/オーディオ/ガジェットのニュース、レビュー、お買い得情報などを毎日お届けしているサイト「PHILE WEB」(ファイルウェブ)です。1999年創刊。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

上映システム

上下左右

上下 左右(じょうげ さゆう)は、日本の小説家ライトノベル作家漫画原作者

概要

カクヨムのユーザーページによると、上下左右は経済系と歴史小説が好きだと述べている[1]

2019年5月24日、小説家になろうに連載している「卑怯者だと勇者パーティを追放されたので働くことを止めました」でダッシュエックス文庫より商業作家デビューを果たしている[2]

2019年11月29日、同じく小説家になろうに連載している「実力隠した最弱商人の成り上がり 〜《パーティを追放されたので、ダンジョンマスターとして経営の知識を悪用し、復讐することを決めました》〜」がUGnovelsより書籍化されている[3]

2020年7月より「卑怯者だと勇者パーティを追放されたので働くことを止めました」がマンガUP!でコミカライズされている[4]

作品一覧

ライトノベル

  • 著: 上下左右、イラスト: がおう、ダッシュエックス文庫集英社〉『卑怯者だと勇者パーティを追放されたので働くことを止めました』
    1. 2019年5月24日、ISBN 978-4-0863-1307-0[2]
  • 著: 上下左右、イラスト: 冬ゆき、UGnovels三交社〉『実力隠した最弱商人の成り上がり〜《パーティを追放されたので、ダンジョンマスターとして経営の知識を悪用し、復讐することを決めました》〜』
    1. 2019年11月28日、ISBN 978-4-8155-6021-8[3]

漫画原作

  • 原作: 上下左右、キャラクターデザイン: がおう、漫画: 梅之シイ、ガンガンコミックスUP!〈スクウェア・エニックス〉『卑怯者だと勇者パーティを追放されたので働くことを止めました』
    1. 2020年11月7日、ISBN 978-4-7575-6934-8[5]

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク


 

Back to Top
Close