ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧑‍🎨|セリカLB2000GT | トヨタ – 日本初のスペシャリティカー


写真 

セリカLB2000GT | トヨタ – 日本初のスペシャリティカー

 
内容をざっくり書くと
リアエンドはクイッとヒップアップしたダックテールになっている。
 

ユーティリティとスタイリッシュさを両立したデザインが秀逸モデル名 :セリカリフトバック2000GTメ… →このまま続きを読む

 ゴールデン横丁

おやじがつくる、おやじのための憩いの場です。
おやじ世代のみなさんが懐かしい気分になったり、リラックスしたりできるようなネタをお届けします。
「スローでゆるい」が持ち味です。スタッフはみんな昭和生まれのおやじたち。
どうぞゆるりとおくつろぎください。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ダックテイル

ダックテイル(英:Ducktail/Duck's tail)とは、側頭部から後頭部にかけてポマードワックスなどの整髪料で両サイドの髪を流し、櫛で後頭部に縦筋を入れたアルファベットのIの字型(後頭部上部から襟足までぴったりと合わせた容姿)にした髪型である。

日本で言うリーゼントとは、特徴的なボリュームのある前髪ではなく、元来この髪型のことを指していたという説がある。(詳細はリーゼントを参照)

概要

ダックテールは、後頭部でIの字型にぴったり合わせた髪型である。後頭部の髪型にまでこだわり美学を持つ、大変お洒落な髪型である。

ダックテールと合わせて使われることの多い髪型には、直線的に前髪を高くしたフラットトップ(角刈り)、前髪に曲線的なボリュームを持たせるポンパドールや、モヒカン刈りに近いタイプのポンパドール(クイッフ)がある(ポンパドールとクイッフの形状は微妙に違う[1])。ダックテールとポンパドールの合わせ技は、1940年代から若者の間で見られるようになり、1950年代にエルビス・プレスリーの影響で世界的に大流行し、1970年代から1980年代にもリバイバルで流行した。

歴史

ダックテールは、後頭部で左右の髪を合わせた容がアヒルの後ろ姿に似ていることから、この名前がついた。初期の発案者としては、フィラデルフィアの理髪師 Joe Cirello が「Duck's Ass」として1939年に考案し、1940年代にハリウッドで賞を受賞した[2]

1940年代から50年代にかけて、ダックテールとポンパドール、フラットトップ、クイッフ、などと合わせた髪型が若者の間で流行した。

整髪方法

ポマードを塗り付け、サイドの髪を後頭部へなでつける。さらに、櫛の歯の先を使って後頭部の中心線でセンター分けになるように、頭頂部からうなじにかけて梳かす。こうして、アヒルの後ろ姿のような形になるまでスタイリングする。さらに、サイドの髪も閉じたアヒルの羽のような形になるようにスタイリングする。

フロントおよびトップは、ポンパドール、クィッフ、フラットトップなどを組み合わせるのが通常である。

ポマードは、この髪型が崩れないようにするために重要である。アメリカでは、Black & White, Sweet Georgia Brown, Royal Crown, and Murraysなどのブランドが人気があった。西海岸では、Dixie PeachまたはBrylcreemなどのポマードとWildroot Cream-Oilなどのトニックが人気があった。

この髪型を一日中キープするには、何度もセットする必要があり、この髪型をするものはジーンズやシャツのポケットに櫛を持ち歩くのが常であった。おもむろに人差し指と中指で櫛を押さえながら、髪をセットするのである。

関連項目

脚注

ヒップアップ

ヒップアップは、島崎俊郎川上泰生小林進の3人からなる日本のお笑いユニット。当時の所属事務所は渡辺プロダクション

概要

元々はそれぞれ、クレージーキャッツの付き人を務めた。その後、島崎と川上は1978年に付き人仲間で結成されたコントグループに在籍。1979年にサンズンズから独立した島崎と川上に小林を加え、トリオを結成。1980年年末に、笑ってる場合ですよ!の君こそスターだ!で優勝したのをきっかけに、一気にブレイクした。翌年の1981年横澤彪が手がけたフジテレビTHE MANZAI』に出演する他、『オレたちひょうきん族』にも特番時代の第1回からレギュラー出演し、「ひょうきんな青春」という単独コーナー枠を持った。漫才ブーム収束後も、「ひょうきんベストテン」のコーナーで“フラワーダンシングチーム”としてコント赤信号と共に一世を風靡した。全盛期には「アイドル並みな人気があった」(島崎談)そうである。

また『ものまね王座決定戦』では、淡谷のり子の物まねで「なんてったってアイドル」の最初の部分を繰り返す演目で爆笑を呼んだ。

当初は常に3人で話し合ってネタ作りをしていたが、後半になって放送作家の()が参加してネタを作った。駆け出し時期の三谷幸喜もネタを提供したことがある。

その後しだいにヒップアップとしての活動は自然消滅状態となり、三者全員別々の事務所に移籍したことから永く事実上の解散状態にあった。

島崎はタレントとして、小林は俳優として東京での活躍を継続。川上は地元九州に戻り、福岡に活躍の場を移し、『めんたいワイド』などに出演(詳細は各メンバー個々の項目を参照)。川上が活躍の場としている福岡の番組では、時折再結成と称し三人でネタを披露することもあった。

小林は2012年5月16日22時45分、スキルス性胃がん肝硬変のため、東京都内の病院で死去した[1]

芸風

立ち位置は左から川上・島崎・小林。

小林がギター伴奏をする中、島崎・川上が青春ドラマ風のコントを繰り広げ、時折小林がナレーション的な突込みもしくは解説を入れるネタのパターンが多かった。ネタのタイトルは主に「○○の青春」、または「○○に駈けた青春」

ネタのエンディングには、島崎と川上が両手に(プラスベル)を持って鳴らし、小林がギターを演奏しながら『♪それでは、お別れしましょ。あなたと、サヨナラしましょ。バイバイバイバイ!!バイバイバイバイ!!御機嫌、うるわしゅう~♪』(二葉あき子の『さよならルンバ』の替え歌)を付けていた時期があり、このネタは川上が作曲。

ちなみに2013年まで活動していた中日ドラゴンズの応援団、全国中日ドラゴンズ私設応援団連合加盟団体がビジター球場において、相手(ホーム)チームの投手が打ち込まれて交代する際にこの曲の一部を改変して演奏を行っていた。

受賞歴

出演

音楽

シングル

  • 街角グラフィティ/おちない小唄(1981年、ポリドール)
  • 可愛いひとよ/尼寺慕情(1983年7月21日)

アルバム

  • THE GREAT SHOW (1982年)
  • サラダ・ボーイズ (1983年8月25日)

関連項目

出典・脚注

  1. ^ 毎日.jp (2012年5月17日). “訃報:小林すすむさん58歳=俳優”. 2012年5月17日閲覧。

 

Back to Top
Close